banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本・JR東海 東京(とうきょう)駅2017年1月8日訪問Googleマップ
JR-East & JR-Tokai Tokyo Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京と日本の中央駅。東海道・山陽・東北・上越・山形・秋田・北陸の各新幹線、東海道・中央・総武・東北の各線、山手線や京浜東北線などの電車が、一日あたり3000本以上行き交い、100万人以上の利用者で終日賑わう。駅弁はNRE、リテール、JRCPの各社で約120種類とも、エキナカの商品を含め400種類以上とも、デパ地下の弁当を含め約1000種類以上とも言われ、こちらも日本最大。1914(大正3)年12月20日開業、東京都千代田区丸の内1丁目。

チキン弁当(850円)2016年6月19日に東京駅の駅弁売店で予約購入
Chicken Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

1964(昭和39)年10月に登場した、現在の東京駅や上野駅で最も歴史が長く伝統のある駅弁。バスケット型とされるオレンジ色のボール紙製容器を使用、白いトレー2個に収まる中身は、1個がグリーンピースや玉子そぼろを振り掛けたケチャップ味のチキンライス、1個が濃厚な味の衣が付いた鶏唐揚、ポテトサラダ、スモークチーズ、レモン汁の袋。懐かしい家庭料理の味がする。

国鉄を知る者にとっては、東京駅弁といえばチキン弁当。JR発足初期の東京駅弁全面変更の激動を乗り越え、日食〜JD〜NREのブランド変更にも耐え、容器やおかずを少しずつ変えながら販売されている人気の高い駅弁。価格は2003年3月時点で780円、2003〜2004年頃に鳥インフルエンザ渦の影響と思われる発売中止期間を経て800円に値上げ。2014年時点で850円。

※2016年9月補訂:写真の更新
※2014年12月補訂:値上げを追記
※2011年11月補訂:写真の更新と解説文の補強
※2004年10月補訂:価格の改定を追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334 http://www.nre.co.jp/

チキン弁当のおにぎり(200円)2017年3月11日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Chicken Bento no Onigiri

掛紙 外観 中身 中身

2016(平成28)年の夏頃の登場か。その名のとおり、チキン弁当がおにぎりになった。ケチャップライスないしチキンライスと、あの鶏唐揚が、三角形に成型されて、同じ形のプラケースに収まる。味はもちろん、チキン弁当のそれ。このイラストの鶏は、鉄道員の制服を着ているのだろうか。調製元が普段のNRE大増でなく、東京駅のエキナカのおにぎり屋になっている。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 穂まれや丸の内 東京都千代田区丸の内1−9−1 JR東京駅グランスタ丸の内 03(6268)0937 http://www.nre.co.jp/

チキン弁当のからあげ(570円)2015年4月17日に新宿駅南口駅弁売店「駅弁屋 頂」で購入
Chicken Bento no Karaage

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014年秋の発売は、東京駅弁のチキン弁当の50周年に合わせたものと思われる。商品名のとおり、チキン弁当に入る鶏唐揚のみ5個を、同じ意匠のボール紙箱に詰める。プラ製の敷物の絵柄と、添付のレモン果汁も、チキン弁当と揃えている。

3個入りは350円。この専用箱ではなく、白い紙箱や透明なプラ容器に掛紙を巻いたり、袋入りで売る光景も見たことがある。NREの駅弁を革新した総料理長が改良を望んだが社内外の?反対で断念した、ざらり、べたりとした旧来の固い鶏唐揚が、こんな商品になってしまい、オールドファンは大喜び。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334 http://www.nre.co.jp/

【終売】チキン弁当のからあげ(570円)2014年9月27日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Chicken Bento no Karaage (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

上記「チキン弁当のからあげ」の、発売当初の姿。当時は専用の紙箱でなく、汎用の白いボール紙箱に掛紙を巻いていた。中身や価格は変わらない。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334 http://www.nre.co.jp/

チキン弁当のからあげ(350円)2014年11月21日に上野駅の駅弁売店「駅弁屋 匠」で購入
Chicken Bento no Karaage

掛紙 外観 外観 中身 中身

上記「チキン弁当のからあげ」の、3個入りバージョン。惣菜の量り売り向けの袋に、チキン弁当と同じ意匠の掛紙を巻いていた。ここには鶏のイラストが3羽もいる。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334 http://www.nre.co.jp/

【掛紙】チキン弁当(850円)2014年11月21日に上野駅の駅弁売店「駅弁屋 匠」で購入
Chicken Bento

掛紙 掛紙

2014(平成26)年11月21日に購入した、東京駅弁のパッケージ。下記の半年前や、上記の2年後と変わらない。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334

【掛紙】チキン弁当(850円)2014年4月27日に八王子駅の駅弁売店で購入
Chicken Bento

掛紙

2014(平成26)年4月27日に購入した、東京駅弁のパッケージ。駅弁の容器や中身や値段に変化はない。ケータイ向け商品紹介ページのURLと思われるQRコードが、ふたに加わった。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334

【掛紙】チキン弁当(850円)2011年2月18日に品川駅コンコース駅弁売店で予約購入
Chicken Bento

掛紙 掛紙

2011(平成23)年2月18日頃の調製と思われる、東京駅弁のパッケージ。8年前との色合いの違いは、スキャナのせいかもしれない。引き続き、パッケージの構造と意匠は変わらない。パッケージと調製シールで、バーコードの番号が異なるのは不思議。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551

【掛紙】チキン弁当(780円)2003年3月1日に東京駅の駅弁売店で購入
Chicken Bento

掛紙

2003(平成15)年2月28日の調製である、東京駅弁のパッケージ。調製元について、後の「NRE大増」の所在地や連絡先で、当時は「日本レストラン調理センター」を名乗っていた。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストラン調理センター 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551

【掛紙】チキン弁当(780円)2001年12月23日にどこかで購入
Chicken Bento

掛紙

2001(平成13)年12月23日の調製である、東京駅弁のパッケージ。チキン弁当のパッケージの、意匠や構造は変わらない。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストラン調理センター 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551

【終売】信玄どりとチキン弁当(950円)2016年11月3日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 踊」で購入
Shingen Dori to Chicken Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

JR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2016」の新作駅弁として、2016(平成28)年9月29日から11月30日まで販売。同キャンペーンでは甲府駅の駅弁として出てきたが、調製元はNRE大増であり、実態は東京エリアの駅弁である。調製シールで文字が隠れたが、中央本線特急「あずさ」の運行開始50周年を記念している。

見た目のとおり、実物の実態も東京駅弁の名作「チキン弁当」の特別版。容器の配色がワイン色になり、あの鳥が兜をつけて馬に乗り、チキンライスに錦糸卵や干しぶどうや野菜ソテーを載せ、色が濃くなった鶏唐揚には味噌味と醤油味があり、いつものものとは違う香りや強めの味付けを持っていた。通常版のチキン弁当も併売。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334 http://www.nre.co.jp/

【終売】スパイシーチキン弁当(800円)2013年8月11日に東京駅「「駅弁屋 祭」開店1周年記念駅弁大会」で購入
Spicy Chicken Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013年8月9日から18日まで、東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で開催された、「「駅弁屋 祭」開店1周年記念駅弁大会」の期間限定商品3種類のうちのひとつ。見た目も値段も通常版のチキン弁当と変わらないが、鶏唐揚をスパイシーにしたといい、パッケージにも「SPICY」と名乗る赤い服のチキンがシールで貼られる。その鶏唐揚は、中辛のレトルトカレーが限界な館長の刺激に弱い舌でも、スパイシーとは感じないカレー味だった。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7554 http://www.nre.co.jp/

【終売】ミニチキン弁当(450円)2010年3月8日に東京駅コンコース駅弁売店で購入
Mini Chicken Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2009年12月16日の登場か。上記の伝統の駅弁「チキン弁当」のハーフサイズ。通常版は2区画ある白いプラ製トレーを1区画だけ使用し、グリーンピースと玉子そぼろが載ったケチャップ味のチキンライスの上に、濃厚な味の衣が付いた鶏唐揚2個とポテトサラダを詰める。味は通常版と全く同じ。

通常版が食べきれなくなったり少しだけ食べたい人に最適のタイプ。NREはJR東日本の子会社のコンビニ「NEWDAYS」へコンビニ弁当を卸しているため、そのままコンビニで売れば駅弁のPRになると思うが、コンビニで時々チキン弁当を売る時にはいつも、コンビニ風のプラ製容器が使われている。現在は売られていない模様

※2016年7月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

【終売】発売45周年チキン弁当(800円)2009年10月24日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Hatsubai 45-syunen Chicken Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009年10月24、25日に東京駅で開催された「第10回東日本縦断駅弁大会」で販売された、商品名どおりチキン弁当の発売45周年を記念する駅弁。いつもの形の容器に「発売45周年」の文字を加え、ニワトリの帽子の頭にも45の文字を追加し、地柄を赤煉瓦に差し替え、同じ絵柄のストラップを添付する。

中身はケチャップライスに降りかかる卵がニワトリ型になった以外は、この時点での通常版と同じで、おかずは鶏唐揚とポテトサラダとスモークチーズとレモン汁。添付の年表「チキン弁当のミニ歴史」は、また内容が詳しくなった。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

【終売】復刻チキン弁当(800円)2006年4月8日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Fukkoku Chicken Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

2006(平成18)年4月8日と9日に東京駅で開催された駅弁の日記念駅弁大会のために、2日間限定で販売された、東京駅弁名物チキン弁当の復刻版。ケチャップ味チキンライスのトレーと、鶏唐揚とポテトチップスのトレーを重ねて、商品名を書いたオレンジ色の専用紙箱に収める。プラ製フォークに加えてチキン弁当と新幹線の簡易年表が付く。

プラ製トレーや調製シールなど当時になかっただろうものも付いているが、あまりうまくない鶏唐揚、特段の感想もないケチャップライス、湿ったポテトチップス、唐揚の油が染みた紙フタで、昭和の頃や国鉄時代の駅弁の雰囲気を見事に再現していると思うし、いい味を出している。こんな駅弁マニア向けな施策を、大企業NREがよくぞ打てたものだと思った。

添付の年表に記されたチキン弁当の登場時期(1964年10月)は、過去の駅弁紹介本に書かれていない情報だと思う。国鉄の分割民営化で日本食堂もその会社別に分社化されたため、チキン弁当もJR東日本系の日本食堂とJR東海系のJダイナー東海に分かれ、後者は「チキンバスケット」の名で販売が続いたが、今はない。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

【終売】復刻チキン弁当(800円)2007年4月8日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Fukkoku Chicken Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

上記「復刻チキン弁当」の2007年版。ふたにJR20周年マークが付き、しおりの内容がアップデートされた以外は、前年と変わらない。復刻商品だから変えてはならないのだが。復刻駅弁への人気や注目もそろそろ低くなってきた気がするので、来年はないかもしれない。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

チキン弁当(960円)2017年10月7日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Chicken Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

10年ぶりに復刻された、復刻チキン弁当。今回は2017(平成29)年10〜11月と、2か月間もの販売。同年同期間のJR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2017」へのエントリーのために発売か。正方形のバスケット型のボール紙製容器に、白いプラ製トレーを二段重ねにして、下段にケチャップ味チキンライスを、上段に鶏唐揚とポテトチップスを詰めるのは、過去の復刻チキン弁当と同じ。パッケージの絵柄は、過去の復刻版と異なる。添付の年表には、平成29年分の記述が追加された。通常版のチキン弁当も併売。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334 http://www.nre.co.jp/

【掛紙】チキン弁当(400円)1974年9月14日調製
Chicken Bento

掛紙

1974(昭和49)年9月14日14時の調製と思われる、昔の東京駅弁の紙蓋。現在に残される当時の「チキン弁当」の紙ぶたのほとんどに、掲載の物と同様に油汚れのシミが付いていると思われる。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本食堂 調理所 所在地の記載なし 連絡先の記載なし
催事駅弁

【終売】トンカツ弁当(850円)2008年10月13日に東京駅「東日本縦断駅弁大会」で購入
Tonkatsu Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008年10月12・13日の両日に東京駅構内で開催された「東日本縦断駅弁大会 〜秋〜」で販売されたお弁当で、7種が用意された復刻駅弁のひとつ。1980年代の東京駅弁を再現したそうな。現役の人気駅弁「チキン弁当」と同じ構造のパッケージを使用、トレーの片方にカレーピラフ、もう片方にトンカツ4個とポテトサラダを詰める。

1980年代当時の大人気駅弁というプレスリリースを付けて売られたが、チキン弁当と異なり当時の駅弁紹介本や鉄道旅行記にもあまり登場せず、これを懐かしむ声を駅弁資料館の7年間で聞いた覚えはない。風味は野暮ったいだけで不味くはなかったのに、会場で山積みの商品を見たり買い求める客は少なかった。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/