banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東京の駅弁東京都 > 品川駅 > 重ね容器の駅弁 (4種類収蔵)

←前は[東海道新幹線車内販売弁当] | 次は[品川駅季節の駅弁]→

JR東日本 品川(しながわ)駅 2010年7月24日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東海道新幹線、東海道本線、山手線、京急線の接続駅。品川駅は横浜駅と共に日本で一番最初に開業した駅である。駅弁は大正時代からの駅弁屋が2010年に撤退、現在は在来線駅構内でJR東日本の子会社が、新幹線駅構内でJR東海の子会社が、それぞれコンコースに駅弁売店を構えて販売する。1872(明治5)年5月7日開業、東京都港区高輪3丁目。

【終売】二つ折弁当(950円) 2004年10月23日に品川駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観 中身

 昔ながらの駅弁らしい深さと大きさの長方形経木枠容器を二段重ねにして、調製元の名と松の画を記した包装紙で包む。中身は下段が日の丸御飯、上段が焼鮭、玉子焼、エビフライ、串肉団子、竹輪天、煮物など。

 つまり下記「二つ折そぼろ弁当」とは、包装紙の色と御飯の内容のみが異なるのだと思う。味は格別というほどのものではないが、三桁台の価格は良い感じで、こんな上品な包装の駅弁はとても珍しい。

 なお、この駅弁は2010年10月頃の調製元の駅弁撤退により失われた。

※2011年1月補訂:終売を追記
※2005年12月補訂:調製元の移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】二つ折そぼろ弁当(950円) 2001年10月21日に品川駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身

 包装紙に包まれ茶筒でも入ってそうな外観。その中には長方形容器が2段重ねにされ、下段は茶飯の上に刻み椎茸と錦糸卵と鳥そぼろが載り、上段には煮物に肉団子に玉子焼と竹輪磯部揚げや海老フライが入る。下段は具が少なく茶飯が目立ち、上段は他の種類と同様に揚げ物が油臭いが、同じく他の種類と同様に茶飯と煮物は上質で、東京都内で2段重ねで950円なのだから、なかなか勉強されていると感じる。

 なお、この駅弁は2010年10月頃の調製元の駅弁撤退により失われた。

※2011年1月補訂:終売を追記
※2005年12月補訂:調製元の移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】さざ波(1,050円) 2005年8月9日に品川駅ビル内スーパーで購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 「二つ折弁当」と全く同じ外観で、容器の構造も同じで、日の丸御飯に煮物揚げ物のおかずもほぼ同等で、価格が100円異なる。名前が駅弁というよりむしろ惣菜弁当か調製弁当っぽいし、購入箇所も品川駅構内とはいえ駅ビル内スーパーなので、駅弁屋さんの惣菜弁当と見るのが正しいかも。駅弁売店で売られていても、駅弁とはちょっとみなしにくいかも。ただ1点だけ、風味はいつもの品川駅弁。この駅弁はもう販売されていないと思う。

※2010年10月補訂:現存疑義を追記

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】三宝物語(1,200円) 2004年3月6日に品川駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
外観 外観 中身

 東海道新幹線品川駅開業に向けて、2003年10月1日に登場。容器はボール紙製の三段引き出しで、とても弁当の容器には見えない。中身は上から「America」「Italy」「Japan」とあり、それぞれチキンや骨付ソーセージやフライドポテト、パスタや生ハムやサラダにオレンジやキウイ、栗と赤飯が入る。味は良いが中身の国籍不明も甚だしく、何を思ってこの構成となったのか聞いてみたい気がする。予約制だがまれに駅弁売店に置かれていることがある。この駅弁はもう販売されていないと思う。

 2003年10月1日に東海道新幹線に品川駅が追加されたことで、東京都区内発や東京山手線内発ではない乗車券で大井町・西大井・川崎方面から東京まで行き始発の東海道新幹線に乗ると品川・東京間の往復運賃を取られるようになり、神奈川県民には大迷惑だとか。この駅弁はもう販売されていないと思う。

※2010年10月補訂:現存疑義を追記
※2005年12月補訂:調製元の移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
←前は[東海道新幹線車内販売弁当] | 次は[品川駅季節の駅弁]→

2001年6月17日開設 2005年12月12日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.