banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東京の駅弁東京都 > 品川駅 > 洋食の駅弁 (3種類収蔵)

←前は[品川駅薩摩の駅弁] | 次は[品川駅550円以下の駅弁]→

JR東日本 品川(しながわ)駅 2010年7月24日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東海道新幹線、東海道本線、山手線、京急線の接続駅。品川駅は横浜駅と共に日本で一番最初に開業した駅である。駅弁は大正時代からの駅弁屋が2010年に撤退、現在は在来線駅構内でJR東日本の子会社が、新幹線駅構内でJR東海の子会社が、それぞれコンコースに駅弁売店を構えて販売する。1872(明治5)年5月7日開業、東京都港区高輪3丁目。

【終売】カキフライ洋食(900円) 2006年12月10日に東京駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 2006年の登場か。どこかの駅弁でも見たような、駅弁らしさの薄い汎用ボール紙箱をそのまま使用。中身はゴマ振り白御飯に小さなカキフライ2個と、鳥唐揚、ミニハンバーグ、エビフライ、オムレツ、カレー風味スパゲティ、人参とアスパラ、ポテトサラダ。商品名のうち7分の5を占めるカキフライが明らかに従である、カロリー高めな洋食弁当。風味も駅弁屋というよりは仕出し弁当な感じ。この駅弁はもう販売されていないと思う。

※2010年10月補訂:現存疑義を追記

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】昔ながらの洋食弁当(900円) 2005年8月9日に品川駅ビル内スーパーで購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 2005年中のリニューアルか。以前のシックな感じは消え、木目調の長方形発泡材容器にモダンな薄い掛紙をかけて、麻ひもでぐいぐいとしばる。中身もやや変化し、日の丸御飯にハンバーグと海老フライとマカロニサラダに焼売4個と生姜焼。良い意味で軽薄に仕上がり、こちらのほうが気軽に買えそう。駅弁を駅弁売店でなくスーパーで買う際の大きなメリットは、写真のような閉店間際や消費期限切れ前の割引販売。この駅弁はもう販売されていないと思う。

※2010年10月補訂:現存疑義を追記

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
【終売】洋食弁当(900円) 2004年10月23日に品川駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観 中身

 2004年10月頃の登場か。真っ黒なボール紙の正方形容器に、駅弁名のみをすらりと縦書きした群青色の掛紙をかけて、輪ゴムでしばる。中身は白ごま御飯にハンバーグ、オムレツ、豚生姜焼、エビフライ、鶏唐揚、マカロニサラダ、ポテトフライ、ケチャップスパゲッティなど、いわゆる昔の和製洋食がコンセプト。この価格なので特別に不味くも美味くもないが、容器と掛紙のルックスがその味をぐんと上げているように感じた。この駅弁はもう販売されていないと思う。

※2010年10月補訂:現存疑義を追記
※2005年5月補訂:調製元の所在地移転を反映

【東海道本線品川(しながわ)駅】1872(明治5)年5月7日開業 東京都港区高輪3丁目
【株式会社常盤軒】東京都大田区南六郷2−33−9 TEL:03(3730)4700
 http://www.tokiwaken.co.jp/
←前は[品川駅薩摩の駅弁] | 次は[品川駅550円以下の駅弁]→

2001年6月17日開設 2010年10月16日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.