banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本・JR東海 東京(とうきょう)駅2017年1月8日訪問Googleマップ
JR-East & JR-Tokai Tokyo Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京と日本の中央駅。東海道・山陽・東北・上越・山形・秋田・北陸の各新幹線、東海道・中央・総武・東北の各線、山手線や京浜東北線などの電車が、一日あたり3000本以上行き交い、100万人以上の利用者で終日賑わう。駅弁はNRE、リテール、JRCPの各社で約120種類とも、エキナカの商品を含め400種類以上とも、デパ地下の弁当を含め約1000種類以上とも言われ、こちらも日本最大。1914(大正3)年12月20日開業、東京都千代田区丸の内1丁目。

三元豚とんかつ弁当(1,080円)2018年6月15日に上野駅の駅弁売店「駅弁屋 匠」で購入
Sangenton Tonkatsu Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2018(平成30)年6月1日に東京、品川、新宿、上野、大宮の各駅で発売。従前の「こだわりのとんかつ弁当」をリニューアル。黒い掛紙を縦に巻いた明るい色の発泡材容器に、日の丸御飯、カナダ産三元豚ロース肉のとんかつ、ベーコン入りポテトサラダ、大根漬、からし付とんかつソース、レモン果汁などを詰める。

リニューアル前に比べて外観も中身も、掛紙が白から黒に変わっただけにしか見えないが、トンカツを食べてみると、衣がクリスピーと呼べるほどカリッとして、そのためかカナダ産三元豚ロース肉がまるでヒレカツのようにふわっとして、他の揚げたてや作り置きの惣菜にない常温のうまみが増した印象。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本ばし大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334 http://www.nre.co.jp/

やわらかヒレかつ弁当(1,059円)2016年5月28日に東京駅の駅弁売店「膳まい」で購入
Yawaraka Fillet Cutlet Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

東京地方のデパ地下でおなじみの「まい泉」のヒレカツ弁当。中身は日の丸御飯にヒレカツ1切れと、煮物、切り干し大根、玉子焼、大根漬。同じものがデパ地下やエキナカの店舗で買えると思うが、これは駅弁売店にも置かれている。ぷりぷりしたカツの味と、まるで食品サンプルのように整った見栄えが特徴。かつては下記のとおり「動輪弁当」や「銀鈴ヒレ弁当」といった、東京駅を連想させる商品名の弁当もあったが、今はない模様。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
井筒まい泉 株式会社 高津工場 神奈川県川崎市高津区久地3−4−14 0120-863971 http://mai-sen.com/

東京駅限定(東京駅丸の内駅舎三階建弁当)(972円)2014年9月8日に東京駅グランスタの調製元売店で購入
Tokyoeki Gentei (Tokyoeki Marunouchi Ekisha Sankaidate Bento)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

東京駅の丸の内駅舎の復原を記念し、2012(平成24)年9月15日から10月24日まで販売、以後も2018年現在で販売が継続されている、東京駅限定販売のお弁当。ボール紙製のパッケージでは当然に、その煉瓦造の駅舎のイラストが使われる。

小さな正方形のプラ製トレーを3つも積み重ねた中身は、上段がまい泉のカツサンド3切れ、中段が白御飯を豚そぼろと玉子そぼろで覆い、ししとうで彩るそぼろ丼、下段が御飯をヒレカツの卵とじで覆うカツ丼。残念ながら味ではトンカツを除いて見るべきものがない印象も、このブランドの柔らかいトンカツの良さはさすが。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
井筒まい泉 株式会社 グランスタ店 東京都千代田区丸の内1−9−1 03(3211)0371 http://mai-sen.com/

梅林のカツ(銀座梅林とんかつ弁当)(1,050円)2010年5月30日に東京駅コンコースの駅弁売店で購入
Bairin no Katsu (Ginza Bairin Tonkatsu Bento)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

1927(昭和2)年創業ので銀座最古のとんかつ専門店だという銀座梅林のブランドを持つトンカツ弁当。経木枠の長方形容器に、東京駅で先に出ていたカツサンドと同じ意匠のボール紙でふたをする。中身は日の丸御飯にトンカツとエビフライと肉団子を並べ、ピーマンフライと葉とうがらしとソースを添えるもの。飾りのないトンカツ弁当。冷めたら味が落ちるタイプのカツや飯ではないかと感じたが、衣の香りと具の品質には実力の片鱗があったと思う。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
有限会社 梅林 東京都中央区銀座7−8−1 連絡先の記載なし http://www.ginzabairin.com/

味噌カツひつまぶし風弁当(1,150円)2005年8月13日に品川駅コンコースの駅弁売店で購入
Misokatsu Hitsumabushi-fu Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身

愛知万博開催記念で登場、しかし開会から約三か月遅れた2005年7月に登場し、9月の終了後も販売が続く駅弁。ふた付きの木目調長方形発泡材容器に、名古屋城をイメージした絵柄の掛紙を巻く。中身は2穴のトレーに入り、片方が白御飯の味噌カツ丼、もう片方がひつまぶし「風」に小さな鰻蒲焼を3切れに加えて、セリや舞茸を載せた茶飯。

地元名古屋の駅弁にはかなわないが、見栄えや内容のコンセプトは良いし、実際に見た目でよく売れている模様。しかし食べた人の感想があまり芳しくないのは、指摘の少量高額感に加えて、名古屋に関係ないJR東日本管内で駅弁として売られること、風味が妙に上品で現地版のどぎつさがないことなどの影響か。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京店 東京都台東区東上野2−18−18 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

【終売】タレかつと豚重(1,100円)2017年5月21日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Tarekatsu to Butaju (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年12月までに発売か。容器の右側にイベリコ豚のタレかつ重、左側に国産もちぶたの豚重を詰め、玉子焼、マカロニサラダ、青菜煮浸し、ニンジンやこんにゃくやタケノコなどの煮物、赤かぶ漬などを添える。駅弁の名前から新潟のものを想像し、そのリニューアルかと思ったら、東京のNREの駅弁だった。2017(平成29)年限りの販売か。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334 http://www.nre.co.jp/

【終売】こだわりのとんかつ弁当(950円)2009年4月10日に東京駅コンコースの駅弁売店で購入
Kodawari no Tonkatsu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2009(平成21)年4月に従来のとんかつ弁当をリニューアル。長方形の発泡材枠容器の半分に日の丸御飯と野沢菜漬、半分にトンカツ1枚分とポテトサラダとリンゴのシロップ漬にソースとレモン汁とマスタードを詰めるもの。掛紙の絵柄も内容もシンプルで、御飯もトンカツもとても柔らかく、脂の乗りもほどほどで、かつての板やゴムは何だったのかと思うくらい、見た目に加えて味も驚くほどに改善されている。

それ以上に驚いたのは、NREの駅弁なのに掛紙に駅弁マークが付いていること。NRE大増が日本鉄道構内営業中央会に加盟したことで、このマークを使えることになったようだが、日本のマスメディアがすべて集まる首都・東京のお膝元で、このマークを付けた弁当が駅構内にあふれるようになることは、駅弁のPRに大きな力となることであろう。JRグループ内で最大企業の100%子会社が、JRの監督下にある駅構内営業者の組織に入り込んで、大きな地位を占めた場合のデメリットがどう出るかは分からないが。2018年5月31日にて販売終了。「三元豚とんかつ弁当」へリニューアル。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

【終売】銀鈴ヒレ弁当(777円)2008年5月5日に東京駅グランスタで購入
Ginsuzu Fillet Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

東京駅の地下1階商店街「グランスタ」で買えた惣菜弁当。デパ地下でおなじみの「まい泉」のヒレカツ弁当で、日の丸御飯にヒレカツ1切れと、煮物や煮豆や付合せ。これを駅弁と思う人はいないと思うが、商品名が今はグランスタ内に設置されている東京駅流浪の待合せ目印「銀の鈴」にちなんでいるのではないかと思われ、そうすると東京駅の構内でしか買えないお弁当となり、駅弁と言えなくもない。夜に買ったらタイムサービスで飲み物が1本付いてきた。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
井筒まい泉 株式会社 グランスタ店 東京都千代田区丸の内1−9−1 03(3211)0371 http://gransta.jp/store/292-02.html

【終売】とんかつ弁当(750円)2003年6月8日に東京駅コンコースの駅弁売店で購入
Tonkatsu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2002(平成14)年2月21日に東京駅で登場した、農協の親玉である全農がプロデュースする駅弁。同年7月20日にリニューアル。長方形の黒い紙箱に黒いトレーを入れる。中身は胡麻をかけた宮城米まなむすめ使用の日の丸御飯、秋田産SPF豚(無菌豚)のトンカツ、煮物4品と煮豆など、すべて国産・無添加・無着色の材料で作ったもの。お品書きで触れられていないが椎茸とタケノコの巨大さは駅弁一かもしれない。

昔から農家寄りだ販売努力より政治力頼りだという批判を消費者から受けていた農協も、2001年の輸入駅弁O−bento騒動において、NREの国産品では有機食材を必要量集められないという主張が、農協の国産で足りるコメ等の輸入はまかりならぬとの主張よりはるかに一般市民に受け入れられた事実を、ようやく販売セクションの上層部が認識したのかどうか、こんな生まれがユニークな駅弁が出てきた。販売開始後1年を超えても知名度は上がらないものの、廉価美味な内容はもっと支持されても良い。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
全国農業協同組合連合会 東京都千代田区大手町1−8−3 03(3241)0845 http://www.zennoh.or.jp/
サンデリカ 千葉事業所 千葉県鎌ヶ谷市くぬぎ山3−12−14 047(384)2211 http://www.sundelica.co.jp/

【終売】動輪弁当(900円)2003年6月8日に東京駅コンコースの駅弁売店で購入
Dourin Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

東京駅構内で駅弁と並んで販売される、とんかつで有名な「まい泉」のお弁当。包装紙をかけたボール紙製弁当容器の中に、鶏そぼろを載せた御飯のトレーと、エビフライ・焼売・鶏唐揚・ソーセージと野菜の煮物などが入ったトレーがひとつずつ入る。味や風味は上々、特にエビフライは常温なのにカリッとした衣や身との一体感が出ており、揚げ物であるトンカツで売る店の実力を感じる。ただ、駅弁名はどこから出てきたのであろうか。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
井筒まい泉 株式会社 東京都渋谷区神宮前4−8−5 03(3470)0071