banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本・JR東海 東京(とうきょう)駅2017年1月8日訪問Googleマップ
JR-East & JR-Tokai Tokyo Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京と日本の中央駅。東海道・山陽・東北・上越・山形・秋田・北陸の各新幹線、東海道・中央・総武・東北の各線、山手線や京浜東北線などの電車が、一日あたり3000本以上行き交い、100万人以上の利用者で終日賑わう。駅弁はNRE、リテール、JRCPの各社で約120種類とも、エキナカの商品を含め400種類以上とも、デパ地下の弁当を含め約1000種類以上とも言われ、こちらも日本最大。1914(大正3)年12月20日開業、東京都千代田区丸の内1丁目。

夏のたっぷり野菜弁当(870円)2017年6月17日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Natsu no Tappuri Yasai Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

NREの野菜弁当の、2017年の夏バージョン。2012年の夏シーズンから、従前の「たっぷり●野菜弁当」(●には春夏秋冬の季節の漢字が入る)から「●のたっぷり野菜弁当」へ改称した模様。2014年からは、ボール紙のふたが掛紙に替わった。その絵柄はまるで、JRCP版の野菜弁当のように賑やか。

「野菜・いも・豆類・きのこ・果実を24種類使用」したという中身は、マンナン入りご飯に枝豆と野沢菜を載せ、彩り揚げ野菜、冬瓜煮、ゴーヤ胡麻金平、キャベツとコーンのサラダ、オクラやカボチャなどの煮物、いちじく蜜煮。たしかに白飯と白く酸っぱいソースを除いて野菜類だらけで、マンナン混じりを感じられない普通の白飯の、おかずに困るような気がした。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7334 http://www.nre.co.jp/

【終売】たっぷり春野菜弁当(850円)2012年3月16日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Tappuri Haruyasai Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

NREの野菜弁当の、2012年春版。いつからかは分からないが、パッケージがコンパクトに一新され、おしながきはふたの裏に記載されるようになった。正方形に近い経木枠容器に直接、商品名とそのイメージをデザインしたボール紙のふたをする。

野菜や豆を21種類使ったという今回の中身は、十六穀入り御飯、ナスやニンジンなどの煮物、大豆タンパクのカツ、菜の花のおひたし、タケノコやシイタケやサトイモなどの煮物、コーンやゴボウなどのマヨネーズ和えなど。見栄えが幕の内駅弁のような一食分の弁当に近付き、つまり野菜の存在感は薄れ、しかし肉や魚を使わない点は貫かれている。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

【終売】たっぷり秋野菜弁当(850円)2009年9月20日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Tappuri Akiyasai Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

NREの野菜弁当の、2009年秋版。駅弁名に季節の名前が復活している。今回の6区画の中身は、舞茸御飯、16穀入り御飯、煮物類、なすとシシトウの焼き物に切り干し大根とサンマ蒲焼、ニンジンやレンコンなどの煮物、おからと里芋、焼栗のデザートとキノコマリネ。野菜というよりイモとキノコのお弁当で、確かにパッケージでもサツマイモとキノコの使用を強調している。そのいずれも野菜じゃないよね、とチクる気がしない、雰囲気の良いお弁当。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

【終売】たっぷり野菜弁当(850円)2009年3月1日に東京駅コンコース駅弁売店で購入
Tappuri Yasai Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

NREの野菜弁当の、2009年春版。駅弁名から季節の名前が消えたが、春夏秋冬でパッケージの色と中身を変えていることに変わりはない。今回の中身は山菜御飯に梅御飯、牛肉野菜炒め、レンコンやタケノコなどの煮物、ソラマメとエビのかき揚げ、コーンサラダ、よもぎ大福など。おしながきに加えてパッケージでも、一日の野菜摂取推奨量350グラムの半分にあたる180グラムが、この駅弁に入っていることを強調するようになった。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

【終売】たっぷり冬野菜弁当(850円)2006年12月10日に東京駅コンコース駅弁売店で購入
Tappuri Fuyuyasai Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

下記の駅弁「たっぷり冬野菜弁当」の、2006年版。駅弁名と価格と容器を変えずに、パッケージのデザインを派手に変え、中身もだいぶ入れ替えた。今回は白御飯ときんぴら御飯、カブ煮とくわいサラダ、蒸し鶏に様々な野菜煮物、レンコン揚げとゆず大福。旅情は微塵(みじん)もないが、食事として満足できるし、それが旅の食事でもよい。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

【終売】たっぷり冬野菜弁当(850円)2005年11月23日に大宮駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Tappuri Fuyuyasai Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年11月18日に発売の、NREの季節野菜駅弁の2005年冬版。どう見ても秋色の風呂敷包みと春夏秋冬の文字をCGで描いたボール紙の箱に、黒いトレーを入れて食品表示ラベルで留める。中身は菜めし御飯と舞茸御飯にブリ照焼や豚肉炒めやホウレンソウ揚げに煮物やサラダなど。

依然として旅の気分は薄いが、季節が一回り半して発売が続くので好評なのだろう。また、トレーの形状が変わったので、機能的なお弁当というより駅弁やデパ地下弁当のような雰囲気も帯びてきた。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/

【終売】たっぷり夏野菜弁当(850円)2005年5月22日に新宿駅コンコース駅弁売店で購入
Tappuri Natsuyasai Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年5月21日に発売の、NREの季節野菜駅弁の2005年春版。夏色の風呂敷包みと春夏秋冬の文字をCGで描いたボール紙の箱に、白いトレーを入れて食品表示ラベルで留める。中身は青じそ御飯にタコのマリネや、いわし唐揚げや鶏の野菜巻やイカ焼売などと、デザートの水饅頭。今回は野菜の存在感がとても小さく、肉や魚がたっぷり入る普通のお弁当。180グラムの野菜は、どこに入っているのだろうか。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 東京都港区高輪2−19−13 03(5798)8075 http://www.nre.co.jp/

【終売】たっぷり春野菜弁当(850円)2005年5月15日に東京駅コンコース駅弁売店で購入
Tappuri Haruyasai Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年2月21日から5月20日まで販売された、NREの季節野菜駅弁の2005年春版。春色の風呂敷包みと春夏秋冬の文字をCGで描いたボール紙の箱に、白いトレーを入れて食品表示ラベルで留める。中身はわかめ桜海老御飯にサワラ西京焼、海老団子にレンコンなどの煮物、豚肉メンマ炒めやタケノコサラダなどに、デザートの桜大福。個人的に大好きなコンセプトと薄めの風味で、オフィスでの昼御飯にしたい駅弁。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 東京都港区高輪2−19−13 03(5798)8075 http://www.nre.co.jp/

【終売】たっぷり秋野菜弁当(850円)2004年10月24日に新宿駅コンコース駅弁売店で購入
Tappuri Akiyasai Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年9月頃に登場した、同年夏頃に初登場の「たっぷり夏野菜弁当」の後継商品で、年末には「たっぷり冬野菜弁当」にバトンタッチ。秋色の風呂敷包みと春夏秋冬の文字をCGで描いたボール紙の箱に、黒いトレーを入れて食品表示ラベルで留める。中身は舞茸御飯に豚味噌焼、薩摩芋やナスや里芋やごぼうなどたっぷりの野菜煮物、秋刀魚のなますやキノコと青菜の煮浸し、デザートに栗焼。

全部食べれば野菜の一日必要摂取量350グラムの半分超である180グラムが摂れるという、健康志向だけの駅弁。だからといって旅の友には味気ないかといえばそうでもなく、薄味も過度ではなく肉も魚も入っているし具だくさんなので、職場でも列車内でも昼食一食分として、けっこういける。季節で回る定番化を望みたい。

販売駅
東海道本線 東京(とうきょう)駅 1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 東京都港区高輪2−19−13 03(5798)8075 http://www.nre.co.jp/