banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東京の駅弁東京都 > 東京駅 > 夕刊フジ特選おつまみ弁当 (6種類収蔵)

←前は[東京駅アジアの駅弁] | 次は[東京駅うなぎの駅弁]→

夕刊フジおつまみ弁当(1,100円) 2013年12月27日に品川駅在来線駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観 外観
中身 中身 中身

 2013年12月21日のリニューアル。6年ぶりの購入であり、その間に販売されていたかどうか記憶にない。容器も掛紙も小さくなり、中身から夕刊紙やおじさんやおつまみといった感じがなくなり、当初のコンセプトはどこへやら、ただの駅弁になったと思う。中身は掛紙に書かれるとおり、二段目の下段がいなり寿司、太巻き、細巻き、大根漬、箸とおしぼり、一段目の上段が海老フリッター、ぼんじり、合鴨スモーク、笹かまぼこ、鶏つくね串、シイタケ肉詰め、玉子焼、ひじき煮、根菜などの煮物、わらび餅。

【東海道本線東京(とうきょう)駅】1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
【株式会社NRE大増】東京都荒川区西尾久7−48−1 TEL:03(3810)7551
 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/
【終売】夕刊フジ特選おつまみ弁当 食事バランスガイド版(1,000円) 2008年1月7日に東京駅駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入

掛紙 外観 外観
外観 中身 中身

 2007年11月のリニューアル。厚生労働省と農林水産省が2005年6月に策定し、2007年10月からタレントとイラストを使った本格的なキャンペーンを実施している「食事バランスガイド」に基づいた改訂をうたうが、もともと少量多種が特徴の駅弁であったため、中身は従前版とほとんど変わらない。よく見ると焼売に代えてニンジンと鶏つくね、里芋とイカリングに代えて長芋和えとスモークチーズが入っている。

【東海道本線東京(とうきょう)駅】1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
【株式会社NRE大増】東京都荒川区西尾久7−48−1 TEL:03(3810)7551
 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/
【終売】夕刊フジ特選おつまみ弁当 お花見限定!!(1,000円) 2007年3月21日に新宿駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 上記駅弁の2007年春バージョンか。価格や容器とおかずの内容は変わらないが、下段の御飯6個が太巻2個、小鯛笹寿司1個、桜花茶飯2個の「お花見限定版」に差し替えられ、掛紙にもちょっと手を加えている。この駅弁もすっかり定番化したようだ。

【東海道本線東京(とうきょう)駅】1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
【株式会社NRE大増】東京都荒川区西尾久7−48−1 TEL:03(3810)7551
 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/
【終売】夕刊フジ特選おつまみ弁当(1,000円) 2006年10月22日に新宿駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 読者投票で3度の内容変更を経た、上記駅弁の確定版。容器の構造や掛紙のデザインは変わらないが、掛紙の記事は入れ替わり、裏面は真っ白になった。中身は下段が第1弾と同一、上段ではゴーヤチップスとポテトサラダと鶏肉磯部揚とマーブルチーズが消え、板わさときんぴらごぼうと肉焼売と豚角煮が加わった。

【東海道本線東京(とうきょう)駅】1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
【株式会社NRE大増】東京都荒川区西尾久7−48−1 TEL:03(3810)7551
 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/
【終売】夕刊フジ特選おつまみ弁当(1,000円) 2006年6月18日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 上記駅弁の2006年6月18日限定版。日本時間で同日夜のサッカーW杯予選リーグの日本対クロアチア戦にちなみ、下段の俵飯6個を黒米、青じそ、ちりめんじゃこ、あさりの4種に替え、これでクロ・ア・チ・アを表している。掛紙も当日限定版に差し替え。価格とその他の中身は共通。12日のオーストラリア戦と22日のブラジル戦の際にもそれぞれのバージョンが出た模様。

【東海道本線東京(とうきょう)駅】1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
【株式会社NRE大増】東京都荒川区西尾久7−48−1 TEL:03(3810)7551
 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/
【終売】夕刊フジ特選おつまみ弁当(1,000円) 2006年5月27日に新宿駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 掛紙 外観 外観
外観 中身 中身

 2006年5月23日登場。産経新聞社の夕刊紙「夕刊フジ」とNREとの共同開発駅弁。正方形の二段重ね容器に透明なフタをして、夕刊フジの紙面風な掛紙をかけてテープで留める。中身は下段に白御飯と赤飯の俵飯に山くらげ、赤かぶ漬、野沢菜漬が、9区画に分かれた上段にアジ西京焼、ゴーヤチップス、半熟煮玉子、マーブルチーズ、鶏磯部揚、砂肝と枝豆などが入る。

 駅弁名のとおり、おつまみとしてビールと一緒に楽しめるおかずを厳選し、同時にカロリーも抑えたという。確かにおかずはその相互や御飯にまるで合ってなく、お弁当として食べるとつらいかもしれないが、酒との相性は東京駅弁で一番だと思うし、新聞の読者層であるサラリーマンの中高年男性にも合っていそう。アンケートはがきが付いており、読者意見も反映して7月と8月にリニューアルを図るそうな。

【東海道本線東京(とうきょう)駅】1914(大正3)年12月20日開業 東京都千代田区丸の内1丁目
【株式会社NRE大増】東京都荒川区西尾久7−48−1 TEL:03(3810)7551
 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/
←前は[東京駅アジアの駅弁] | 次は[東京駅うなぎの駅弁]→

2001年6月17日開設 2015年2月14日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.