banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


北陸の駅弁石川県 > 加賀温泉駅 > 甘えびの駅弁 (4種類収蔵)

←前は[加賀温泉駅器の駅弁] | 次は[加賀温泉駅カニの駅弁]→

JR西日本 北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 2014年5月18日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 大阪から特急で約2時間半の、加賀温泉郷の総合玄関口。山代、片山津、山中の著名温泉地への玄関口としてその地位を争った、動橋駅と大聖寺駅の役割を一本化するため、その両駅に挟まれた作見駅を1970(昭和45)年に改称し」整備した。駅弁は国鉄時代に今庄駅から移転してきた駅弁屋「高野商店」が、多種多様な商品を改札外売店で販売する。1944(昭和19)年10月1日開業、石川県加賀市作見町。

【終売】本当にうまい日本海の甘えびを使ったお鮨(750円) 2006年1月14日に京王百貨店駅弁大会で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 2005〜2006年駅弁大会シーズンに向けて投入か。表に商品名を書き、底で甘えびを語る小さな紙箱の中に、酢飯に錦糸卵と海苔と甘えびが張り付いた棒寿司が、セロハンと密封パックに包まれて入る。酢飯たっぷり具少々が北陸らしく、寿司ネタ級の甘えびがまさに長い駅弁名どおり。駅弁屋の公式サイトで作り方が公開されている。2007年までの販売か。(http://homepage3.nifty.com/obentou-takano/new/amaebi.htm

※2015年9月補訂:終売を追記

【北陸本線加賀温泉(かがおんせん)駅】1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
【株式会社高野商店】石川県加賀市小菅波町平50番地 TEL:0761(72)3311
 http://www.obentou-takano.com/
甘えびめし(900円) 2001年11月12日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入

掛紙 外観 中身

 正方形のプラスティック製容器をボール紙の箱に収め、その中身はもちもちっとした小エビとしめじの炊き込み御飯の真ん中に塩焼きした甘エビが整然と並べられ、上下に椎茸を配置する。この殻付きエビはそのままバリバリと食べられるとのことだが、やや抵抗感を感じる人は少なくないだろう。また、パッケージの窓開き部に容器の一部が見える形で「山中漆器」とあるが、山中漆器イコールプラスティック製なのだろうか。2005年頃までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記

【北陸本線加賀温泉(かがおんせん)駅】1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
【株式会社高野商店】石川県加賀市小菅波町平50番地 TEL:0761(72)3311
 http://www.obentou-takano.com/
【終売】押寿し日本海(1,000円) 2004年7月26日に金沢駅コンコース駅弁売店で購入
 
2004年度JR西日本「駅弁の達人」
掛紙 外観
外観 外観 中身

 ボール紙の箱の中に、ます・えび(甘海老)・たい(小鯛)の竹皮に包まれた北陸系押寿司が一本ずつ入るもの。強烈な個性こそないがいかにも北陸本線らしい駅弁で、駅弁大会でもよく見掛ける商品。税抜きと税込みの価格が大きく、中身が写真で分かり、裏蓋は読み物になっている、印刷内容に他の駅弁であまり見られない個性がある。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。この名称では2005年頃までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
※2004年9月補訂:写真の掲載と解説文の一部追記

【北陸本線加賀温泉(かがおんせん)駅】1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
【株式会社高野商店】石川県加賀市小菅波町平50番地 TEL:0761(72)3311
 http://www.obentou-takano.com/
甘えび寿し(1,250円) 2004年7月26日に金沢駅コンコース駅弁売店で購入
 
2004年度JR西日本「駅弁の達人」
掛紙 外観
外観 外観 中身

 竹皮を模したボール紙の紙箱を、中身を美しく写真にしたボール紙の小箱にはめる。中身はほぼ完全なる直方体に型押しされた酢飯の中に、上面の平面を崩さない感じで埋もれている甘海老開きが載るもの。ぷりっぷりの甘海老が冷涼感のある酢飯の中でほのかな香りを出す。駅弁ファンなら甘海老駅弁というだけで加賀温泉駅を連想するというもの。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。購入当時は1,050円、後に1,100円、2008年5月から1,250円。

※2008年8月補訂:値上げを追記
※2004年9月補訂:写真の掲載と解説文の一部追記

【北陸本線加賀温泉(かがおんせん)駅】1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
【株式会社高野商店】石川県加賀市小菅波町平50番地 TEL:0761(72)3311
 http://www.obentou-takano.com/
←前は[加賀温泉駅器の駅弁] | 次は[加賀温泉駅カニの駅弁]→

2001年6月17日開設 2006年4月7日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.