banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 静岡(しずおか)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Shizuoka Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線ひかり号で1時間。静岡市は静岡県の中部に位置する人口約70万人の県庁所在地で、駿河湾から南アルプスまで静岡県を南北に縦貫する広大な市域を持つ。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、新幹線ホーム上や改札外コンコースで古風な品揃えを持つ。1889(明治22)年2月1日開業、静岡県静岡市葵区黒金町。

元祖鯛めし(650円)2012年9月8日に静岡駅コンコース駅弁売店で購入
Ganso Taimeshi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

1897(明治30)年に登場した、全国最古の鯛飯駅弁。経木の枠の小柄な長方形容器に、桜飯と鯛そぼろの混ぜ御飯の上にさらに鯛そぼろを載せたものを詰める。その両者は一体化し、おはしで上から押すとスポンジのように沈み込み、離すと元に戻る弾力性を持つ。口の中でもその特性が食感に生かされて、味を引き立てる。価格は購入当時で570円、2015年時点で650円。

1892(明治25)年の静岡大火で負傷した駅弁屋初代店主を鉄道幹部が孫連れで見舞った際、その孫が菓子に見向きもしなかったのに、煮てボロボロになってしまった鯛を味付けして御飯に載せて出すとよく食べたことから、子供も年寄りも食べやすい駅弁を作りたかった病床の店主が調理人に工夫させて製品化した、というエピソードが伝わる。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2014年2月補訂:写真の更新
販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
株式会社 東海軒 静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 054(287)5171 http://www.tokaiken.jp/

特製鯛めし(850円)2008年7月26日に静岡駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Tokusei Taimeshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

上記「元祖鯛めし」の豪華版。鯛めし自体は全く同じも、皮付き鯛の切り身焼きが載り、煮物のおかずも入るので、その分だけ容器も大きい。鯛飯だけの「元祖」よりはこちらが、昼食には選択されるかも。価格は購入当時で760円、2015年時点で850円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
※2008年7月補訂:写真を追加
販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
株式会社 東海軒 静岡県静岡市駿河区登呂6丁目5番35号 054(287)5171 http://www.tokaiken.jp/

【掛紙】元祖鯛めし(510円)2002年3月16日に静岡駅コンコース駅弁売店で購入
Ganso Taimeshi

掛紙

2002年3月16日購入の静岡駅弁の掛紙。この当時はボール紙のふたではなく掛紙が使われ、中身も鯛飯は同じだが付合せが黄金漬と紅生姜であった。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
株式会社 東海軒 静岡県静岡市紺屋町9の12 054(253)5171

【掛紙】釜のたいめし(500円)1981年1月2日調製
Kama no Taimeshi

掛紙

1981(昭和56)年1月2日17時の調製と思われる、昔の静岡駅弁の掛紙。内容は釜めし容器に入った鯛飯だったのだろうか。20世紀末まで売られていたようだが、現存しない模様。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
合名会社 東海軒 静岡県静岡市紺屋町9の12 0542(53)5171

【掛紙】鯛飯(40銭?)1922年頃調製
Taimeshi

掛紙

1922(大正11)年頃の調製と思われる、昔の静岡駅弁の掛紙。同年に上野公園で開催された平和記念東京博覧会で英国の皇太子殿下が来日されたことを記念して、全国各地の駅弁屋が同じデザインの記念掛紙を使用したもの。周囲に日本と英国の国旗を配し、右に駅弁名、左下に調製元、下部に日英の歓迎文、上部の2枠は広告枠。

販売駅
東海道本線 静岡(しずおか)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県静岡市葵区黒金町
調製元
東海軒 所在地の記載なし 連絡先の記載なし