banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 相生(あいおい)駅2004年8月12日訪問Googleマップ
JR-West Aioi Station

駅名標 駅舎 駅構内

新大阪から新幹線で約1時間、または新快速で約1時間半の、山陽新幹線と山陽本線の接続駅で赤穂線を分ける駅。相生市は兵庫県南西部に位置する人口約3万の造船業の街だが、産業構造の変化で経済停滞や人口流出に悩む。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が2007年11月に倒産し、現在は売られていない模様。1890(明治23)年7月10日開業、兵庫県相生市本郷町。

【終売】おむすびランチ(800円)2005年10月16日に「駅弁図鑑」宅配サービスで購入
Omusubi Lunch (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

新幹線100系電車を描いたボール紙の箱を使用、白いトレーに詰めた中身は、俵型のおむすびが三個、ポテトフライにハンバーグに白身魚フライに肉団子にウインナー、スパゲティにパインとさくらんぼ。おにぎりでなくおむすび、三角でなく俵型で、密かに関西を演出するおむすびの塩加減が絶妙で、プレーンでも食が進む。

1985(昭和60)年10月に新幹線史上初のフルモデルチェンジ車として華々しくデビューした100系電車も、1992年3月の「のぞみ号」登場で早くも花形から転落、今は4〜6両編成で山陽新幹線内を各駅停車で往復する日々。

なお、この駅弁は2007年11月の調製元の破産により終売となった模様。

※2007年12月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 相生(あいおい)駅 1890(明治23)年7月10日開業 兵庫県相生市本郷町
赤穂線 播州赤穂(ばんしゅうあこう)駅 1951(昭和26)年12月12日開業 兵庫県赤穂市加里屋
調製元
有限会社 えのき 兵庫県相生市本郷町1−7 0791(23)2736

【終売】ヤングかつ弁当(950円)2005年10月16日に「駅弁図鑑」宅配サービスで購入
Young Cutlet Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

山陽新幹線開業30周年を記念して、その開業当時の駅弁を復刻し、2005(平成17)年1月23日から9月30日まで販売された、沿線全11駅弁の相生駅版。これは1975年から1981年頃まで販売されていた駅弁だそうな。

発泡材の正八角形容器に透明なフタをして、そのすべてに三十年前を感じるデザインの紙箱に収める。中身は御飯の上をキャベツで覆い、ヤングに一口サイズのトンカツを五個配置し、中心に缶詰みかんとさくらんぼを添える。現代風の柔らかさがないカツや蛍光色のキャベツも当時を再現したのだろう。風味ではなく雰囲気で味わう、懐かし駅弁。

今回の復刻駅弁について、他駅では主に当時主力の幕の内を再現していたが、その中でもこの駅弁の存在は強烈だった。そのおかげか、キャンペーン終了後の販売継続が決定している。

なお、この駅弁は2007年11月の調製元の破産により終売となった模様。

※2007年12月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 相生(あいおい)駅 1890(明治23)年7月10日開業 兵庫県相生市本郷町
赤穂線 播州赤穂(ばんしゅうあこう)駅 1951(昭和26)年12月12日開業 兵庫県赤穂市加里屋
調製元
有限会社 えのき 兵庫県相生市本郷町1−7 0791(23)2736

【終売】とりそぼろめし(960円)2005年10月16日に「駅弁図鑑」宅配サービスで購入
Tori Soboro Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

経木枠の正方形容器に木目調の紙ぶたをかけて、駅弁名を枠型に描いた掛紙で包み、紙ひもでしばる。中身は御飯の上を鶏そぼろに焼き鶏と錦糸卵のストライプで覆い、鶏肉団子やひじきなどを添える。他駅の同価格帯な鶏飯駅弁はもっと盛り沢山のような気がするが、甘辛な鶏そぼろと、焼いた風味が香ばしくよく締まった鶏照焼が、白御飯によく合っている。

なお、この駅弁は2007年11月の調製元の破産により終売となった模様。

※2007年12月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 相生(あいおい)駅 1890(明治23)年7月10日開業 兵庫県相生市本郷町
赤穂線 播州赤穂(ばんしゅうあこう)駅 1951(昭和26)年12月12日開業 兵庫県赤穂市加里屋
調製元
有限会社 えのき 兵庫県相生市本郷町1−7 0791(23)2736