banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 岡山(おかやま)駅2014年10月26日訪問Googleマップ
JR-West Okayama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約3時間半。岡山市は岡山県の中央に位置する人口約70万人の城下町で、市街に複数の百貨店を抱える商業、臨海部や内陸部に工業団地を抱える工業、桃や米などが特産の農業で栄える。新幹線に8方向からの在来線が集まる鉄道の要衝でもある。駅弁は明治時代の鉄道開業当時からの駅弁屋の駅弁から、地元の弁当屋が駅構内の店舗に卸す弁当まで、様々な駅弁類を朝から晩まで選べる。1891(明治24)年3月18日開業、岡山県岡山市北区駅元町1丁目。

2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】お祭りハローキティ(900円)2004年8月15日に岡山駅新幹線高架内駅弁売店で購入
Omatsuri Hello Kitty (end of sales)

外観 中身 中身

JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い、2004年5月1日に下記「はろうきてぃのまつりずし」をリニューアル。容器のキティちゃん型プラスティック立体容器は全く同じだが、その中身は御飯の上に錦糸卵を敷いてスライスウインナーや帆立やむき枝豆などを散らすものに一変、つまり「まつりずし」ではなくなった。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。現在は売られていないが、2011年9月からこれと同じ容器を使う「ハローキティのえびめし」が販売されている。

※2013年5月補訂:終売を追記
※2004年10月補訂:写真の掲載、調製元の所在地と電話番号の変更
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/

【終売】はろうきてぃのまつりずし(900円)2003年1月11日に京王百貨店駅弁大会で購入
Hello Kitty no Matsurizushi (end of sales)

外観 外観 中身

2002年3月の登場。下の「ハローキティのまつりずし」の容器だけを立体成型容器にリニューアルしたものだが、駅弁名もカタカナから平仮名に変更されている。味や中身や価格に大きな変更はなく、キティちゃんのプラスティックのフォークも健在。

岡山の駅弁屋に研修というか武者修行に来ていた高崎と小田原の駅弁屋が、キャラクター駅弁のアイデアを地元に持ち帰ってキティちゃん駅弁を発売、その立体成型容器がうまくできていたことから、これを岡山の駅弁屋が逆導入したのだとか。2004年5月1日の「お祭りハローキティ」登場により失われた模様。

※2007年1月補訂:エピソードの追記
※2004年10月補訂:調製元の所在地と電話番号の変更
※2004年5月補訂:後継駅弁登場情報を追記
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/

【終売】ハローキティのまつりずし(900円)2002年2月3日に上野松坂屋駅弁大会で購入
Hello Kitty no Matsurizushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

1997(平成9)年7月に登場した、キャラクター駅弁の先駆け。駅弁屋の社長がかつてサラリーマンであった頃、百貨店でサンリオを担当していたことが縁で開発されたらしい。

サンリオのキャラクター「ハローキティ」のキティちゃんを絵柄に使った、ボール紙製のパッケージに楕円形のプラスティック製容器が入る。中身はおおむね岡山駅弁の祭ずしだが、酸っぱいママカリを1切れに抑え、椎茸を抜いて、代わりに鳥そぼろや鮭フレークや刻み穴子を入れるなど、子供向けの内容になっている。

パッケージと容器はキティちゃんでいっぱい、付属のフォークもキティちゃんで、蒲鉾にも顔が入る。2002年3月に「はろうきてぃのまつりずし」へリニューアル。

※2007年1月補訂:エピソードを追記
※2004年10月補訂:調製元の所在地と電話番号の変更
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/

【終売】はろうきてぃ釜めし(1,050円)2005年1月29日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Hello Kitty Kama Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

岡山駅キティちゃん駅弁の第二弾として、1999年11月1日に登場。ピンク色の陶製釜飯容器にキティ顔の陶製蓋を載せ、桃赤水黄緑と五色のバージョンがあるというキティ顔のプラ製フォークを付けて、キティ柄なピンク色のビニール製きんちゃく袋に入れる。

中身は備前米の茶飯の上に鶏そぼろと玉子そぼろ、チキンナゲットに栗にきんぴらごぼうに椎茸に玉子焼とうずらの卵、そしてキティ顔の蒲鉾を付ける、内容も風味も意外に本格的な釜飯駅弁。一日千個の限定発売と案内されるが、逆に一日でそんなにたくさん出るのかと思う。現在は売られていない模様。

※2013年5月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 岡山(おかやま)駅 1891(明治24)年3月18日開業 岡山県岡山市北区駅元町1丁目
調製元
株式会社 三好野本店 岡山県岡山市中区桑野131−6 086(200)1717 http://www.miyoshino.com/