banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 三次(みよし)駅2014年11月2日訪問Googleマップ
JR-West Miyoshi Station

駅名標 駅舎 駅構内

広島駅から芸備線で約2時間。三次市は広島県の北部で中国山地に位置する人口約5万人の城下町や宿場町で、盆地に四方から高速道路と鉄道が集まり、鵜飼いや自動車産業で知られる。駅弁は国鉄時代から2000年過ぎまで幕の内などが売られていたが、人知れず消えた。1930(昭和5)年1月1日開業、広島県三次市十日市南一丁目。

【掛紙】御辨當(150円)調製年月日不詳
Obento

掛紙

1960年代の調製と思われる、昔の三次(みよし)駅弁の掛紙。現在も三次の観光資源の一つである、馬洗川の鵜飼いが描かれる。三次の駅弁はJR発足以後も存在していたようだが、紹介例に乏しいまま末期は惣菜弁当のようになり、現在は販売されていない模様。

販売駅
芸備線 三次(みよし)駅 1930(昭和5)年1月1日開業 広島県三次市十日市南一丁目
調製元
環翠樓支店 所在地の記載なし 2043番

香茸弁当(800円)

2002年3月21日に登場した要予約駅弁で、香茸と山菜を使ったお弁当。廃線問題に揺れるJR可部線の活性化策の一環として、三段峡駅前の旅館兼食堂が駅弁として販売を開始したもの。購入には2〜5日前までの予約が必要。

なお、可部線可部・三段峡間は2003年11月までの廃止が確実になった。だからかどうか、2002年中にこの駅弁は販売されなくなったそうだ。

販売駅
可部線 三段峡(さんだんきょう)駅 1969(昭和44)年7月27日開業 2003(平成15)年11月30日限り廃止 広島県山県郡戸河内町大字竜川
調製元
セントラル三段峡 広島県山県郡戸河内町1729 08262(8)2719

JR西日本 呉(くれ)駅2010年7月31日訪問Googleマップ
JR-West Kure Station

駅名標 駅舎 駅構内

広島駅から電車で約40分。呉市は広島県の南西部で瀬戸内海に面した人口約24万人の港町で、第二次大戦までは海軍が、戦後は海上自衛隊が拠点を構える軍港であり、造船や鉄鋼など軍需産業で発展した臨海工業都市である。駅弁は国鉄時代から21世紀まで存在したが自然消滅。1903(明治36)年12月27日開業、広島県呉市宝町。

瑳峨の小倉庵(231円)2010年7月31日に呉中央桟橋ターミナル売店で購入
Saga no Ogura An

掛紙 外観 中身 中身

これは駅弁ではなく、そもそも駅で買った商品でもないが、地元で親しまれているパンということで、ここに収蔵。大きさは並で重さは特上のあんパンがひとつ、不透明の白い袋に収まる。通常のあんパンは内部に空洞があるが、このあんパンは生地とつぶあんとの間に一切の隙間がない。表面が蜜でべたつくほど甘く、生地はふっくらしっとりし、その分だけ値段は張るが、忘れられない味。1936(昭和11)年創業という製造者の会社名のユニークさがネット上で話題になっている。

販売駅
呉線 呉(くれ)駅 1903(明治36)年12月27日開業 広島県呉市宝町
調製元
有限会社 メロンパン 広島県呉市本通7丁目14−1 0823(21)1373