banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

ロコモコ(320円)2013年4月30日に長崎港の売店で購入
Locomoco

掛紙 外観 中身 中身 中身

五島列島などへの船便が発着する長崎港の、ターミナルビルの売店で売られていたお弁当。電子レンジ対応の白い容器に、白御飯、ハンバーグ、鶏唐揚、目玉焼き、千切りキャベツ、福神漬を詰めたお惣菜。ハワイの丼ものの名前が付いているが、内容からして関係なさそう。JR長崎駅の駅弁屋の調製であったため、買って船内で食べてみたが、長崎や駅弁の味はしなかった。この売店に、駅弁や空弁や港弁らしきものはなかった。

販売駅
長崎港ターミナルビル 1995(平成7)年10月完成 長崎県長崎市元船町
調製元
膳菜屋本店 長崎県長崎市丸尾町7−1 095(818)1800

JR九州 早岐(はいき)駅2005年10月27日訪問Googleマップ
JR-Kyushu Haiki Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多から特急「みどり号」で約百分、佐世保線が大村線を分ける乗換駅。早岐は佐世保市南半分の中心市街地で、戦前からの鉄道の町。2000年以降も、かつての駅弁屋である西海軒が今も駅構内営業の権利を持ち、その本社で買える要予約弁当が駅弁と紹介されることがあったが、今はない模様。1897(明治30)年7月10日開業、長崎県佐世保市早岐1丁目。

ランチパック 桜餅風味つぶあん(136円)2011年3月21日に早岐駅コンビニで購入
Lunch Pack Sakuramochi Fumi Tsubuan

外観 中身

山崎製パンが日本全国で売る惣菜パン「ランチパック」シリーズのひとつで、見るからに九州限定、期間限定に見える商品。中身は商品名どおり、2枚のパンの間に桜餅風味のつぶあんが入っているもの。袋に九州新幹線のN700系電車の写真が印刷され、「JR九州承認済」の文字まで記されるため、参考として収蔵した。このシリーズの商品は、全国の駅構内のコンビニでもおなじみの商品である。

調製元
山崎製パン

【終売】和蘭陀(おらんだ)弁当(2,100円) 
Holland Bento (end of sales)

現在の早岐駅に駅弁はなく、これは早岐駅の元駅弁屋による予約制弁当。有田焼の器に中華おこわまたは大村寿司が入っている。入手には3日前までの予約が必要とされた。いつまで売られていたかは定かでないが、2003年6月に福岡県のテレビ番組には出ていた模様。

長崎への鉄道は現在の佐世保線・早岐・大村線経由で開業、後に現在のルートが開業した際に、肥前山口・佐世保間が佐世保線、早岐・諫早間が大村線となった。佐世保線は早岐駅で進行方向が変わる一方で直進すると大村線に入るため、肥前山口・諫早間を大村線、早岐・佐世保間を佐世保線と名付けたほうがすっきりすると思うが、昔も今も重要な軍港である佐世保を重視したのであろうか。

販売駅
佐世保線 早岐(はいき)駅 1897(明治30)年7月10日開業 長崎県佐世保市早岐1丁目
調製元
有限会社 西海軒 長崎県佐世保市早岐1丁目15−15 0956(38)3211