banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


北海道の駅弁北海道 > 帯広駅 > 豚丼の駅弁 (6種類収蔵)
←前は[道北の駅弁] | 次は[帯広駅その他の駅弁]→

JR北海道 帯広(おびひろ)駅 2004年4月18日訪問  Googleマップ

駅弁売店 駅舎 駅構内

 札幌駅から特急列車で約2時間半。帯広市は十勝平野の中央に位置する人口約17万人の開拓都市で、鉄道と道路が集まることで全国有数の農業地域の中心として栄えた。駅弁は国鉄時代には日本食堂が担当していたが、現在は地元の豚丼屋が豚丼や幕の内などの駅弁を改札外高架下の売店やコンビニで販売する。1905(明治38)年10月21日開業、北海道帯広市西2条南12丁目。

ぶた八の炭焼にぎり(400円) 2004年4月18日に帯広駅コンビニキヨスクで購入

掛紙 外観 中身

 帯広駅の名物駅弁が二個の握り飯になったもの。テレホンカード二枚分くらいの大きさの透明な惣菜容器に、テレホンカード一枚分くらいの大きさの、タレ御飯に豚炭火焼を貼り海苔で巻くおにぎりがふたつ入っている。やはりなかなか濃厚な味。

【根室本線帯広(おびひろ)駅】1905(明治38)年10月21日開業 北海道帯広市西2条南12丁目
【有限会社金扇】北海道帯広市西17条南3丁目1−39 TEL:0155(41)7445
 http://www.buta8.com/
ぶた八の炭焼豚どんにぎりっ子(400円) 2010年9月24日に帯広駅改札外コンビニ型キヨスクで購入

掛紙 外観
中身 中身 中身

 見慣れない名前の商品だったため買ってみたら、上記「ぶた八の炭焼にぎり」と全く同じものであった。6年半も同じ姿であれば、コンビニで売られる商品とはいえ、帯広駅の定番としての地位を築いているのであろう。

【根室本線帯広(おびひろ)駅】1905(明治38)年10月21日開業 北海道帯広市西2条南12丁目
【有限会社金扇】北海道帯広市西17条南3丁目1−39 TEL:0155(41)7445
 http://www.buta8.com/
ぶた八の炭焼豚どんにぎりっ子(680円) 2010年9月24日に帯広駅改札外コンビニ型キヨスクで購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 小柄な発泡材枠容器を、中身のイメージ写真や商品名や豚のイラストなどを描いたボール紙の枠にはめる。中身はタレに染まる御飯に豚焼肉を合わせて海苔で巻いた俵飯が3個と、煮豆、レンコン煮、大根桜漬。つまり下記「ぶた八の豚どん」を大きな俵飯にしたもの。上記の2個入りは簡易包装で、この3個入りになると駅弁らしい見栄えとなる。当たり前だが味はどれも同じ。

【根室本線帯広(おびひろ)駅】1905(明治38)年10月21日開業 北海道帯広市西2条南12丁目
【有限会社金扇】北海道帯広市西17条南3丁目1−39 TEL:0155(41)7445
 http://www.buta8.com/
ぶた八の豚どん(1,029円) 2003年9月20日に池袋西武駅弁大会で購入

掛紙 外観 外観 中身

 帯広駅の名物駅弁。御飯の上にタレを付けた豚炭火焼肉をたっぷり載せるシンプルなもの。写真は池袋西武百貨店の実演販売で購入したもので、現地版は加熱機能付き容器を使用し、掛紙のデザインが少々異なる模様。帯広名物の豚丼の専門店が駅弁に進出したのだそうだ。

 帯広駅からはかつて南に広尾線、北に士幌線が分岐しており、それぞれ末端区間のバス代行輸送と愛国・幸福の駅名で有名なローカル線であったが、広尾線は1987年2月に、士幌線も3月に相次いで廃止された。その後に1989〜1998年の駅周辺の土地区画整理事業と1996年11月の駅自体の高架化が実施され、駅やその周辺に当時の面影は全くないであろう。

※2004年5月補訂:調製元の所在地と電話番号を変更

【根室本線帯広(おびひろ)駅】1905(明治38)年10月21日開業 北海道帯広市西2条南12丁目
【有限会社金扇】北海道帯広市西17条南3丁目1−39 TEL:0155(41)7445
 http://www.buta8.com/
ぶた八の炭焼あったか豚どん(1,100円) 2006年1月7日に横浜松坂屋駅弁大会で購入

掛紙 掛紙 外観
外観 中身 中身

 帯広駅の名物駅弁の加熱機能付き容器版。長方形の加熱機能付き容器を、通常版の掛紙と同じ絵柄のボール紙製パッケージにはめる。中身も同じ、帯広名物の豚丼。冷めても悪くないと思うが、やはり暖まったほうがうまい料理だと思う。ただ、販売者の社名や電話番号が電話帳等にないのが気に掛かる。平日9時5時のみ営業な食堂や駅弁屋などあり得ないので、催事用のペーパー会社か代行業か。

【根室本線帯広(おびひろ)駅】1905(明治38)年10月21日開業 北海道帯広市西2条南12丁目
【(有)アエラD】北海道帯広市西17条南3−1−39 TEL:0120-410334

催事駅弁 豚丼名人(900円) 2010年9月18日にそごう横浜店北海道物産展で購入

掛紙
外観 外観 外観
中身 中身 中身

 これは駅弁でなく、デパートの北海道物産展で実演販売されていた弁当。駅弁でも使われるプラ製トレー付き発泡材枠容器に透明なふたをして、宣伝のチラシを2枚載せて中身のイメージ写真を印刷した掛紙で包む。中身はその写真と似ても似つかぬ豚丼で、白御飯の上にタレまみれで照りのない豚焼肉を乱雑に放置するもの。この内容であれば見栄えは味に関係ないのだが、どうしてこうなったのかと思う。調製元は十勝清水のドライブインで、タレや豚肉の通信販売も行っている。

【株式会社丸三伊藤商店】北海道上川郡清水町字熊牛90番地 TEL:0156(62)5141
 http://www.butadonmeijin.com/
←前は[道北の駅弁] | 次は[帯広駅その他の駅弁]→

2001年6月17日開設 2011年8月3日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.