banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 北上(きたかみ)駅2006年11月4日訪問Googleマップ
JR-East Kitakami Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京から新幹線やまびこ号で約3時間、東北新幹線と東北本線が接続し、北上線を分ける駅。北上市は北上盆地に位置し北上川に面した、人口約9.3万人の工業都市。駅弁はNRE盛岡営業支店が新幹線改札内の食堂で盛岡、新花巻、一ノ関の駅弁を取り寄せて売るが、北上駅のみ販売の駅弁がひとつだけある。1890(明治23)年11月1日開業、岩手県北上市大通1丁目。

【終売】北上線まごころ弁当かーさんの味(1,100円)2006年11月4日に北上駅コンコース食堂駅弁販売所で購入
Kitakamisen Magokoro Bento Kasan no Aji (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年の登場か。大きめの発泡材枠容器に透明なふたをして、A4判カラーコピーの掛紙をかけて、輪ゴムで留めてから調製シールを貼る。中身は小柄な白飯おにぎり、ほろほろ漬おにぎり、大葉焼きおにぎりと、牛メンチカツ串、かき揚げ、舞茸その他の煮物、合鴨桑焼に玉子焼、とろろいもにリンゴシロップ漬けなどと盛りだくさん。

しかし、価格に見合う充実感はなかった。揚げ物は常温販売に向かない冷えると油っぽい風味、煮物も汁気が駅弁としては多すぎるなど、味の評価は低くなりそう。しかし仙台・盛岡・青森の支店が東京の外食会社の傘下となり、全国均一の強力なチェーンオペレーションが導入されてもおかしくないウェルネス伯養軒が、販売駅1駅、日産10個のローカル駅弁を出したこと自体をありがたく思い、感謝していただかなければならない。

なお、この駅弁の2007年以降の販売は確認できない。2012年現在、北上駅では盛岡駅弁の一部が販売されている。

※2012年5月補訂:終売を追記
販売駅
東北本線 北上(きたかみ)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県北上市大通1丁目
調製元
株式会社 ウェルネス伯養軒 盛岡支店 岩手県盛岡市下太田下川原11番1号 019(658)1014

【終売】岩手自慢のあったか〜い前沢牛弁当(1,100円)2005年3月5日に日本橋三越の弁当大会で購入
Iwate Jiman no Attakai Maesawagyu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

デパートの弁当大会で購入した、製造者が仙台支店で販売者が北上支店の駅弁。長方形の加熱機能付き容器を、中身の一部写真を牛型に載せたボール紙のパッケージに入れる。中身は白御飯の上にすき焼き風味の前沢牛焼肉が少々と、ごぼうやタケノコやにんじんなど。中身は見た目に寂しいが、柔らかくて良い肉が使用されているので美味い。

しかし本当に北上駅で買えるかどうかは、やや疑問。なお、調製元の支店は経営不振による事業譲渡により、2005年7月31日限りで終売となった。今後は盛岡と花巻の駅弁が置かれるとのこと。後の訪問で少なくとも北上駅にはなかったので、ここでは消滅扱いとする。

※2007年3月補訂:終売を追記
※2005年12月補訂:公式サイトの閉鎖に伴いURLを削除。調製元の名称・所在地・連絡先も変更された可能性がある。
※2005年7月補訂:調製元の現況を追記
販売駅
東北本線 北上(きたかみ)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県北上市大通1丁目
調製元
株式会社 伯養軒 北上営業所 岩手県北上市若宮町1−4−7 0197(64)7771

【終売】きたかみ牛めし(900円)2003年3月15日に北上駅そば屋で購入
Kitakami Gyumeshi (end of sales)

掛紙 外観 中身

2003(平成15)年3月1日の発売。透明蓋な発泡材の長方形容器に掛紙代わりの細い帯を締めて割り箸と共に輪ゴムをかけるのはどこかで見たようなスタイル。中身は北上産ひとめぼれの御飯の上を「きたかみ牛」すき焼きや白滝やタケノコや椎茸で覆い、北上名産の二子イモ煮やアスパラガスのマスタード和えを添えるもの。柔らかく軽い口当たりの牛肉はあんかけ風のタレでますます軽く、その食感から分量を少なく感じる点で損をしているか。

登場時は毎日30〜40個が完売するという人気駅弁と紹介されたが、2004年中には消滅していた模様。調製元の営業所も経営不振による事業譲渡により、2005年7月31日限りで終売となった。今後は盛岡と花巻の駅弁が置かれるとのこと。

※2005年12月補訂:公式サイトの閉鎖に伴いURLを削除。調製元の名称・所在地・連絡先も変更された可能性がある。
※2005年7月補訂:駅弁と調製元の現況を追記
販売駅
東北本線 北上(きたかみ)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県北上市大通1丁目
調製元
株式会社 伯養軒 北上営業所 岩手県北上市若宮町1−4−7 0197(64)7771

【掛紙】御辨當(100円)調製年月日不詳
Obento

掛紙

1950年代の調製と思われる、昔の北上駅弁の掛紙。黒沢尻駅が北上に改称されたのが1954年3月で、横黒線が北上線に改称されたのが1966年10月なので、掛紙の路線図を見るとその間のものだろう。尻の字が嫌われて駅名や路線が変わったが、今も町名や高校名に残る。

販売駅
東北本線 北上(きたかみ)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県北上市大通1丁目
調製元
後藤屋辨當部 所在地の記載なし 36番

【掛紙】幕の内弁当(600円)調製年月日不詳
Makunouchi Bento

掛紙

1980年代の調製と思われる、昔の北上駅弁の掛紙。かつて北上駅弁の名前に使われたこともある、岩手県北上の伝統芸能「鬼剣舞(おにけんばい)」とその説明が描かれる。

販売駅
東北本線 北上(きたかみ)駅 1890(明治23)年11月1日開業 岩手県北上市大通1丁目
調製元
株式会社 伯養軒 北上支店 岩手県北上市若宮町一丁目4番7号 (64)7771