banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 水戸(みと)駅2006年10月9日訪問Googleマップ
JR-East Mito Station

駅名標 駅舎 駅構内

上野駅から特急で1時間ちょっと。JR常磐線がJR水郡線と鹿島臨海鉄道を分ける駅。水戸市は関東北東部で那珂川に面した人口約26万人の城下町で、県庁所在地で商業都市で江戸時代の水戸徳川家の拠点。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋3社が2010年1月までにすべて撤退、2011年4月頃から市内の居酒屋チェーンが後継に入り、駅のコンビニに弁当を卸す。1889(明治22)年1月16日開業、茨城県水戸市宮町一丁目。

水戸黄門弁当(1,300円)2014年6月15日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Mito Komon Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

水戸の梅まつりに合わせて、2014(平成26)年2月22日の発売。水戸駅の駅弁の名前としては6年ぶりの復活となるが、歴史が断絶しているため新旧の駅弁に関連性はない。

二段重ねの容器の中身は、下段が御飯でマツタケの炊込飯と鮭の親子ちらし、上段がおかずで豚角煮、アユ香り揚げ、エビ餃子、ゆばの野菜饅頭、アンコウ唐揚、ニシンのみりん干し、カボチャやコンニャクなどの煮物、青梅甘露煮など。黄門様が食したとされる料理を一部に取り入れているという。味も良いし、色彩の工夫があるのか写真写りがもっと良い感じ。

販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
しまだフーズ 有限会社 茨城県水戸市千波町2884−3 029(231)0501 http://www.kitanoshimada.com/

水戸黄門弁当(1,300円)2016年3月18日に勝田駅で団体予約購入
Mito Komon Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

水戸駅弁の水戸黄門弁当の、2016(平成28)年時点での姿。掛紙も容器も内容も価格も変わらないのに、何か違う印象を受けるのは、御飯の錦糸卵が、黄色くふわふわしたものから、白く線状のものに変わったから。いずれも業務用の冷凍食品だと思うが、こうやって写真で比べると、だいぶ見栄えが落ちた気がした。メインの食材ではないので、味はたいして変わらない。

販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
しまだフーズ 有限会社 茨城県水戸市千波町2884−3 029(231)0501 http://www.kitanoshimada.com/

【掛紙】水戸黄門弁当(1,300円)2016年5月21日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Mito Komon Bento

掛紙 掛紙

2016(平成28)年5月21日の調製と思われる、水戸駅弁のパッケージ。伊勢志摩サミットの開催を記念して、仙台駅から小倉駅まで11種類の駅弁について、パッケージに駅弁名の英文表記とほぼ共通のロゴマークを印刷し、東京駅の駅弁売店で販売した。価格と中身は通常版と同じ。

販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
しまだフーズ 有限会社 茨城県水戸市千波町2884−3 029(231)0501

【終売】将軍(840円)2002年8月15日に水戸駅駅弁売店で購入
Shogun (end of sales)

掛紙 外観 中身

将軍とは徳川慶喜のこと。正方形の容器は内部で4分割され、栗が載ったお赤飯、小海老やワカサギの佃煮と納豆の油揚げ、鱒塩焼や卵焼きなど、油を一切使わない調理法で仕上げたヘルシーを売り物にする駅弁。徳川慶喜とのつながりは、よくわからない。

なお、この駅弁は2008年5月頃の調製元の休業により売られなくなり、2010年1月に駅弁売店そのものが閉店したため、今後は入手できないのではと思う。

※2010年3月補訂:終売可能性を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
有限会社 芝田屋弁当部 茨城県水戸市宮町2−2−12 029(221)4359

【終売】幕の内水戸黄門弁当(945円)2006年10月14日に東京駅東日本縦断駅弁大会で購入
Makunouchi Mito Komon Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

正方形の黒い発泡材容器に割りばしを置き、梅花と駅弁名を描いた掛紙で軽く巻いて、紙ひもでしばる。中身は9区画に分かれ、甘い玉子そぼろ御飯、日の丸御飯、おかか御飯、厚揚げやがんもどきや昆布巻き、焼鮭に山くらげ、鶏照焼、有頭海老に帆立、蒲鉾と玉子焼と煮豆、青梅とミニ梅酒など。

おかずが見た目で15種も入り、酒のつまみにされそうな内容。一方で御飯も3種入るから食事にもできる。どちらにせよ、千円を切る価格でこのボリュームはありがたい。水戸黄門とのつながりは、よくわからない。しかしコウモン弁当とは、実はなかなか思い切ったネーミングだと思う。

なお、この駅弁は2008年5月頃の調製元の休業により売られなくなり、2010年1月に駅弁売店そのものが閉店したため、今後は入手できないのではと思う。

※2010年3月補訂:終売可能性を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
有限会社 芝田屋弁当部 茨城県水戸市宮町2−2−12 029(221)4359

【終売】水戸黄門漫遊記旨い物廻り(1,300円)2007年4月7日に東京駅駅弁の日記念駅弁大会で購入
Mito Komon Manyuki Umaimono Meguri (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

JR発足20周年か、2007年4月に東京駅で実施された駅弁の日記念駅弁大会に向けて投入か。冊子型の発泡材容器に小さな掛紙を置いてゴムで留める。中身はエビ、コハダ、カニ、鮭フレークの押寿司と鰻玉丼、焼豚に鶏照焼に焼鮭にカニ爪、蒲鉾に玉子焼に椎茸などの煮物にミニ梅酒など、まあぎっしり詰まっている。おめでたい記念駅弁。水戸駅でも売られている模様。

水戸駅はJR20年の1987年から2007年で、まず特急「ひたち」に新型電車が投入され、夜行列車が全滅し、水郡線のディーゼルカーが新型に交換され、南口が再開発で変貌し、最近に常磐線の普通電車もほぼ新型に替わり、その間に駅弁屋が1社減り、今に至る。20年でそれなりに変わったが、なんとなく激変ではない。北口で駅ビルが開業し、南側で鹿島臨海鉄道が開業し、常磐線急行「ときわ」が特急格上げで全滅した1985年3月に、今の水戸駅ができあがった印象。

なお、この駅弁は2008年5月頃の調製元の休業により売られなくなり、2010年1月に駅弁売店そのものが閉店したため、今後は入手できないのではと思う。

※2010年3月補訂:終売可能性を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
有限会社 芝田屋弁当部 茨城県水戸市宮町2−2−12 029(221)4359