banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 水戸(みと)駅2006年10月9日訪問Googleマップ
JR-East Mito Station

駅名標 駅舎 駅構内

上野駅から特急で1時間ちょっと。JR常磐線がJR水郡線と鹿島臨海鉄道を分ける駅。水戸市は関東北東部で那珂川に面した人口約26万人の城下町で、県庁所在地で商業都市で江戸時代の水戸徳川家の拠点。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋3社が2010年1月までにすべて撤退、2011年4月頃から市内の居酒屋チェーンが後継に入り、駅のコンビニに弁当を卸す。1889(明治22)年1月16日開業、茨城県水戸市宮町一丁目。

【終売】印籠弁当(1,050円)2001年8月12日に水戸駅駅弁売店で購入
Inrou Bento (end of sales)

外観 中身

1995(平成7)年の登場。時代劇の印籠は全体で手のひらサイズだが、駅弁なので個々が手のひらサイズのプラスティック製楕円形容器を3段重ねにした。発売当初2年間は紙箱だったそうな。

中身はじゃこ入り豆御飯で1段、椎茸やエビが載った手まり寿司が4つで1段、角煮と煮物類で1段。季節により変化する中身は、印籠=携帯用薬箱→健康に良い食材で構成したという。おかず向けの食材が少ないとはいえ、淡泊で体に良さそうな味が出ている。2006年までに上記のとおり容器をリニューアル。

販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
株式会社 鈴木屋 茨城県水戸市宮町1−4−4 029(221)2386

【終売】印籠弁当(1,100円)2006年1月14日に京王百貨店駅弁大会で購入
Inrou Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

水戸駅弁の印籠弁当の、2006(平成18)年時点での姿。見た目は以前と同じ、印籠にしては巨大な黒いプラ製容器を、ボール紙とゴムで留める。容器の構造は上段とプラトレーを二層に重ねた中下段の二段構造になり、その中身は上段が椎茸と海老とタケノコのちらしずし、中段がワカサギ揚げやレンコン揚げや納豆カップなど、下段が御飯と豚肉という具合に、だいぶリニューアル。価格も50円の値上げ。

TBS系テレビドラマで有名な、水戸黄門こと徳川光圀公の諸国漫遊世直し話は、江戸時代からの創作話である。しかしこれで黄門様は今でも水戸の名物かつ観光資源であり続け、こんな駅弁が主力商品として定着している。

この駅弁は水戸駅で最も有名で紹介例の多い駅弁であったが、2010年1月の調製元の倒産により失われた。名前と容器は大洗駅の駅弁屋へ引き継がれている。

※2011年9月補訂:引継を追記
※2010年3月補訂:終売を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
株式会社 鈴木屋 茨城県水戸市宮町1−4−4 029(221)2386

【終売】限定印籠弁当(1,200円)2006年10月9日に水戸駅コンコース駅弁売店で入手
Gentei Inrou Bento (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2006(平成18)年秋の新作。上記「印籠弁当」のプラ容器を赤黒い漆塗り風に変更し、中身も3段分から2段に変更。下段に茨城産「黄門米」を使ったしめじと椎茸の炊込飯に舞茸を載せる御飯をたっぷり詰め、上段に鶏肉2点と豚肉、玉子焼き、カップ納豆を詰める。

高価少量への不満は通常版と同様に出るだろうし、その観点では今回は内容も減ったぞと酷評される可能性もある。しかし印籠弁当はおそらく水戸駅で一番の知名度と人気のある駅弁。容器の高級感は間違いなく向上し、中身はむしろシンプルになり、風味の柔らかさも良い感じなので、入手できれば好評が上回ると思う。販売期間や販売数に限定があるようなので、むしろ入手できるかどうかが課題。通常の印籠弁当も併売される。

この駅弁は水戸駅で最も有名で紹介例の多い駅弁であったが、2010年1月の調製元の倒産により失われた。名前と容器は大洗駅の駅弁屋へ引き継がれている。

※2011年9月補訂:引継を追記
※2010年3月補訂:終売を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
株式会社 鈴木屋 茨城県水戸市宮町1−4−4 029(221)2386