banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 小田原(おだわら)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-East Odawara Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で3駅35分。小田原市は神奈川県の南西部で相模湾に面する人口約19万人の城下町かつ宿場町で、戦国時代や江戸時代に歴史の舞台になった。駅弁は明治時代に国府津駅で創業した、東海道本線では最古の駅弁屋が健在だが、実態はJRや小田急の子会社が近隣のものを含めた駅弁を集めて売る。1920(大正9)年10月21日開業、神奈川県小田原市栄町1丁目。

桜海老とじゃこの海物語(930円)2007年7月29日に小田原駅橋上コンコース駅弁売店で購入
Sakuraebi to Jako no Umimonogatari

掛紙 外観 外観 中身 中身

2007(平成19)年7月10日の登場。木目調ボール紙の円形容器を、商品名と桜海老やじゃこの似てないイラストを書いた紙枠にはめる。中身は茶めしの上にじゃこ炒煮、桜海老炒煮、桜海老入りかき揚げで覆い、クルミ、梅干し、大根塩漬を添えるもの。カリッとした食感と風味がいい感じの、食べてうまい丼物。価格は発売時や購入当時で880円、2015年時点で930円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】東海道元祖小田原駅弁 じゃこめし(500円)2006年7月2日に横浜駅改札外コンコース弁当売店で購入
Tokaido Ganso Odawara Ekiben Jakomeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年春頃にシリーズで登場。正方形の小さな発泡材容器に透明なふたをかけ、中身を半分見せる紙枠をはめて、ラップで全体を包装する。中身は茶飯の上に茶色く煮たレンコンとじゃこを敷き詰め、煮玉子その他煮物と漬物を添える。

分量は当然に少ないが、ワンコインの価格、飯に合うやや甘辛な具、味付けの内容がぴったりで過不足ない付合せに、気持ちよい潔さを感じる。コンビニ弁当派に駅弁にも目を向けてもらえる商品で、最近増えているコンビニや売店冷蔵棚での陳列にはむしろ適する感じ。調製元がパッケージごと商標登録する意気込みが、旅行者や消費者にどこまで伝わるか。翌年には売店で見られなくなったと思う。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/

【終売】母ちゃんの梅じゃこめし(600円)2008年8月16日に小田原駅改札外コンコース弁当売店で購入
Kachan no Ume Jako Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年の登場か。竹皮を模したボール紙の容器に、商品名の一部を記した茶色の掛紙を巻く。中身は餅米を混ぜておこわのようになった茶飯に梅とじゃこを載せて、鶏唐揚、玉子焼、あさり煮、しば漬ひょうたんなどを添えるもの。梅嫌いなので味を評価してはいけないと思うが、安いのにしっかりしていると思う。また、梅とじゃことは小田原らしい選択だ。2011年頃まで売られた模様。

※2016年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 しいの食品 神奈川県小田原市成田939 0465(36)5511 http://www.shiino.co.jp/

【終売】じゃこめし(680円)2002年5月19日に小田原駅新幹線下りホーム上駅弁売店で購入
Jako Meshi (end of sales)

掛紙 外観 中身

2001(平成13)年頃の登場。和食の達人こと平野寿将氏がプロデュースした小田原駅弁の「おばあちゃんのおべんとう」「あじの干物めし」「あなごのひつまぶし」に次ぐ4作目。

小ぶりな長方形の経木枠容器に、ボール紙製のふたをかける。炊き込み御飯の上に、少々醤油辛く柔らかなじゃこを敷く。おかずは添え物程度の量でも、ひとつひとつがていねいにつくられた、インゲンの天ぷら・松茸型里芋・人参の煮物や煮玉子、胡麻の衣を着たサワラ利休揚、そしてクルミのあめ煮。2007年頃までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 小田原(おだわら)駅 1920(大正9)年10月21日開業 神奈川県小田原市栄町1丁目
調製元
株式会社 東華軒 神奈川県小田原市西酒匂1−3−54 0465(47)1186 http://www.toukaken.co.jp/