banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

しょうが焼弁当(750円)2013年5月20日に新横浜駅ビル崎陽軒売店で購入
Shogayaki Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

下記「しょうが焼弁当」を2013(平成25)年5月15日にリニューアル。ついに掛紙の意匠が変わり、御飯と豚ロース生姜焼とポテトサラダと青かっぱ(キュウリ漬け)を変えず、その他のおかずや付合せを、タマネギ炒め、タケノコと高菜の炒め物、紅生姜に差し替えた。引き続き、古き佳き時代の駅弁の姿を残していると思う。価格は購入当時で680円、2014年4月の消費税率改定により700円、同年8月から730円、2016年9月から750円。

※2016年8月補訂:価格改定を追記
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】しょうが焼弁当(650円)2010年6月27日に横浜駅駅弁売店で購入
Shogayaki Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

公式発表では下記「しょうが焼弁当」を2010(平成22)年6月7日にリニューアル。しかし掛紙も価格も容器も中身も風味も、変化した感じがしない。写真を見比べると確かに、カニすり身団子とオレンジが、ポテトサラダとニンジンに差し変わっているが、この程度の変化はいつでもどこでも見られるものだ。横浜駅で最も古めかしい駅弁の地位は、守られた。2013年5月に上記へリニューアル。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】しょうが焼弁当(650円)2007年8月25日に横浜駅西口地下街弁当売店で購入
Shogayaki Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

経木折をイメージさせる木目調ボール紙の紙箱に、単純の度が過ぎる絵柄の掛紙を巻く。中身は微妙に型押しをした梅干し付きゴマ振り白御飯が半分、とても柔らかい豚ロース生姜焼に春雨、オレンジ、カニすり身団子などのおかずが半分。一般的な知名度は無に近いが、豚生姜焼駅弁は横浜に限るという評価が付いたり、気が付けば当館開館後から一切の変化がない唯一の横浜駅弁であったり、脇役駅弁としてファンの心をがっちりつかんでいる。

※2007年12月補訂:写真の更新と解説文の全面改訂
※2005年5月補訂:写真の更新
販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】横濱豚めし(690円)2009年2月1日にみなとみらい駅弁当売店で購入
Yokohama Buta Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

横浜高速鉄道みなとみらい線の開業5周年を記念して、2009(平成21)年2月1日から3月31日まで販売された記念駅弁。横濱チャーハンと同じ、長方形の経木枠容器を使用、ふちの付いた木目柄のボール紙でふたをして、みなとみらい線の電車の写真を掲載する掛紙を巻き、輪ゴムで留める。中身は白御飯の上に豚の味噌焼と生姜焼きを貼り付けて、タマネギやブナシメジや紅生姜などを添えるもの。

安くておいしい豚丼駅弁だが、やっぱり横浜や神奈川と豚肉が結び付かないのだろう、見た目に売れ行きは良くなかった印象。また、みなとみらい線みなとみらい駅改札内の崎陽軒売店でも販売されたが、現役唯一の地下鉄駅弁などという紹介はされなかった。

横浜高速鉄道みなとみらい線は、横浜駅と元町・中華街駅を全線地下で結ぶ4.1kmの鉄道。バブル経済の頃に設計されたためか、各駅は日本の地下駅らしからぬ広大な空間を持ち、そのデザインが評価されている。開業前は事業費の高騰に開業の遅れが叩かれたものの、2004年2月1日に開業してみれば、横浜の観光地を貫くルートに観光客が殺到して、ダイヤは乱れて駅は入場制限をかける盛況。沿線にはタワー型マンションや高層オフィスビルが建ち並び、元町商店街や中華街への客も増加、横浜都心部の活性化に資している。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

横浜産はまぽーくカルビ焼肉弁当(950円)2013年4月13日に東海道新幹線東京駅駅弁売店で購入
Yokohama-san Hamapork Galbi Yakiniku Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年の年末までに発売。銀泉亭こと「牛めし」のイズミ食品の弁当であり、この頃には横浜駅やその周辺では買えなくなっていたと思うが、こうやってJRCPの駅弁売店では買えた。新横浜駅でも売られていた模様。中身は白御飯に、きれいな長方形に整形された横浜産はまポークのカルビ焼肉を貼り付けて、ワサビ菜と大根桜漬を添えるもの。適度に柔らかく、塩辛く焦げ目の付いたカルビが御飯に合う。

「はまぽーく」とは、2004(平成16)年販売開始の銘柄豚。神奈川県横浜市内の養豚農家が、食品循環資源(学校給食・ 事業系食品等) からできた飼料と配合飼料(小麦・トウモロコシ等)を混合給与して育て、日本食肉格付協会の評価を得た肉質良好な豚肉とのこと。市外での知名度は無だと思うが、横浜市内で弁当や惣菜を買うと、たまに目にする名前である。市街化と悪臭苦情で、横浜市内の養豚場がいつまで残れるか。

調製元
株式会社 イズミ食品 神奈川県横浜市保土ケ谷区仏向町946番地 TEL:0120-89-5551 http://www.izumi-shokuhin.com/