banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 横浜(よこはま)駅2010年7月24日訪問Googleマップ
JR-East Yokohama Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から普通列車で約25分。横浜市は東京湾に面した人口約370万人の港町で、東京の衛星都市として人口日本一の市であるほか、異国情緒とウォーターフロントで多くの観光客も集める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋がコンコースやホーム上や駅周辺各地に駅弁売店を構え、「シウマイ弁当」は日本一売れる駅弁とされる。1915(大正4)年8月15日開業、神奈川県横浜市西区高島2丁目。

あさりシウマイ(600円)2016年5月4日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Asari Siumai

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2016(平成28)年4月16日から6月中旬まで販売される、初夏の季節限定の特製シウマイ。アサリのシウマイは初登場。「おいしさ長もちシリーズ」の要冷蔵な真空パックで、特製シウマイ大のシウマイが6個入る。アサリの身が丸ごとシウマイに混ざり、食べてあっさり、噛みしめて旨味が出る、なかなかの風味。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】桜えびシウマイ(620円)2016年2月21日に高島屋横浜店の崎陽軒売店で購入
Sakuraebi Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年2月1日から4月中旬まで販売された、季節限定の特製シウマイ。4年連続して、サクラエビやタケノコを混ぜた特製シウマイを6個、「おいしさ長もちシリーズ」のパッケージに詰め、冷蔵販売した。発売のプレスリリースには、今回から「おいしさ長もちシリーズ」とあり、以前のパッケージを確認したら、確かに今回からその表示が加わった。過去3年間は単なる真空パックだった模様。両者の違いは、よくわからない。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】とうふシウマイ(590円)2015年4月25日に石川町駅駅弁売店で購入
Tofu Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年4月16日から6月15日まで販売された、季節限定の特製シウマイ。前年の真空パックをやめ、2010年2011年のように、要冷蔵ながらそのまま食べられる形に戻した。従前の豆腐味に今回から鰹節まで付けて、はたしてシウマイにする必要があるのかと思うくらい、豆腐になりきっていた。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】桜えびシウマイ(620円)2015年2月23日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Sakuraebi Siumai (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年2月1日から4月中旬まで販売された、季節限定の特製シウマイ。3年連続して、サクラエビやタケノコを混ぜた特製シウマイを6個、「おいしさ長もちシリーズ」のパッケージに詰め、冷蔵販売した。おそらく2014年4月の消費税率改訂の影響で、価格は20円のアップ。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】とうふシウマイ(580円)2015年4月25日に石川町駅駅弁売店で購入
Tofu Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2014(平成26)年4月16日から6月15日まで販売された、季節限定の特製シウマイ。2010年2011年は6〜8月の夏に出ていた豆腐シウマイが、今回は初夏に出てきた。さらに今回は「おいしさ長もちシリーズ」の真空パックとなった。売店では従前の要冷蔵に加えて、要加熱を強く案内された。普段の習慣で冷蔵のまま食べたら、とうふというよりおからの食感と風味を感じた。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】桜えびシウマイ(600円)2014年2月21日に横浜中華街の崎陽軒売店で購入
Sakuraebi Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年2月1日から4月中旬まで販売された、季節限定の特製シウマイ。前年と同じく、サクラエビやタケノコを混ぜた特製シウマイを6個、「おいしさ長もちシリーズ」のパッケージに詰め、冷蔵販売した。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】たこと白身魚のシウマイ(600円)2013年5月3日に横浜で購入
Tako to Shiromizakana no Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

例年の春限定の特製シウマイの販売期間を半分奪う形で、2013年4月26日から6月9日まで販売された、季節限定の特製シウマイ。その名のとおり、普段の豚肉ではなく、グチとタラを使う白身魚にマダコを混入した、シウマイならぬタコボールないしタラボールを6個、「おいしさ長もちシリーズ」のパッケージに詰める。レンジでの加熱を推奨する要冷蔵商品。そのまま食べても暖めても、タコかまぼこのような色彩と食感と風味だった。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】桜えびシウマイ(600円)2013年2月5日に横浜で購入
Sakuraebi Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2013(平成25)年2月1日から4月中旬まで販売された、季節限定の特製シウマイ。サクラエビやタケノコを混ぜた特製シウマイを6個、2012年12月の「もち米五目シウマイ」からの継続として、「おいしさ長もちシリーズ」のパッケージに詰める。中身は前年と同じだと思うが、真空パックのせいで表面がツルツルに、冷蔵なので冷たくもっちり、そして加熱を強力に推奨される商品になった。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】桜えびシウマイ(600円)2012年2月5日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Sakuraebi Siumai (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年2月1日から5月末日まで販売された、季節限定の特製シウマイ。特製シウマイ6個を竹皮柄の紙箱に収めて包装紙で包む姿は、季節限定の特製シウマイの共通事項。今回はサクラエビの釜揚げとタケノコの角切りを混入し、崎陽軒として初めてシウマイの皮に色を付けたという。淡い黄色や赤色が随所に表現される点も春らしいもの。なお、買いそびれた2011年版も2〜5月発売の「桜えびシウマイ」で、皮の色以外は2012年版と同じだった模様。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】桜えびと筍の春彩シウマイ(600円)2010年2月6日に横浜高島屋地下食品売り場で購入
Sakuraebi to Takenoko no Syunsai Siumai (end of sales)

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年1月15日から4月中旬まで販売された、季節限定の特製シウマイ。特製シウマイ6個を竹皮柄の紙箱に収めて包装紙で包む姿は、季節限定の特製シウマイの共通事項。シウマイには商品名どおりタケノコとサクラエビが混入されており、赤い斑点が出た春らしい見栄えで、包装紙も花いっぱい。

風味こそ通常の特製シウマイと差のない、少々軽めかなという程度だが、サクラエビのバリッとした食感と、タケノコのサクッとしった食感が時々現れてアクセントになる。しかし引き続き、醤油入れが「ひょうちゃん」でない点が寂しいところ。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/

【終売】春彩桜えびシウマイ(550円)2008年2月16日に横浜駅東西自由通路駅弁売店で購入
Syunsai Sakuraebi Siumai (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2007(平成19)年2月10日から3月31日まで販売された、季節限定の特製シウマイ。2008年も2月1日から3月31日まで販売された。特製シウマイ6個を竹皮柄の紙箱に収めて包装紙で包む姿は、季節限定の特製シウマイの共通事項。

シウマイにはサクラエビに加えてキャベツとタケノコが混入されており、紅色と若草色が淡く出た春らしい見栄えで、包装紙も花いっぱい。しかし食べると桜海老と豚肉が風味でケンカしているような気がした。

販売駅
東海道本線 横浜(よこはま)駅 1915(大正4)年8月15日開業 神奈川県横浜市西区高島2丁目
調製元
株式会社 崎陽軒 神奈川県横浜市西区高島2−12−6 0120-882-380 http://www.kiyoken.com/