banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 黒部宇奈月温泉(くろべうなづきおんせん)駅2015年3月14日訪問Googleマップ
JR-West Kurobe-Unazukionsen Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約2時間半。富山地方鉄道と北陸新幹線との交点で、お互いに新設された駅。黒部市は富山県の東部で日本海から標高3000m近い山岳までを擁する、人口約4万人の農林水産業の町で、この駅名のとおり観光に力を入れる。公式な駅弁はないが、「海の幸たっぷりうま煮弁当」が大阪の百貨店での先行販売を経て駅開業日から駅前の物産館で発売。開業日には他に各種の弁当も売られていた。2015年(平成27年)3月14日開業、富山県黒部市若栗。

海の幸たっぷりうま煮弁当(1,200円)2015年3月14日に黒部宇奈月温泉駅前のイベントで購入
Uminosachi Tappuri Umani Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

下記の駅弁を、駅の開業日に駅前のイベントで購入したもの。駅前の黒部市地域観光ギャラリー内の観光売店「のわまーと」でも販売されており、まずは無事に現地デビューを果たした。

容器と価格は変わらず、中身もだいたい同じだが、大都会の狭い催事場で作られた弁当より、こちらのほうが中身の見栄えがきれいで、ていねいに作られた感じ。飯の上をより多くのバイ貝煮が覆い、おかずにはめ鯛の塩焼きやかまぼこに代え、鮭柚庵、貝殻付きの貝、焼きとうもろこしが入った。現地で再会の駅弁もまた、海の幸がたっぷり。

販売駅
北陸新幹線 黒部宇奈月温泉(くろべうなづきおんせん)駅 2015年(平成27年)3月14日開業 富山県黒部市若栗
調製元
黒部フーズサプライ 株式会社 富山県黒部市宇奈月町下立686番地 0765(65)2225

海の幸たっぷりうま煮弁当(1,200円)2015年1月24日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Uminosachi Tappuri Umani Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年3月14日の北陸新幹線高崎〜金沢間の開業を前に、黒部宇奈月温泉駅の駅弁を名乗り、百貨店の駅弁催事で実演販売されたお弁当。真ん丸の容器を、商品名と宣伝文を描いた深い青色のボール紙枠にはめる。中身はバイ貝の煮汁で炊いた御飯を、白エビ揚やバイ貝煮や錦糸卵などで覆い、甘エビ揚、ホタルイカ、め鯛の塩焼き、かまぼこなどを添えるもの。

常温の弁当なので味はそれなりだが、富山の海の片鱗を感じ、駅弁でこんな具の組合せは記憶にない。過去も現在も駅弁のない地域に、新幹線が通ったからといって駅弁の需要が生まれるのかとは思うが、現地でもまずはしっかりデビューしてもらいたいと思った。実演販売なので調製元は百貨店となるが、売り場では「宇奈月屋」の名称を掲げていた。

販売駅
北陸新幹線 黒部宇奈月温泉(くろべうなづきおんせん)駅 2015年(平成27年)3月14日開業 富山県黒部市若栗
調製元
株式会社 阪急阪神百貨店 大阪府大阪市北区梅田1−13−13 阪神百貨店梅田本店 連絡先の記載なし

黒部峡谷弁当(1,620円)2016年1月9日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kurobe Kyokoku Bento

掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年1月の京王百貨店駅弁大会で、富山地方鉄道宇奈月温泉駅の駅弁として輸送販売されていたもの。調製元は宇奈月温泉駅前の食堂兼土産物屋か。黄色い掛紙には、黒部峡谷トロッコ列車と中身の写真が使われる。

中身は宇奈月米の茶飯に、骨が柔らかくなりきれていないイワナの塩焼き1匹を横たえ、サトイモやニンジンなどの煮物、菜の花のおひたし、漬物を添えるもの。駅弁大会に出てくるにしては、落ち着いた外観と中身。しかし価格の高さには驚いた。現地で買われるかどうか、売られているかどうか。

販売駅
富山地方鉄道 宇奈月温泉(うなづきおんせん)駅 1923(大正12)年11月21日開業 富山県黒部市宇奈月温泉
調製元
有磯きときと庵 富山県黒部市宇奈月温泉461−3 0765(62)2008 http://www.ariiso.eei.jp/

黒部宇奈月弁当(1,620円)2016年1月9日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kurobe Unaduki Bento

掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2016(平成28)年1月の京王百貨店駅弁大会で、富山地方鉄道宇奈月温泉駅の駅弁として輸送販売されていたもの。調製元は宇奈月温泉駅前の食堂兼土産物屋か。黄色い掛紙には、黒部平野の空撮と中身の写真が使われる。

中身は宇奈月米の茶飯に、ブリ照焼と白エビ天ぷらを置き、煮物や漬物を添えるもの。駅弁大会に出てくるにしては、落ち着いた外観と中身。しかし価格の高さには驚いた。現地で買われるかどうか、売られているかどうか。

販売駅
富山地方鉄道 宇奈月温泉(うなづきおんせん)駅 1923(大正12)年11月21日開業 富山県黒部市宇奈月温泉
調製元
有磯きときと庵 富山県黒部市宇奈月温泉461−3 0765(62)2008 http://www.ariiso.eei.jp/

【掛紙】お寿し(200円)調製年月日不詳
Osushi

掛紙

1970年代頃の調製と思われる、昔の高岡駅弁の掛紙。現在は富山駅と同じ駅弁が売られるが、かつてはここに駅弁屋があり、赤飯弁当などを販売していた。

販売駅
城端線 高岡(たかおか)駅 1898(明治31)年1月2日開業 富山県高岡市下関町
調製元
有限会社 宮嶋商店 富山県高岡市下関町3−11 0766(23)0733