banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 加賀温泉(かがおんせん)駅2014年5月18日訪問Googleマップ
JR-West Kagaonsen Station

駅名標 駅舎 駅構内

大阪から特急で約2時間半の、加賀温泉郷の総合玄関口。山代、片山津、山中の著名温泉地への玄関口としてその地位を争った、動橋駅と大聖寺駅の役割を一本化するため、その両駅に挟まれた作見駅を1970(昭和45)年に改称し」整備した。駅弁は国鉄時代に今庄駅から移転してきた駅弁屋「高野商店」が、多種多様な商品を改札外売店で販売する。1944(昭和19)年10月1日開業、石川県加賀市作見町。

香箱蟹ごはんのかにすし(1,480円)2016年1月9日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kobakogani Gohan no Kani Sushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年1月の阪神百貨店駅弁大会でデビューか。掛紙にあるとおり冬季限定で、金沢駅と駅弁大会で売られる。そんな新しい駅弁らしからぬ、古風な絵柄と風合いの掛紙を使う。中身は酢飯を30本くらいのカニ脚と、少々のカニほぐし身とガリで覆うもの。同じ調製元でカニ棒肉がきれいに整列する「加賀のかにすし」より、食べた際の柔らかいカニの存在感は大きいと感じる。

調製元は加賀温泉駅の駅弁屋だが、この頃には金沢駅の駅弁と宣伝するようになり、2015年3月の北陸新幹線開業以降は加賀温泉を名乗らなくなったと思う。もとは1896(明治29)年に福井県の今庄駅で創業し、1962(昭和37)年に東の石川県の大聖寺駅へ移転、さらに1970(昭和45)年に1駅東の加賀温泉駅へ移転した駅弁屋なので、さらに東へ行ってもおかしくない。

販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/

かにすし(1,080円)2003年2月15日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Kani Sushi

掛紙 外観 外観 中身

1970(昭和45)年頃に登場した季節限定駅弁。発泡材の枠に紙を貼った容器をボール紙のパッケージに収める。中身はカニ足を軽くほぐしたものが甘酢の酢飯と一体になるように押され、これを一口サイズの正方形にカットしたものが12個入るもので、これは加賀よりはむしろ越前地方独特のタイプ。

容器の大きさの割に中身が少なく感じる一方で、カニの身の量は千円駅弁として恥ずかしくないくらいは入っており、カニも飯も味は良く、醤油が付いているがそのまま食べたいもの。多い日で一日約120個程度が売れるという。価格は購入当時で1,000円、2015年時点で1,080円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/

【終売】加賀のかにおこわ(1,000円)2015年1月11日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kaga No Kani Okowa

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

2014(平成26)年1月の京王百貨店駅弁大会でデビューか。京王百貨店駅弁大会以外で売られたことはあるのだろうか。カニほぐし身を混ぜたおこわに、カニ脚肉を1本置いて、カニ爪、サトイモ、タケノコ、小松菜などを添える。見た目でも風味でもカニが控えめ過ぎる印象だが、これだけ水気豊かな柔らかさがあるおこわは、常温の弁当では初めての体験だった。翌2015年の京王百貨店駅弁大会でも輸送販売されたが、何らかの理由で購入の翌日から来なくなってしまった。この時までの販売か。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/

【終売】加賀友禅ちらし寿し(900円)2011年1月10日に京急百貨店駅弁大会で購入
Kagayuzen Chirashizushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010(平成22)年6月15日の登場。華やかな絵柄を印刷した細長い専用のボール紙箱の中に酢飯を詰め、カニの脚肉とほぐし身を敷き、イクラと紅鮭を散らしている。使う食材を見るとありきたりの内容であるが、容器も中身も見栄えが美しいし、うまい御飯に味の濃い紅鮭がとても合う気がした。夏期は売らない模様。2014年までの販売か。

※2016年12月補訂:終売を追記
販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/

【終売】えび寿しかにめし味くらべ(1,000円)2005年3月6日に日本橋三越の弁当大会で購入
Ebi Zushi Kanimeshi Ajikurabe (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

エビとカニを描いた正方形ふたつぶんのボール紙製容器を使用、ふたを開けると裏側に簡単なコラムが載る。その中にレンジ対応のプラ製食品トレーがふたつ入り、片方には酢飯の上に海老や山菜や椎茸が、もう片方には御飯の上に細かいカニほぐし身が、それぞれ載っている。いずれもしっかり硬く押されているのは加賀の伝統か。これに加えてプラ容器の形状により、中身の品質にかかわらず少々の味気なさを覚える。裏ぶたのコラムともども、何らかの強化策が欲しい感じ。2005年までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【終売】かにぼろワッパ(800円)2004年7月26日に金沢駅コンコース駅弁売店で購入
Kaniboro Wappa (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身

2004(平成16)年5月1日の登場。2001年に駅弁大会用として登場し駅売りのない「日本海かにちらし」の容器を、越前焼から経木枠のわっぱに替えて価格を650円下げたもので、中身はカニの爪と脚肉と炒り身(ぼろ)が錦糸卵などと一緒に酢飯の上に載せられるカニ弁当。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。2005年までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
※2004年9月補訂:写真の掲載
販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/