banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 加賀温泉(かがおんせん)駅2014年5月18日訪問Googleマップ
JR-West Kagaonsen Station

駅名標 駅舎 駅構内

大阪から特急で約2時間半の、加賀温泉郷の総合玄関口。山代、片山津、山中の著名温泉地への玄関口としてその地位を争った、動橋駅と大聖寺駅の役割を一本化するため、その両駅に挟まれた作見駅を1970(昭和45)年に改称し」整備した。駅弁は国鉄時代に今庄駅から移転してきた駅弁屋「高野商店」が、多種多様な商品を改札外売店で販売する。1944(昭和19)年10月1日開業、石川県加賀市作見町。

新幹線W7系かがやき弁当(1,300円)2015年1月10日に京王百貨店駅弁大会で購入
Shinkansen W7-kei Kagayaki Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

翌年3月の北陸新幹線開業に向けて、2014(平成26)年の秋に発売か。調製元は加賀温泉駅の駅弁屋であるが、東京で売られる際には金沢駅の駅弁として紹介。筆箱にも足りないとても小さなプラスティック製の容器には、北陸新幹線W7系電車の先頭車が描かれる。

中身は、酢飯を錦糸卵とカニとイクラで覆うもの。少量ながら味も見栄えもかがやき、留めゴムとプラ製の箸も付け、駅のコンビニで鉄道グッズを買うような感覚で買える駅弁かと思い、価格の高さを見てこれでは買えないなとも思った。2015年の春以降、新幹線開業以降には売られているのだろうか。

販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/

高野の笹寿し(740円)2005年1月3日に加賀温泉駅舎内駅弁売店で購入
Takano no Sasazushi

掛紙 外観 外観 中身

整った美しさを感じるデザインの紙箱に、方形の酢飯に小さな具を載せ笹で十字に包む北陸タイプの笹寿司が、たい2個とさけ3個の計5個入る。味は近隣の駅弁と変わらないと思うが、価格が倍の「出世寿し」と同様の読み物も印刷されて、掛紙タイプではないけれど持ち帰りたくなるパッケージが、一枚上の風味を出すだろう。価格は購入当時で700円、2015年時点で740円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/

柿の葉ずし(980円)2002年11月24日にどこかで購入
Kakinohazushi

掛紙 外観 外観 外観 中身

加賀温泉駅の柿の葉寿司駅弁。分厚いボール紙の枠と蓋を用いて輪ゴムで中身をしっかり押している容器をボール紙の立体パッケージに収納する。中身は具が大きい京都や奈良のものと異なり、多量の酢飯と小さな鯛・鮭・鯖の具を柿の葉で包んだものなので、より酢飯の味と柿の葉の香りを楽しめる。価格は購入当時で850円、2015年時点で980円。

※2015年9月補訂:値上げを追記
販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/

【終売】加賀手まり寿し(700円)2013年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kaga Temari-zushi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年の秋の発売。手まりを華やかな柄で彩るボール紙製パッケージに収まるプラ製の惣菜容器に、マス、エビ、タイの身を酢飯に貼り付けて丸めた手まり寿しが各2個ずつ収まる。飯と魚の間違いがなければ、うまいのは必然。安価もお手頃。価格は購入時点で680円、2014年4月の消費税率改定により700円。2年間ほどの販売か。

※2017年10月補訂:終売を追記
販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/

【終売】加賀かも池鴨鮨(1,100円)2008年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入Kaga Kamoike Kamozushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年の秋までに登場か。押寿司タイプの構造を持つ薄く小さな発泡材の長方形容器を、中身の写真やカモのイラストを描いたボール紙の立体パッケージに詰める。中身は酢飯の上に菊花や山菜を散らし、カモのローストを6切れ貼り付けるもの。鴨料理は肉のクセを消すために工夫を凝らすものだが、この駅弁は添付のタレをかけてもかけなくても臭味しかない。これがこの駅弁の特徴なのか、あるいは輸送販売の弊害か、単なる当たり外れかは、なんともいえない。2008年までの販売か。

※2015年9月補訂:終売を追記
販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/

【終売】笹寿し(900円)2002年2月3日に上野松坂屋駅弁大会で購入
Sasazushi (end of sales)

掛紙 外観 中身

現在のB5版の大きさになる前の全国版時刻表ほどの大きさのボール紙製容器の中に、笹で包んで紙帯を締めたエビ・鮭・鯛の一口サイズの押し寿司が合計8個入っている。つまり一112.5円換算。それぞれ、市販の切り餅の形をした酢飯の上に小さなネタが載るもので、もっとネタに大きさや量がないと見た目で寂しい気はするが味は絶品、口の中でネタも飯も溶けてゆく。現存しない模様。

※2017年10月補訂:終売を追記
販売駅
北陸本線 加賀温泉(かがおんせん)駅 1944(昭和19)年10月1日開業 石川県加賀市作見町
調製元
株式会社 高野商店 石川県加賀市小菅波町平50番地 0761(72)3311 http://www.obentou-takano.com/