banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 名古屋(なごや)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Nagoya Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分。名古屋市は愛知県の西部で伊勢湾に面する人口約230万人の城下町で、日本国内第三の大都市圏として製造業や商業で大いに栄える。駅弁は改札外コンコースや新幹線改札内で3社約50種が積まれ、地元や近隣の弁当なども加えて、こちらも大いに栄える。1886(明治19)年3月1日開業、愛知県名古屋市中村区名駅1丁目。

うな重(1,800円)2015年10月17日に名古屋駅新幹線改札内コンコース駅弁売店で購入
Unaju

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

名古屋駅の駅弁売店で見つけた、普通の鰻重の駅弁。タレ御飯にウナギ蒲焼きを並べ、守口漬や春雨サラダなどを添える。こういった普通のウナギ駅弁も、ウナギの高騰か嗜好の変化か、最近はあまり出会えなくなっているので、買って食べてほっとした。タレの味の強さ、焼き加減、身の柔らかさも、これもまた普通に良い感じ。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/

抹茶ひつまぶし日本一弁当(1,340円)2008年8月10日に名古屋駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Maccha Hitsumabushi Nipponichi Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身

上記駅弁の2008(平成20)年時点での姿。外観は変わらないが中身に小変化。白御飯がタレ御飯になり、守口大根も御飯の上に載り、模造茶葉が添えられ、ウナギの肝が付き、宣伝と食べ方のしおりがイラスト付きのカラフルな内フタに変わった。よく見ると外フタの宣伝文も書き直されている。

価格に加えて見栄えと知名度も上げており、あとは時を重ねれば駅弁としての名声を得るだろう。ただし、プラ製トレーを廃した結果、お茶漬けで食べることはできなくなった。価格は購入当時で1,200円、2015年時点で1,340円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/

抹茶ひつまぶし日本一弁当(1,100円)2002年2月17日に川崎さいか屋駅弁大会で購入
Maccha Hitsumabushi Nipponichi Bento

掛紙 外観 中身

2000(平成12)年の登場。強度と深さのある土産物のようなボール紙製正方形容器を使用、金帯を締めて封とする。中身は餅米を混ぜた白御飯に高菜を敷き鰻蒲焼を載せ、てん茶(砕く前の抹茶)を振りかけた名古屋名物ひつまぶしで、大根の漬物が添えられる。ひつまぶしは1膳目をそのまま、2膳目は薬味で、3膳目はだしでお茶漬けにするのが正しい食べ方で、それに対応して中身はプラスティックのトレーに入っている。

 これがなぜ「日本一」かを容器上部に墨書きで解説。日本一の生産地三河一色のうなぎ、日本一の抹茶生産地西尾のてん茶、日本一長い守口大根を使用したそうだ。この雰囲気と心意気は間違いなく日本一の駅弁だ。味も期待を裏切らない。2006年4月現在で価格は1,200円。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/
催事駅弁

【終売】抹茶ひつまぶし日本一弁当(特製どんぶり入)(1,680円)2015年1月10日に京王百貨店駅弁大会で購入
Maccha Hitsumabushi Nipponichi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

名古屋駅の名物駅弁「抹茶ひつまぶし日本一弁当」について、京王百貨店駅弁大会の50回を記念して、2015(平成27)年1月の同大会で、陶製の特製どんぶりで実演販売したもの。パッケージに小さく、丼の底に大きく、その事実が記される。中身は通常のものと同じであり、ここでは通常版も併売していた。価格は容器代のぶんだけ高くなるが、このほうがより鰻丼を食べている気分になれ、お茶漬けにもでき、いっそのこと現地版もこうすれば良いのにと思う優れもの。ふたはプラ製で、疑義駅弁の日本古窯弁当シリーズと同じもの。

調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/
催事駅弁

【終売】名古屋満載ひつまぶし釜めし(1,200円)2013年2月10日に鶴屋駅弁大会で購入
Nagoya Mansai Hitsumabushi Kamameshi (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年2月の鶴屋駅弁大会で実演販売されたお弁当。2012年発売の「名古屋城釜めし」(950円)の容器とパッケージをそのまま流用、タレ御飯の上を名古屋コーチン照り焼き、尾張牛どて煮、守口漬、山菜、うずらの卵、ひつまぶしにしては大きく刻んだウナギ蒲焼きで覆う。ウナギを抜くと名古屋城釜めしになる模様。名古屋城と家紋と騎馬の武士が現れる側面のデザインはお見事。

調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/

【終売】ひつまぶし釜飯(930円)2012年1月22日に京王百貨店駅弁大会で購入
Hitsumabushi Kamameshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2010〜2011年の駅弁大会シーズンに向けた投入か。2012年1月の京王百貨店駅弁大会では、三河安城駅の駅弁として販売されていた。陶製の釜飯駅弁向け容器にプラ製のふたをして、商品名と宣伝文を書いたボール紙で留める。中身は味付飯の上を錦糸卵で覆い、刻んだウナギ蒲焼、守口漬、ニンジン、シイタケ、ウナギの肝、ウズラのゆで卵、山菜などを散らすという、駅弁名どおりのひつまぶし。

名古屋駅のひつまぶし駅弁では最も有名な、同じ調製元の「抹茶ひつまぶし日本一弁当」とは、また違った感じの実力派だと感じたが、どうもこの駅弁は基本的に駅で見ることがない駅弁催事向け商品である模様。たしかに、こんな陶器を名古屋駅や東海道新幹線の車内で投棄されたら、たまったものではないのだろう。現地ではプラ製の釜を使った模様。2013年頃までの販売か。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 だるま 名古屋支社 愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 052(452)2101 http://nagoyadaruma.jp/

【終売】名代ひつまぶし(900円)2008年8月10日に名古屋駅改札外コンコース駅弁売店で購入
Nadai Hitsumabushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年までに登場か。白いトレーを詰めた長方形の発泡材容器にフタをせずラップをかけて、商品名を書いたボール紙の枠に収める。中身は鰻をタレ御飯と蒲焼の刻みとう巻き(蒲焼を玉子焼で巻いたもの)で入れるウナギづくし。タケノコや椎茸やゴボウの煮物や高菜なども入る。全体に少量だが、千円を切るウナギ駅弁は珍しく、味も良いお買い得商品。ただ、調製元は駅弁に関しては老舗だが、ウナギに関して老舗かどうかは分からない。2013年頃までの販売か。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 松浦商店 愛知県名古屋市中村区椿町5番17号 052(452)4506 http://www.obento-matsuura.co.jp/

【終売】櫃まぶし(1,050円)2006年9月10日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入
Hitsumabushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

2004(平成16)年12月の登場か。名古屋駅のひつまぶし駅弁のJRCP版。木桶の柄と型を持つ円形発泡材容器を、中身写真を載せたボール紙で左右から包む外観は見栄えがする。中身はタレ御飯に炒り卵をまぶして、細切りだがひつまぶしにしては大きく切ったウナギ蒲焼を少量載せて、奈良漬けを添える。刻み海苔とねりわさびをビニール袋で添付。これはもはや東海地方名物「ひつまぶし」ではなく、鰻重弁当だ。香りや食感は軟らかく、口の中でも映える。現存しない模様。

今回は利用機会の少ない新幹線ホーム上売店で駅弁を探したが、ラインナップはJRCP製ばかりで、販売員の応対は乱暴で感じが悪かった。ここでは改札外コンコースで駅弁を買うべし、と学習させられた感じ。改札外であれば3社の駅弁を横一列で選べるし、応対もしゃきしゃきしてる。コンビニ弁当や惣菜弁当へ浮気もできる。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 ジェイアール東海パッセンジャーズ 東京都中央区日本橋3−1−17 0120(919)212 http://www.jr-cp.co.jp/

【終売】うなぎ三昧(1,050円)2003年7月26日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入
Unagi Zanmai (end of sales)

掛紙 外観 中身

縦長な長方形の発泡材容器に掛紙兼用の紙蓋をかけて輪ゴムでしばる。中身は「鰻重」に鰻の「きも」、そして3種類の鰻の太巻きが「う巻」入った駅弁名どおりの鰻三昧。3つの味=三昧とも掛けている。ふっくら御飯に柔らかい鰻で、鰻重用の追加のタレが入っていないことくらいにしか非が打てない、価格もお手頃な鰻駅弁。

3業者がコンコースで横一列にショーケースを構える名古屋駅は、二度と同じ駅弁が買えないと言われたりもする、駅弁の新陳代謝が激しい駅。この駅弁も下の「うなぎ弁当」と価格と業者が同じなので、鰻駅弁のリニューアル版なのかもしれない。2007年頃までの販売か。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 松浦商店 愛知県名古屋市中村区椿町5番17号 052(452)4506 http://www.obento-matsuura.co.jp/

【終売】うなぎ弁当(1,050円)2003年1月3日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入
Unagi Bento

掛紙 外観 外観 中身

経木の正方形容器に経木のふたをして掛紙をかけて紙ひもでしばる駅弁らしい体裁。中身はタレ御飯に鰻蒲焼が4切れ載るだけの、やはり駅弁らしい内容。私が食べたものは鰻4切れ中2切れが皮の厚い、悪いイメージで語られる駅弁にありがちな鰻だったものの、残り2切れと御飯は良いイメージで語られる駅弁の美味しさがあった。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 松浦商店 愛知県名古屋市中村区椿町5番17号 052(452)4506 http://www.obento-matsuura.co.jp/