banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 長野(ながの)駅2011年6月19日訪問Googleマップ
JR-East Nagano Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間半。長野市は長野県の北部に位置する人口約38万人の門前町で、長野県の県庁所在地であり1998年の冬季五輪の開催地でもある。駅弁は2007年1月に国鉄時代からの駅弁屋が撤退、その後しばらくはNREの東京駅弁が売られた後、現在はNREが地元業者の駅弁を販売している。1888(明治21)年5月1日開業、長野県長野市末広町。

信濃路幕の内弁当(1,000円)2011年6月19日に長野駅新幹線改札内コンコース駅弁売り場で購入
Shinanoji Makunouchi Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2007(平成19)年6月に長野駅へ登場。長野県やいくつかのイラストを描いた専用のボール紙箱を使用、黒いプラ製トレーの6区画に詰まる中身は、山菜おこわ、栗おこわ、サトイモや高野豆腐などの煮物、牛肉とシメジのしぐれ煮にサーモン味噌焼、エリンギのフライと鶏えごま揚、地鶏照焼と玉子焼とあんずシロップ漬。特殊駅弁と呼ばないまでも、幕の内の定義からはみ出した好印象。調製元は長野市内の給食業者だが、これに仕出し弁当や惣菜弁当の雰囲気はなく、駅弁としての姿形と風格を備えていると思う。価格は2011年の購入当時で1,000円、2017年時点で1,100円。

※2017年10月補訂:値上げを追記
販売駅
信越本線 長野(ながの)駅 1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
調製元
株式会社 ちくま 長野県長野市篠ノ井小森428番地 026(292)0986 http://www.chikuma-f.com/

【終売】信濃の国食浪漫(1,100円)2011年6月19日に長野駅新幹線改札内コンコース駅弁売り場で購入
Shinano no Kuni Syokuroman (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

2009(平成21)年10月に長野駅へ登場。黒い正方形の発泡材容器に、おそらく信濃の名物を大量に描いたボール紙を巻く。黒いプラ製トレーの9区画に詰まる中身は、野沢菜おやき、豚角煮、サーモン味噌焼と玉子焼、ごま豆腐、高野豆腐とシメジ味噌和えと花ニンジン、日の丸御飯、野沢菜載せ御飯、野沢菜や小ナスなどの漬物、りんごのコンポートとあんずのシロップ煮。確かに信州が詰まっているし、おやきをそのまま駅弁に入れてくるとは驚いた。駅弁大会に出るほどではないが、旅先に置いてほしい山の味。2014年頃までの販売か。

※2017年10月補訂:終売を追記
販売駅
信越本線 長野(ながの)駅 1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
調製元
株式会社 ちくま 長野県長野市篠ノ井小森428番地 026(292)0986 http://www.chikuma-f.com/

【終売】信濃尽くし(900円)2011年6月19日に長野駅新幹線改札内コンコース駅弁売り場で購入
Shinano Zukushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2007(平成19)年の夏までに登場か。野山を拙く描いた専用のボール紙箱を使用、黒いプラ製トレーに収まる中身は、白御飯に信州サーモン粕漬け焼き、信州産福味鶏の信州味噌田楽、信州サーモン入りの玉子焼き、信州牛のしぐれ煮と野菜の彩り、信州林檎のコンポートなど。コンセプトや使用食材のこだわりがあるも、内容は幕の内駅弁らしいもの。

なお、この駅弁は調製元の破産により2012年3月30日までに終売となった模様。

販売駅
信越本線 長野(ながの)駅 1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
調製元
有限会社 吉美 長野県長野市青木島綱島519 026(284)1234

【掛紙】上等御辨當(35銭)1929年6月5日調製
Joto Obento

掛紙

1929(昭和4)年6月5日11時の調製と思われる、昔の長野駅弁の掛紙。鳩と寺院と欄干と提灯が描かれているので、おそらく善光寺を表していると思うのだが確証はない。また、調製印が3つも押されているのは面白い。

販売駅
信越本線 長野(ながの)駅 1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
調製元
中島屋弁当部 所在地の記載なし 774番

【掛紙】御飯(?円)調製年月日不詳
Gohan

掛紙

昭和30年代頃の調製と思われる、昔の長野駅弁の掛紙。ご飯とおかずが別容器の幕の内弁当の、御飯に付いていた掛紙だと思われる。文字以外には真っ白で何もない、駅弁に興味がなければ確実にゴミになりそうな紙切れ。

販売駅
信越本線 長野(ながの)駅 1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
調製元
株式会社 ナカジマ 弁当部 長野県長野市末広町 (2)2774

【掛紙】御弁当(100円)調製年月日不詳
Obento

掛紙

昭和30年代頃の調製と思われる、昔の長野駅弁の掛紙。地域の名産と思われる食材が7点ほど描かれる。上の御飯の掛紙とセット品かと思ったが、電話番号の桁数が異なるので、そうではない模様。

販売駅
信越本線 長野(ながの)駅 1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
調製元
株式会社 中島辨當店 長野県長野市末広町 2774番