banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


中部の駅弁長野県 > 長野駅 > 笹ずしの駅弁 (4種類収蔵)

←前は[長野駅鶏肉の駅弁] | 次は[長野駅信州職材の駅弁]→

JR東日本 信越本線 長野(ながの)駅 2011年6月19日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線「あさま」で約1時間半。長野市は長野県の北部に位置する人口約38万人の門前町で、長野県の県庁所在地であり1998年の冬季五輪の開催地でもある。駅弁は2007年1月に国鉄時代からの駅弁屋が撤退、その後しばらくはNREの東京駅弁が売られた後、現在はNREが地元業者の駅弁を販売している。1888(明治21)年5月1日開業、長野県長野市末広町。

笹巻き寿し(700円) 2011年6月19日に長野駅在来線改札内コンコース駅弁売り場で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 北陸タイプな正方形の押し寿司を5個、笹の葉と透明なシートで個別包装し、商品名と調製元を描いたボール紙の箱に詰めたもの。味は良い意味での並。しかし分量の割に高価だこと。調製元は富山県立山の土産物屋であるが、ここのマス寿司は不思議と長野県内の主要駅で売られている。

【信越本線長野(ながの)駅】1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
【株式会社あるぺん村(寿し工房大辻)】富山県中新川郡立山町日俣43−3 TEL:076(463)5065
 http://www.alpenmura.co.jp/susikoubo_ootsuzi/
【終売】笹ずし(740円) 2003年3月16日に長野駅橋上乗換通路駅弁屋台で購入

掛紙 外観
外観 外観 中身

 ワインか日本酒の小瓶が入りそうな手提げ付き紙袋を使用。中身は、正方形の酢飯に信濃雪鱒か紅鱒を載せた押し寿司を笹で包に、具を記した紙帯を締め惣菜寿司向けトレーに入れてビニール袋に詰めてある。味は北陸沿線の同種品と同じく美味いが、笹の若々しい緑色と肌触りが、駅弁を上品なものに仕上げている。一日半の日持ちがするのでお土産にも向きそう。

 なお、この駅弁は調製元の駅弁を含む食品事業撤退により、2007年1月末で終売となった。

※2007年2月補訂:終売を追記

【信越本線長野(ながの)駅】1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
【株式会社ナカジマ会館】長野県長野市青木島1丁目1−1 TEL:026(285)1800
 http://www.nakajimakaikan.co.jp/
【終売】川中島合戦笹ずし(980円) 2005年5月8日に長野駅跨線橋駅弁台売りで購入

掛紙 掛紙 外観 外観
外観 中身 中身

 NHK大河ドラマ「天と地と」放送に合わせて1969(昭和44)年に登場した、最近はちょっと影が薄い長野駅の昭和の頃の名物駅弁。蓋が二枚付くボール紙の長方形容器に白いトレーを入れる。そこに笹を敷き酢飯を詰め、手前左から椎茸、肉そぼろ、イクラ、富倉山菜炊、紅マス、野沢菜油炒の順番で具を載せる。本物の駅弁通はこの順番を覚えているとか。食事としての風味は並で見栄えとコンセプトで味を出す点は、昭和の頃の名物駅弁といった感じ。

 川中島合戦の故事にちなんだ笹ずしとのことだが、その関連はホームページでも現物でもよく分からない。川中島の合戦とは、1553年から1564年にかけて、甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信の戦国時代を代表する両雄が、長野県の川中島地区で5度も戦ったと言われるもの。特に1561(永禄4)年の第4次合戦は、時代を代表する決戦や激戦として、小説や番組などで今でも繰り返し取り上げられる。

 なお、この駅弁は調製元の駅弁を含む食品事業撤退により、2007年1月末で終売となった。

※2007年2月補訂:終売を追記
※2005年5月補訂:写真の掲載と解説文の全面改定

【信越本線長野(ながの)駅】1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
【株式会社ナカジマ会館】長野県長野市青木島1丁目1−1 TEL:026(285)1800
 http://www.nakajimakaikan.co.jp/
ますの寿し(1,100円) 2011年6月19日に長野駅在来線改札内コンコース駅弁売り場で購入

掛紙 掛紙
外観 外観 中身
中身 中身 中身

 新しい富山駅弁「ますのすし小丸」サイズの小さなマス寿司が1個、中身を大きく美しく印刷したボール紙の箱に入っている。味は良い意味での並。しかし分量の割にずいぶんと高価だこと。調製元は富山県立山の土産物屋であるが、ここのマス寿司は不思議と長野県内の主要駅で売られている。

【信越本線長野(ながの)駅】1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町
【株式会社あるぺん村(寿し工房大辻)】富山県中新川郡立山町日俣43−3 TEL:076(463)5065
 http://www.alpenmura.co.jp/susikoubo_ootsuzi/
←前は[長野駅鶏肉の駅弁] | 次は[長野駅信州職材の駅弁]→

2001年6月17日開設 2012年5月5日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.