banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 名古屋(なごや)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Nagoya Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で約1時間40分。名古屋市は愛知県の西部で伊勢湾に面する人口約230万人の城下町で、日本国内第三の大都市圏として製造業や商業で大いに栄える。駅弁は改札外コンコースや新幹線改札内で3社約50種が積まれ、地元や近隣の弁当なども加えて、こちらも大いに栄える。1886(明治19)年3月1日開業、愛知県名古屋市中村区名駅1丁目。

幕の内こだま(760円)2005年9月5日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入
Makunouchi Kodama

掛紙 外観 外観 中身 中身

東海道新幹線開業15周年を記念して、1979(昭和54)年に登場した並等幕の内駅弁。経木枠の長方形容器に名古屋城のイメージで描いたボール紙のフタをして、赤い紙帯で留める。中身は俵型御飯に焼鯖・蒲鉾・玉子焼と、鶏唐揚や鶏煮物、ササミフライやゴボウ煮物、昆布巻きやウグイス豆など。

名古屋駅弁でナンバーワンと評価する声も多い。特徴が無いことが特徴の幕の内弁当なのに、価格、内容、品質、分量その他あらゆる方向でバランスが取れており、これがファンを生んでいるか。同時に登場した上等幕の内駅弁「特製幕の内ひかり」は早くに消滅し、各種が出た「のぞみ」駅弁も今は昔。列車の利用は冴えない「こだま」が、駅弁では人気を保ち続ける。価格は購入当時で730円、2015年時点で760円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 松浦商店 愛知県名古屋市中村区椿町5番17号 052(452)4506 http://www.obento-matsuura.co.jp/

【掛紙】幕の内こだま(600円)1981年4月3日調製
Makunouchi Kodama

掛紙

1981(昭和56)年4月3日6時の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。東海道新幹線開業15周年を記念して、1979(昭和54)年に「特製幕の内ひかり」とペアで登場した駅弁。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
松浦商店 愛知県名古屋市中村区椿町5番17号 052(452)4506

【掛紙】幕の内こだま(600円)1981年7月25日調製
Makunouchi Kodama

掛紙

1981(昭和56)年7月25日17時の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。上の掛紙と絵柄は同じだが、駅弁屋の建て替えでもしていたのか、調製元の所在地が仮営業所となっている。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
松浦商店 愛知県名古屋市西区児玉町8丁目36番地 052(524)1795

【掛紙】幕の内こだま(600円)1982年10月31日調製
Makunouchi Kodama

掛紙

 1982(昭和57)年10月31日18時の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。上の1981年7月調製のものと価格やデザインは全く同じ。
販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 松浦商店 愛知県名古屋市西区児玉町8丁目36番地 052(524)1795

【掛紙】幕の内こだま(600円)1984年3月22日調製
Makunouchi Kodama

掛紙

1984(昭和59)年3月22日12時の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。現存する名古屋駅の並等幕の内駅弁だが、なぜか昔のこのデザインの掛紙が豊富に出回っているような気がする。東海道新幹線0系電車の先頭車が忠実に描かれている。

販売駅
東海道本線 名古屋(なごや)駅 1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
調製元
株式会社 松浦商店 愛知県名古屋市中村区椿町5番17号 052(452)4506
催事駅弁

【終売】こだま(850円)2015年1月10日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kodama (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年1月の京王百貨店駅弁大会で、大会の50回を記念して、東海道新幹線開通50周年にちなみ、50年前の駅弁の掛紙を復刻して販売した記念商品。掛紙は1964(昭和39)年10月1日、つまり新幹線開業日の調製印がある名古屋駅弁のものが、法令上必要な表記などを加えて、そのまま使用される。電車と路線図と東京五輪が描かれる。

中身は通常の「幕の内こだま」と同じ。厳密にはこの駅弁は、新幹線の開業時ではなく15年後に登場しているから、復刻したのは駅弁「こだま」ではなく当時の幕の内駅弁の掛紙である。この松浦商店の幕の内も、この会場で同時に販売された静岡駅弁の幕の内も、実需や駅弁のプロの間で高く高く評価される逸品だと感じるが、駅弁催事で映えるものでなく、実際に催事にはまず来ない。復刻掛紙の名目とはいえ、今回の京王はマニア心をくすぐった。

調製元
株式会社 松浦商店 愛知県名古屋市中村区椿町5番17号 052(452)4506 http://www.obento-matsuura.co.jp/