banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


中部の駅弁愛知県 > 名古屋駅 > その他幕の内の駅弁 (10種類・9枚収蔵)

←前は[名古屋駅幕の内こだま] | 次は[名古屋駅その他の駅弁]→

JR東海 東海道本線・中央本線・関西本線 名古屋(なごや)駅 2015年9月5日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線で約1時間40分。名古屋市は愛知県の西部で伊勢湾に面する人口約230万人の城下町で、日本第三の大都市圏として製造業や商業で大いに栄える。駅弁は改札外コンコースや新幹線改札内で3社約50種が積まれ、地元や近隣の弁当なども加えて、こちらも大いに栄える。1886(明治19)年3月1日開業、愛知県名古屋市中村区名駅1丁目。

復刻弁当(660円) 2010年12月11日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観 外観
中身 中身 中身

 2007年9月に名古屋駅新幹線改札外の駅弁実演販売コーナーで登場。「大正11年創業当時の掛紙」「昭和の御大典の掛紙」「時刻改正の掛紙」「国際観光年(1967年)の掛紙」を日替わりで使用する。今回は「時刻改正の掛紙」に該当し、そのデザインから時刻表が午前午後の12時制から現在の24時制に変わった1942(昭和17)年11月15日のダイヤ改正のものではないかと思う。

 中身は昔懐かしい味の幕の内弁当ということで、日の丸御飯に焼サバ、白身魚フライ、玉子焼、かまぼこ、牛肉炒め煮、シイタケやタケノコの煮物、栗豆、大根桜漬など。掛紙がどうであれ、安価なのにスキのない正統派の幕の内駅弁。下記「こだま」を代表として、この調製元の幕の内は、安いのにうまい。価格は購入当時で630円、2015年時点で660円。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線名古屋(なごや)駅】1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
【株式会社松浦商店】愛知県名古屋市中村区椿町5番17号 TEL:052(452)4506
 http://www.obento-matsuura.co.jp/
幕の内昭和(756円) 2012年9月17日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 2008年の発売か。不思議な路線図と名古屋城やテレビ塔などを描いたボール紙のパッケージを使用、黒いプラ製トレーには日の丸俵飯、サケ焼とかまぼこと玉子焼、白身魚フライ、しゅうまい、焼き鳥、牛しぐれ煮、ちくわ天、金時豆など。中身はその内容も姿も分量も、幕の内駅弁の定番と基本を押さえながら、少しだけ愛知県してる。価格は購入当時で680円、2015年時点で756円。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線名古屋(なごや)駅】1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
【株式会社だるま 名古屋支社】愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 TEL:052(452)2101
 http://nagoyadaruma.jp/
幕の内紅白(864円) 2013年1月1日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 2008年かそれ以前の登場か。仕出し弁当風の専用紙箱に収まる黒いトレーの中に、白御飯と赤飯の俵飯、焼きサバ、かまぼこ、玉子焼、カボチャやサトイモなどの煮物、山菜、うの花、インゲンのごま和え、春雨、ピーナッツ煮、桃とチェリーなど。駅弁ではまず見ないうの花(おから)が入ることが印象的。

 上の「幕の内昭和」と何が違うのかと思って公式サイトを見ると、揚げ物のない幕の内弁当という位置付けだそうな。元日に購入したため、この日や時期のために目出度い駅弁を売っているのかと思ったら、そうではなく一年中この名前と姿で買える模様。価格は購入当時で750円、2015年時点で864円。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線名古屋(なごや)駅】1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
【株式会社だるま 名古屋支社】愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 TEL:052(452)2101
 http://nagoyadaruma.jp/
【終売】だるま弁当(800円) 2003年12月20日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 上州高崎の同名の駅弁が有名だが、こちらは「だるま」という駅弁業者が出す幕の内弁当の意味。正八角形の発泡材容器にだるまを描いたボール紙のふたをかける。中身は俵飯7個に焼魚(鰆)、蒲鉾、玉子焼の幕の内駅弁三種の神器、エビフライに帆立に昆布巻に煮物が少々、という構成。現存しない模様。

 名古屋にはかつて特殊駅弁という用語でくくられた特色ある駅弁が数十種もあるので、駅弁を楽しみたい時に買う駅弁ではないが、幕の内が(で)良い場合には、基本性能が高くお茶を付けても千円以下となるこの駅弁が有力な選択肢となるはず。

 エビフライが入っている点に名古屋を感じるが、これはタレントのタモリが「えびふりゃ〜」と名古屋ギャグのネタにして一世を風靡(ふうび)したとかでなんとなく名古屋名物っぽくなったらしい。実際に、名古屋の海老の世帯年間消費量は全国平均と差がないとか。

【東海道本線名古屋(なごや)駅】1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
【株式会社だるま 名古屋支社】愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 TEL:052(452)2101
 http://nagoyadaruma.jp/
名駅まんぷく弁当(930円) 2012年4月29日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 2011年の発売か。商品名とお品書きと名古屋駅ビルを描いたボール紙製パッケージには、日の丸俵飯を収めた黒いプラ製トレーと、ソース味のチキンカツとエビフライ、鮭西京焼と玉子焼とかまぼことつくね、シイタケやカボチャなどの煮物、あんかけ風パスタ、小倉サンド風ドッグ、柴漬けなどを収めた黒いプラ製トレーが入る。JRCPっぽい東京風の素っ気なさを見せながら、個性をさらりと突っ込んで名古屋らしさに染め上げた、幕の内タイプの駅弁。価格は購入当時で900円、2014年4月の消費税率改定により930円。

 パッケージに振り仮名付きで記され、駅弁の名前の一部になっている「名駅(めいえき)」は、名古屋人限定の名古屋駅の呼び名であり、名古屋駅の所在地やその周辺の地名である。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線名古屋(なごや)駅】1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
【株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズ】東京都中央区日本橋3−1−17 TEL:0120(919)212
 http://www.jr-cp.co.jp/
【終売】東海紀行味ごのみ(950円) 2003年12月31日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙
外観 外観 中身

 名古屋駅の幕の内弁当のJRCP版。広重「東海道五十三次」鳴海の絵を描いた紙箱に黒いトレーを入れて、食品表示のシールで封をする。中身は幕の内駅弁なので俵飯に各種のおかずという構成なのだが、そのおかずが骨付鶏、さざえ壺焼、エビフライ、鰻蒲焼とけっこう豪華でデザートにういろうも付いており、それでいて大都市駅の幕の内駅弁なのに千円を切る価格が付けられている。2004年頃までの販売か。

※2015年10月補訂:終売を追記

【東海道本線名古屋(なごや)駅】1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
【株式会社ジェイアール東海パッセンジャーズ】東京都中央区日本橋3−1−17 TEL:0120(919)212
 http://www.jr-cp.co.jp/
松浦特製幕の内なごや(1,030円) 2012年9月16日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 名古屋駅の幕の内弁当の松浦商店版。正八角形の容器の半分に俵飯を、半分におかずとして、タケノコやシイタケなどの煮物、玉子焼に紅白のかまぼこ、焼きサバにチキンロール、アナゴ八幡巻に有頭海老、カニカマフライに磯扇フライなどを詰める。眺めて食べて美しい正統派の幕の内駅弁。「幕の内こだま」がカジュアルならば、こちらはフォーマル。価格は購入当時で1,000円、2014年4月の消費税率改定により1,030円。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線名古屋(なごや)駅】1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
【株式会社松浦商店】愛知県名古屋市中村区椿町5番17号 TEL:052(452)4506
 http://www.obento-matsuura.co.jp/
【終売】特選かきつばた幕の内弁当(1,000円) 2005年9月5日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 名古屋駅の無名なJRCP版上等幕の内駅弁。カキツバタの花を描いた長方形ボール紙容器を使用、中身は日の丸俵飯に焼鮭・蒲鉾・玉子焼、白身魚フライに鶏竜田揚、菜の花にゴボウにてまり串に煮物や付合せの各種など。意外と言っては失礼だが高品質な幕の内駅弁で、新幹線の車中食としても酒のつまみとしても使える出張の友。現存しない模様。

 カキツバタは日本全国に分布するアヤメ科の多年草。愛知県の県花で、伊勢物語に収録される在原業平の歌が知立市で詠まれたり、刈谷市のカキツバタ自生地が国の天然記念物に指定されたり、名古屋駅ホーム大阪側のうどん・そば屋が「麺亭かきつばた」であったり、名古屋競馬に重賞レース「かきつばた記念」があるなど、愛知や名古屋に縁がある植物。

【東海道本線名古屋(なごや)駅】1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
【株式会社 ジェイアール東海パッセンジャーズJ20】東京都中央区日本橋3-1-17 TEL:0120(919)212
 http://www.jr-cp.co.jp/
【終売】だるまの幕の内弁当(1,000円) 2003年12月22日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙
外観 外観 中身

 名古屋駅の幕の内弁当のだるま版。黒塗りのトレーを黒地花柄の紙箱に入れて高級感を漂わせるが、蓋を開けると生のボール紙が見えてしまうのはマイナス。

 中身は正に幕の内駅弁。俵飯に鰆の焼魚と身厚な蒲鉾と金色の玉子焼、海老焼売に鶏照焼に帆立や各種煮物、ポテトフライに茎わかめにデザートにはオレンジという内容で、地域色はないが実力のある駅弁。名古屋の駅弁にはみそカツや鶏の他にも具の種類が多いという特徴があるので、その点では名古屋を表現しているか。現存しない模様。

【東海道本線名古屋(なごや)駅】1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
【株式会社だるま 名古屋支社】愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 TEL:052(452)2101
 http://nagoyadaruma.jp/
【終売】幕の内名古屋めし(1,100円) 2010年12月11日に名古屋駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 2007年6月の新作だそうな。9区画の正方形のプラ製容器を、中身と駅弁名を賑やかに描いたボール紙の枠にはめる。中身はひつまぶしことウナギの小片を載せたタレ御飯と、錦糸卵を載せたとりめし、天むす、みそかつ、手羽先、きしめんサラダ、みそおでんこと煮玉子、どて、ういろう、守口漬。これのどこが「幕の内」なのかと思うが、見た目で確かな名古屋ないし愛知。よそ者には厳しい味や食べ方についても容赦ない。2013年頃までの販売か。

※2015年10月補訂:終売を追記

【東海道本線名古屋(なごや)駅】1886(明治19)年3月1日開業 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目
【株式会社だるま 名古屋支社】愛知県名古屋市中村区亀島2−1−1 TEL:052(452)2101
 http://nagoyadaruma.jp/
【掛紙】鉄道殉職者祭典(?銭) 調製年月日不詳

昔の駅弁掛紙

 戦前の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。蒸気機関車の動輪をデザインしたマークに「鉄道殉職者祭典」「名古屋鉄道局」とあり、その祭典の際に販売または配布された弁当だろうか。
【掛紙】上等御辨當(35銭) 調製年月日不詳

昔の駅弁掛紙

 戦前の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。描かれているのは名古屋城と熱田神宮か。
【掛紙】御辨當(30銭) 1932年8月17日調製

昔の駅弁掛紙

 1932(昭和7)年8月17日18時の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。名古屋城公開の案内チラシを兼ねている。前年2月11日に初めて内部が一般公開された名古屋城は、当時も多くの観光客を集めていただろう。1945(昭和20)年5月の空襲で焼失し、現在の建物は1959(昭和34)年10月に再建されたもの。
【掛紙】國民精神總動員御辨當(30銭) 1938年8月9日調製

昔の駅弁掛紙

 1938(昭和13)年8月9日7時の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。凛々しく描かれる名古屋城の天守は、この掛紙で國民精神の總動員を呼び掛けた太平洋戦争により、1945(昭和20)年5月14日の空襲で焼失した。14年後の1959(昭和34)年に鉄筋鉄骨コンクリート造で再建。
【掛紙】上等御辨當(35銭) 1939年2月19日調製

昔の駅弁掛紙

 昭和(または大正)14年2月19日11時の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。描かれているのは名古屋城と熱田神宮か。
【掛紙】御弁当(200円) 1972年5月18日調製

昔の駅弁掛紙

 1972(昭和47)年5月18日6時の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。実際に製作したのだろうか、信長・秀吉・家康の木工人形を縦列に並べる。それに「郷土英雄人形」のタイトルが付くが、信長と秀吉はともかく家康を名古屋の英雄としていいのかとは思う。
【掛紙】御弁当(300円) 1972年12月29日調製

昔の駅弁掛紙

 1972(昭和47)年12月29日9時の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。徳川の家紋と名古屋城天守閣の墨絵を描いたデザインは、三十年の時を経ても全く色褪せていない感じを受ける。
【掛紙】御料理・御はん(?円) 調製年月日不詳

昔の駅弁掛紙 昔の駅弁掛紙

 1973年の調製とされる昔の名古屋駅弁の掛紙。あるいは駅弁屋が調製し市中向けに販売したお弁当か仕出し弁当かもしれない。「御料理」「御はん」の掛紙だけでは何も分からない。
【掛紙】御弁当(300円) 1973年5月27日調製

昔の駅弁掛紙

 1973(昭和48)年5月27日5時の調製と思われる、昔の名古屋駅弁の掛紙。価格やデザインは1972年12月のものと全く同じである。
←前は[名古屋駅幕の内こだま] | 次は[名古屋駅その他の駅弁]→

2001年6月17日開設 2014年5月5日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.