banner 汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。

JR東海・JR西日本 亀山(かめやま)駅2017年2月25日訪問Googleマップ
JR-Tokai and JR-West Kameyama Station

駅名標 駅舎 駅構内

名古屋駅から関西本線の電車で1時間強。亀山市は三重県の北部に位置する人口約5万人の宿場町で、鉄道の要衝、ろうそくの生産、液晶工場の立地で知られる。国鉄時代からの駅弁屋が1996年頃に撤退したため、現在は駅弁の販売はないが、当時の駅弁屋が今も駅前に店舗を構え、そこで当時の駅弁と同じ弁当が買える。1890(明治23)年12月25日開業、三重県亀山市御幸町。

名物志ぐれ茶漬(900円)2017年2月25日に亀山駅の駅前商店で購入
Meibutsu Shigure Chazuke

掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

昭和30年代に駅弁として登場した、亀山駅の元駅弁屋さんのお弁当。駅弁として現役だった頃は、全国で唯一の茶漬け駅弁だった。当時の駅弁屋は駅から撤退したが、今でも体裁や中身は当時のものと同じだそうで、現在は要予約と紹介されるものの、駅真向かいの売店兼軽食店に行けばその場で作ってもらえる。駅ホームまで届けてくれるサービスが実施されているという情報もある。

真っ黒で耐水性のあるプラ製の容器を使用、御飯の上に味の濃い桑名あさりしぐれ煮が、刻み海苔や紅生姜と一緒に載っている。そのまま食べると辛味が強いため、お茶漬けにして食べるのがベスト。昔懐かしいポリ容器のお茶を、ひとつ100円で売ってくれる。

亀山は、名古屋と奈良と大阪を結ぶ関西本線が伊勢へ行く参宮線を分けていた駅で、神宮参拝が国民の義務であった頃は職員と旅客で賑わい、現在でもその名残でホームが3面5線もある。戦後も千人の国鉄職員を抱える拠点駅で、昭和30年代には5分の停車時間に200個の茶漬が売れるほどだったそうだが、近鉄特急の隆盛で京都や大阪と伊勢を結ぶ列車は廃止、国鉄伊勢線(現在の伊勢鉄道)の開通で紀勢本線の特急が来なくなり没落、しかし関西本線の電化により毎時約1本の電車で名古屋と結ばれ、地元の利用者はまだそこそこある。

外観 外観 外観 中身 中身 中身

お茶付きの写真は、このとおり。

販売駅
関西本線 亀山(かめやま)駅 1890(明治23)年12月25日開業 三重県亀山市御幸町
調製元
有限会社 いとう弁当店 三重県亀山市御幸町182−2 0595(82)1225

名物志ぐれ茶漬(850円)2003年12月20日に亀山駅の駅前商店で購入
Meibutsu Shigure Chazuke

掛紙 外観 外観 中身 中身

亀山駅の名物駅弁の、2003(平成15)年時点での姿。黒いプラ製の容器が丸い。こちらが駅弁として現役当時の姿に近いらしい。中身や味が変わるものではない。当時の価格は850円。

※2017年3月補訂:新版の収蔵で解説文を整理
※2015年8月補訂:値上げを追記
販売駅
関西本線 亀山(かめやま)駅 1890(明治23)年12月25日開業 三重県亀山市御幸町
調製元
有限会社 いとう弁当店 三重県亀山市御幸町182−2 0595(82)1225

【掛紙】お結び弁當(100円)調製年月日不詳
Omusubi Bento

掛紙

昭和30年代の調製と思われる、昔の亀山駅弁の掛紙。価格の印字がなければ戦前のものに見える古風な絵柄は「保示堂」を描いているようだが、これは何だろうか。

販売駅
関西本線 亀山(かめやま)駅 1890(明治23)年12月25日開業 三重県亀山市御幸町
調製元
伊藤弁當店 所在地の記載なし 40番