banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 松阪(まつさか)駅2013年1月1日訪問Googleマップ
JR-Tokai Matsusaka Station

駅名標 駅舎 駅構内

名古屋から近鉄特急またはJR快速「みえ」で1時間強、近鉄山田線とJR紀勢本線が接続しJR名松線を分けるターミナル。松阪市は三重県中部で伊勢湾に面した人口約16万人の城下町で、主に工業の街だが日本一の銘柄牛「松阪牛」の主要産地として名高い。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋「あら竹」が改札口の脇で1番ホームと改札外に面した小売店を構え、雑貨に加え主に牛肉の駅弁を販売する。1893(明治26)年12月31日開業、三重県松阪市京町。

元祖特選牛肉弁当(1,350円)2013年1月1日に松阪駅改札脇売店で購入
Ganso Tokusen Gyuniku Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

国鉄紀勢本線全通記念として1959(昭和34)年7月15日に登場した国内初の牛肉駅弁で、現在は米沢や神戸など全国各地で見られる同種駅弁の元祖。独特の牛顔と特大の駅弁マークを描いた大きめなボール紙の容器にトレーを入れる。中身はたくさんの白御飯と、独自開発のタレを絡めた牛ステーキが長方形の容器を占め、他はフライドポテトなど数点のみのシンプルな駅弁。

発売当時は日本最高額の駅弁で、現在でも高額な部類に入る。牛ステーキはとても柔らかく、割り箸のみでナイフを添付しないところに駅弁屋さんの自信を感じる。価格は購入当時で1,260円、2015年時点で1,350円。

※2015年8月補訂:値上げを追記
※2014年5月補訂:写真の更新と車販情報の削除
※2006年4月補訂:写真の再更新
※2005年10月補訂:車販情報を追記
※2005年3月補訂:写真の更新
販売駅
紀勢本線 松阪(まつさか)駅 1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
調製元
株式会社 新竹商店 三重県松阪市日野町729−1 0598(22)4350 http://www.ekiben-aratake.com/

【掛紙】元祖特選牛肉弁当(1,260円)2006年1月15日に京王百貨店駅弁大会で購入
Ganso Tokusen Gyuniku Bento

掛紙 掛紙

2006(平成18)年1月15日に購入した、松阪駅弁のパッケージ。7年後のものとほぼ同じ。当時の表面には「MATSUSAKA BEEF」の文字があった。

販売駅
紀勢本線 松阪(まつさか)駅 1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
調製元
株式会社 新竹商店 三重県松阪市日野町729−1 0598(22)4350

【掛紙】元祖特選牛肉弁当(1,260円)2014年1月19日に京王百貨店駅弁大会で購入
Ganso Tokusen Gyuniku Bento

掛紙 掛紙

2014(平成26)年1月19日に購入した、松阪駅弁の掛紙。掛紙に書かれるとおり、1993(平成5)年10月20日のお座敷列車「ふれあいみちのく」の走行写真を使用。前年2013(平成25)年12月10日から使い始めた、鉄道掛け紙第10弾。

販売駅
紀勢本線 松阪(まつさか)駅 1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
調製元
株式会社 新竹商店 三重県松阪市日野町729−1 0598(22)4350

【掛紙】元祖特選牛肉弁当(1,260円)2013年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Ganso Tokusen Gyuniku Bento

掛紙 掛紙

2013(平成25)年1月12日に購入した、松阪駅弁の掛紙。同年3月21日に6両2編成がデビューする予定の、近鉄50000系特急電車「しまかぜ」のイラストを使用した掛紙を、通常の紙箱にぴったり貼り付けていた。個室、和室、グループ席、軽食堂、接客係という、日本の独立採算鉄道では過去40年間屍累々の要素を、伊勢志摩ライナーでも懲りたはずの近鉄がまた挑戦するとは驚いた。前年2012(平成24)年10月から使い始めた、鉄道掛け紙第7弾。

販売駅
紀勢本線 松阪(まつさか)駅 1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
調製元
株式会社 新竹商店 三重県松阪市日野町729−1 0598(22)4350

【掛紙】元祖特選牛肉弁当(1,260円)2012年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入
Ganso Tokusen Gyuniku Bento

掛紙

2012(平成24)年1月20日の調製である、松阪駅弁の掛紙。この時の冬季限定掛紙として、通常のボール紙箱容器を包む形で、紀勢本線を走る団体専用列車の写真を印刷した掛紙を巻いていた。JR東海の管内ではもはや走ることが許されない、ディーゼル機関車と客車との組合せである。前年2011(平成23)年12月から使い始めた、鉄道掛け紙第4弾。

販売駅
紀勢本線 松阪(まつさか)駅 1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
調製元
株式会社 新竹商店 三重県松阪市日野町729−1 0598(22)4350

復刻版元祖牛肉弁当(1,400円)2010年1月9日に京王百貨店駅弁大会で購入
Fukkokuban Ganso Gyuniku Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

紀勢本線の全通50周年、イコール元祖特選牛肉弁当の誕生50周年を記念して、2009年の駅弁の日である4月10日から年末まで販売された記念駅弁。翌年1月の京王百貨店駅弁大会で早くも復刻駅弁の復刻販売が行われた。さらに3月には期間を限定しない販売の継続が行われている。

正方形の発泡材枠容器を二段に重ねて、列車の写真を掲載した掛紙で包む。中身は下段が日の丸御飯と少々のたくわん、上段が牛肉1枚と玉子焼、シイタケ煮、カマボコ、五目豆、ナバナ醤油漬、ミカン、フーセンガム。発売当時の内容をおおむね復刻している。味は通常版と変わらない。価格は発売時や購入当時で1,380円、2015年時点で1,400円。

この掛紙は第3弾として、2009(平成21)年7月15日から使用されたもの。DF50形式ディーゼル機関車が寝台特急「紀伊」を紀勢本線で牽引する姿が映っている。いずれも薄幸の車両であり列車であり、前者は1980(昭和55)年までに紀勢本線から撤退、後者は1984(昭和59)年に廃止されている。

※2015年8月補訂:値上げを追記
販売駅
紀勢本線 松阪(まつさか)駅 1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
調製元
株式会社 新竹商店 三重県松阪市日野町729−1 0598(22)4350 http://www.ekiben-aratake.com/

【掛紙】復刻版元祖牛肉弁当(1,380円)2010年1月15日に京王百貨店駅弁大会で購入
Fukkokuban Ganso Gyuniku Bento

掛紙

2010(平成22)年1月15日の調製である、松阪駅弁の掛紙。中身や価格は上記「復刻版元祖牛肉弁当」と同じで、掛紙が第5弾として2009(平成21)年9月20日から使用されたもの。C51形式蒸気機関車が客車を牽引して鉄橋を渡る姿が映っている。架線柱が見えるのは近鉄線が平行して走っているからであり、紀勢本線は現在でも電化されずディーゼル車両が走っている。

販売駅
紀勢本線 松阪(まつさか)駅 1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
調製元
株式会社 新竹商店 三重県松阪市日野町729−1 0598(22)4350

【掛紙】元祖松阪名物特撰牛肉弁当(300円)1971年1月31日調製
Ganso Matsusaka Meibutsu Tokusen Gyuniku Bento

掛紙

1971(昭和46)年1月31日の調製と思われる、昔の松阪駅弁の掛紙。過去の写真を見ると、当時の容器や見栄えや中身は、現在の牛肉弁当というより牛肉入り幕の内弁当という雰囲気で、掛紙の使用や、この掛紙に残る容器の輪郭もそんな印象。

販売駅
紀勢本線 松阪(まつさか)駅 1893(明治26)年12月31日開業 三重県松阪市京町
調製元
株式会社 あら竹弁当店 所在地の記載なし 05982(2)4350