banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

【終売】御寿司(320円)2006年9月8日に京都駅ホーム上駅弁売店で購入
Osushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

京都駅在来線ホームに生息していた、昭和の昔の普通寿司駅弁の生き残り。透明なプラ製容器に太巻き3切れ、伊達巻寿司1切れ、タラ?のばってら2切れと魚すり身のばってら2切れを詰めて、生姜を添えて割りばしと共に輪ゴムでしばる。その容器に平成はおろか新幹線時代とも思えない、うおへん(さかなへん)が付く漢字や付いてはならない商品名漢字を敷き詰めたデザインの薄い掛紙を巻いて、さらに輪ゴムでしばる。

他の駅では昔も今も、普通寿司駅弁イコール助六寿司と考えてよいが、ここのものは伊達巻があったり、ばってらのネタがすり身であったり、内容も風味もひと味違う。好みでなくても妙に感心する、土地と調製元の個性の塊。駅や駅弁屋の所在地表記も、よそ者には使いこなせない個性の塊。

なお、萩の家の駅弁は、2008年9月までに在来線改札内から売店が消え、2010年9月に新幹線改札内から商品が消え、同年12月に売店も閉店してしまい、今では駅で買うことができなくなっている。

※2011年1月補訂:販売現況を追記
販売駅
東海道本線 京都(きょうと)駅 1877(明治10)年2月6日開業 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
調製元
株式会社 萩の家 京都府京都市下京区東洞院通七条下ル二丁目東塩小路町847 075(361)1301

【終売】あゆ寿司(530円)2009年1月4日に京都駅新幹線上りホーム上駅弁売店で購入
Ayuzushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

京都駅で昭和の頃から売られていた、鮎寿司の駅弁。八角形の経木折に同じ形の経木でふたをかけ、商品名や保津川の渓流を描いた同じ形の掛紙を被せ、ひもで十字にしばる。中身はアユの姿寿司がまるごと1匹分、かわいらしいサイズを半身にして腹側から割いて2匹分に見せて、木の葉型の酢飯に押し付ける。アユ駅弁として割安なのに風味良好、分量もほどほど。

鮎寿司の駅弁は、かつては本州や九州の渓流地ではどこにでも存在していたが、今やすっかり懐かしい存在。生臭く酸っぱい味はどう考えても現代的ではないし、鮎駅弁で知られた駅弁屋はなぜか、次々に廃業や倒産へ追い込まれている気がする。

なお、萩の家の駅弁は、2008年9月までに在来線改札内から売店が消え、2010年9月に新幹線改札内から商品が消え、同年12月に売店も閉店してしまい、今では駅で買うことができなくなっている。

※2011年1月補訂:販売現況を追記
販売駅
東海道本線 京都(きょうと)駅 1877(明治10)年2月6日開業 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
調製元
株式会社 萩の家 京都府京都市下京区東洞院通七条下ル二丁目東塩小路町847 075(361)1301

【掛紙】あゆ寿司(500円)調製年月日不詳
Ayuzushi

掛紙

1980年代頃の調製と思われる、昔の京都駅弁の掛紙。昭和時代やそれ以前の京都駅弁の掛紙で、京都らしさのないデザインは珍しいかもしれない。

販売駅
東海道本線 京都(きょうと)駅 1877(明治10)年2月6日開業 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
調製元
合名会社 萩の家 京都府京都市下京区東洞院通七条下ル二丁目東塩小路町847 075(361)1301

【終売】鯖壽司(640円)2009年2月25日に京都駅駅弁売店で購入
Sabazushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

写真のとおり、サバの棒寿司が1本。経木枠の箱に収まり、木版でふたをして、写真もイラストも何もない掛紙をかけられて、ひもで十字にしばられる。風味は値段が3倍の高額高級鯖寿司駅弁に比べれば、サバの分量や弾力は劣るものの、この値段なのに食べられる仕上がりで、少々の臭みがある古風な味。

鯖街道という名称はどうも、第二次大戦後の造語である模様だが、京の都には日本海側から様々なルートで鯖その他の魚介類が運ばれ、海の幸が市民に提供されてきた。鯖寿司は主に祭りでのご馳走として作られたそうで、江戸時代からの老舗が今も街中に存在する。駅弁としては敦賀や米子に負けているが、ここにはこの駅弁が存在しておくべきである。

なお、萩の家の駅弁は、2008年9月までに在来線改札内から売店が消え、2010年9月に新幹線改札内から商品が消え、同年12月に売店も閉店してしまい、今では駅で買うことができなくなっている。

※2011年1月補訂:販売現況を追記
販売駅
東海道本線 京都(きょうと)駅 1877(明治10)年2月6日開業 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
調製元
株式会社 萩の家 京都府京都市下京区東洞院通七条下ル二丁目東塩小路町847 075(361)1301

【終売】あなご寿し(800円)2009年2月25日に京都駅駅弁売店で購入
Anagozushi (end of sales)

掛紙 外観 中身 中身 中身

写真のとおり、アナゴの棒寿司が1本、経木枠の箱に収まり、木版でふたをして、写真もイラストも何もない掛紙をかけられて、ひもで十字にしばられる。風味は値段が2倍の高額高級鯖寿司駅弁に比べれば、アナゴの柔らかさや口の中に広がる風味に劣るものの、この値段なのに食べられる仕上がり。ただ、京都とアナゴに縁はあまりないような気がする。

なお、萩の家の駅弁は、2008年9月までに在来線改札内から売店が消え、2010年9月に新幹線改札内から商品が消え、同年12月に売店も閉店してしまい、今では駅で買うことができなくなっている。

※2011年1月補訂:販売現況を追記
販売駅
東海道本線 京都(きょうと)駅 1877(明治10)年2月6日開業 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
調製元
株式会社 萩の家 京都府京都市下京区東洞院通七条下ル二丁目東塩小路町847 075(361)1301