banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

【終売】大阪七菜味(ななみ)すし(1,200円)2010年1月23日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Osaka Nanami Sushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年9月頃に登場し、同年10月の農林水産省近畿農政局「地産地消駅の弁当メニューコンテスト」で近畿農政局長賞を受賞した8作品のひとつ。和歌を描いた雅な発泡材容器を使用、駅弁名と宣伝文を書いた茶色い掛紙を巻き、ラップでまるごと包む。中身はれんこんすし、きんぴら錦糸すし、しろないなり、タケノコの細巻き、タマネギの酢漬け、高野豆腐やシイタケや鶏肉などの煮物、シシトウ。

四季の地場野菜を使ったという奇抜な野菜寿司は、高価で少量だし、食べてうまいものではないかもしれないが、不思議と雅な感じが漂う気がする。なお、この駅弁は駅弁業者の事業停止により、2010年4月19日までに失われてしまった。

販売駅
東海道新幹線 新大阪(しんおおさか)駅 1964(昭和39)年10月1日開業 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
東海道本線 大阪(おおさか)駅 1874(明治7)年5月11日開業 大阪府大阪市北区梅田3丁目
調製元
株式会社 水了軒 大阪府大阪市淀川区野中北1丁目16−16 06(6150)4137

【終売】大阪すし(750円)2007年8月12日に新大阪駅在来線改札内コンコース駅弁売店で購入
Osaka Sushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

大阪駅伝統の駅弁。経木枠の箱の中に太巻き4切れと伊達巻1切れ、それにアナゴ、エビ、タイ、鮭、昆布の箱寿司がそれぞれ1切れずつ入る。関西の伝統的な食文化の一端を詰めて、地味に地道に郷土の味を伝える、駅弁の鑑。この内容で売られ続けることを願いたい。単に食事としても機能的だし、常温で普通にうまい。

なお、この駅弁は駅弁業者の事業停止により、2010年4月19日限りで失われてしまった。

※2010年4月補訂:終売を追記
販売駅
東海道新幹線 新大阪(しんおおさか)駅 1964(昭和39)年10月1日開業 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
東海道本線 大阪(おおさか)駅 1874(明治7)年5月11日開業 大阪府大阪市北区梅田3丁目
調製元
株式会社 水了軒 大阪府大阪市淀川区野中北1丁目16−16 06(6150)4137

【終売】鯛すし(820円)2003年1月21日に京王百貨店駅弁大会で購入
Tai Sushi (end of sales)

掛紙 外観 中身

細長いボール紙のパッケージに鯛の棒寿司が入る、とてもシンプルな駅弁。癖のない程良い堅さと柔らかさを持つ酢飯と鯛はなかなかのもので、無駄なところにお金を掛けない実用本位の駅弁か。

なお、この駅弁は駅弁業者の事業停止により、2010年4月19日限りで失われてしまった。

※2010年4月補訂:終売を追記
販売駅
東海道新幹線 新大阪(しんおおさか)駅 1964(昭和39)年10月1日開業 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
東海道本線 大阪(おおさか)駅 1874(明治7)年5月11日開業 大阪府大阪市北区梅田3丁目
調製元
合資会社 水了軒 大阪府大阪市淀川区野中北1丁目16−16 06(6150)4137

【掛紙】大阪名物小鯛すし(250円)1970年10月26日調製
Osaka Meibutsu Kodai Sushi

掛紙

1970(昭和45)年10月26日の調製と思われる、昔の大阪駅弁の掛紙。大阪万博の年の駅弁掛紙。個性的なデザインと共に、その紙の形状も個性的。

販売駅
東海道新幹線 新大阪(しんおおさか)駅 1964(昭和39)年10月1日開業 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
東海道本線 大阪(おおさか)駅 1874(明治7)年5月11日開業 大阪府大阪市北区梅田3丁目
調製元
合資会社 水了軒 大阪府大阪市北区芝田町34 (372)2391

嵯峨野(?円)2003年11月3日におそらく新大阪駅で購入
Sagano

掛紙 外観 外観 中身

正八角形の発泡材容器を薄い掛紙で覆いマジックカットと食品表示シールで留める。中身は穴子・鮭などの寿司に伊達巻、煮物が少々、鶏唐揚に蒲鉾など、コンセプトを感じられない組み合わせ。少量かつ見栄えがせず、味は悪くないが密閉状態の容器により水分が逃げられなかったためか食感はいまいち。

これで価格が安くなければがっかり系駅弁となるが、この商品も「紅がら御膳」と同様に駅構内JR系売店で販売される駅弁もどき弁当と思われるため、駅弁として考察するには適さないかもしれない。少なくとも寿司は、容器の交換で寿司屋の実力が生きるかも。

販売駅
東海道新幹線 新大阪(しんおおさか)駅 1964(昭和39)年10月1日開業 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
調製元
株式会社 吉野 大阪府大阪市東淀川区東中島1−9−15 06(6379)0151

【掛紙】御壽司(20銭)1936年9月23日調製
Osushi

掛紙

昭和(または大正?)11年9月23日8時の調製と思われる、昔の大阪駅弁の掛紙。こちらもやはり工業都市のデザイン。上の掛紙と同じ調製日と思われる。

販売駅
東海道本線 大阪(おおさか)駅 1874(明治7)年5月11日開業 大阪府大阪市北区梅田3丁目
調製元
水了軒 所在地の記載なし 640番