banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 米子(よなご)駅2010年7月31日訪問Googleマップ
JR-West Yonago Station

駅名標 駅舎 駅構内

新大阪駅から新幹線と特急「やくも」を乗り継いで約3時間。米子市は鳥取県の西端で日本海と中海に面した人口約15万人の城下町で、県庁所在地でないにもかかわらず商業都市として山陰地方を代表する都市のひとつとなっている。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が「吾左衛門鮓」シリーズなどの駅弁を販売。1902(明治35)年11月1日開業、鳥取県米子市弥生町。

米屋吾左衛門鮓鯖四貫(980円)2010年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Komeya Gozaemonzushi Saba 4-kan

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

吾左衛門鮓のハーフサイズ。商品名のとおり、昆布に巻かれたサバの棒寿司を4切れ分、発泡材枠の小箱に詰めてラップで巻いて、竹皮の柄を印刷したボール紙で包み、商品名を書いた掛紙を巻く。分量に加えて開けやすさやつまみやすさでも、通常版よりはるかに車中での消費に向く感じ。味は当然に、通常版と同じ。

販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/

山陰吾左衛門寿し本舗鯖(1,250円)2013年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
San-in Gozaemonzushi Honpo Saba

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身 中身

吾左衛門鮓の1人前サイズ。紙箱にも赤い文字で「一人前」と書かれる。さらにこちらは名称が「山陰吾左衛門寿し本舗」である。中身は通常版と変わらず、完璧にそのままの姿と味で縮小コピーされていた。価格は購入当時で1,100円、2015年時点で1,250円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

【掛紙】吾左衛門寿し 鯖(1,774円)2004年12月30日に米子駅で予約購入
Gozaemonzushi Saba

掛紙 掛紙

2004年12月30日の調製である、米子駅弁のパッケージ。2008年8月までは現在の「吾左衛門鮓」ではなく「吾左衛門寿し」と表記されていた。読み方は同じ。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。

販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/

【掛紙】米屋吾左衛門鮓(こめやござえもんずし)鯖(1,774円)2009年2月11日に上野松坂屋駅弁大会で購入
Komeya Gozaemonzushi Saba

掛紙 掛紙

2009年2月11日の調製である、米子駅弁のパッケージ。商品の名前がシリーズごと変わると共に、色彩も青系に変わっている。

販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/

米屋吾左衛門鮓(こめやござえもんずし)鯖(1,950円)2010年11月14日にピアゴイセザキ店で購入
Komeya Gozaemonzushi Saba

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

1978(昭和53)年に登場した米子駅の名物駅弁で、駅弁大会の常連。鳥取米ヤマヒカリの酢飯と境港のサバを合わせて北海道日高産の昆布で巻き、竹皮でくるんでビニールで密封し、ボール紙の容器に収納している。食べるときは付属のプラスティック製ナイフで切り分ける。パッケージ表面に「一〜二人前」と書かれるとおり、分量も価格も味の良さもひとりぶんではなく、お土産として持ち帰り自宅で食べるのが便利だろう。アメリカ・ロサンゼルスでも発売されているらしい。価格は購入当時で1,774円、2015年時点で1,850円、2016年6月から1,950円。

吾左衛門鮓の駅弁としての歴史は30年ほどであるが、郷土料理あるいは弁当としての歴史は江戸時代に遡ることが、パッケージ底面の記載事項で分かる。1716(享保元)年頃に鳥取藩の命令で年貢米の取扱と船での運搬を行った米屋吾左衛門の妻が、船員のために作った弁当なのだそうな。

※2016年7月補訂:値上げを追記
※2015年10月補訂:値上げを追記
※2011年8月補訂:写真の更新
※2011年2月補訂:旧版の写真削除に伴う解説文の手直し
販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/

吾左衛門の燻し寿司 鯖(2,000円)2005年11月19日にイトーヨーカドー立場店駅弁大会で購入
Gozaemon no Ibushi Zushi Saba

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身

2005年の登場か。鯖棒寿司1本を板に載せラップで巻いて竹皮で包み、針金入りビニールバンドで留めてビニール袋に入れて、ナイフやしおりと共に紙箱に収めるのは、吾左衛門シリーズの共通仕様。ワインに合うように燻製技術を導入しバルサミコをふんだんに使い、醤油ではなくバルサミコとペッパーを添付する変わり者。風味は確かに通常版と異なるし、なんとも形容しがたい。価格は購入当時で1,869円、2015年時点で2,000円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/

米屋吾左衛門鮓鯖江戸風(1,900円)2011年10月3日に米子空港ターミナルビル内観光売店で購入
Komeya Gozaemonzushi Saba Edo-fu

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

昆布が白板になっている以外、容器も内容も価格も通常版と変わらないと思うが、パッケージを読むと酢も違うらしい。今回の味は酢締め鯖と焼鯖の中間にあるミディアムレアな焼魚という感じ。江戸を名乗っているが、東京で売られるものとも違う。価格は購入当時で1,890円、2015年時点で1,900円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/