banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 米子(よなご)駅2010年7月31日訪問Googleマップ
JR-West Yonago Station

駅名標 駅舎 駅構内

新大阪駅から新幹線と特急「やくも」を乗り継いで約3時間。米子市は鳥取県の西端で日本海と中海に面した人口約15万人の城下町で、県庁所在地でないにもかかわらず商業都市として山陰地方を代表する都市のひとつとなっている。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が「吾左衛門鮓」シリーズなどの駅弁を販売。1902(明治35)年11月1日開業、鳥取県米子市弥生町。

米屋吾左衛門鮓鯖鱒厚切り四貫(1,100円)2011年1月22日に京王百貨店駅弁大会で購入
Komeya Gozaemonzushi Saba Masu Atsugiri 4-kan

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

米子駅弁の吾左衛門鮓シリーズの、「鯖四貫」の別バージョン。こちらではマスの黒昆布巻、マスの白昆布載せ、サバの黒昆布巻、サバの白昆布載せの4切れが収まる。食べれば昆布も分厚い魚も臭みと旨みを持つ定評の味。

販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/

吾左衛門寿し 寿し絵巻(1,260円)2008年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入
Gozaemonzushi Sushi Emaki

掛紙 外観 中身 中身

2008年1月の京王百貨店駅弁大会で実演販売されていたもので、それまでに現地でも登場している模様。下記「吾左衛門寿し」シリーズのマスが2切れにカニ、サバ、タイ各1切れ、それに特別に追加と言いながら会期中ずっとやっていたらしいタイもう1切れが、カットされてプラ製トレーに収まる。通常版はそのままでは手軽に消費できない包装と分量だが、これならば催事場でも道中でも食べやすい、吾左衛門寿しファン待望の一品。

販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/

【終売】吾左衛門寿し 鯵(1,354円)2004年11月7日に小田急百貨店藤沢店駅弁大会で購入
Gozaemonzushi Aji (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身

米子駅弁「吾左衛門寿し」のアジ版で、シリーズ中で一番安いもの。美しい紙箱に入った和紙風ビニール袋の中の、ラップと笹の葉で包まれた状態で、酢飯の上に身の厚いアジを載せて昆布を巻いた棒寿司が入っている。下記「漬け鯵」と入れ替わりに終売か。

神奈川県の大船や小田原を筆頭に、鯵寿司の駅弁はそこそこ存在するが、アジの棒寿司とは珍しく、駅弁では唯一の存在か。百貨店などの駅弁催事での実演販売では、調製元のブースに吾左衛門寿しが全種類積まれ、お客さんを待っている。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/

吾左衛門寿し 漬け鯵(1,800円)2008年1月20日に京王百貨店駅弁大会で購入
Gozaemonzushi Zukeaji

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身

吾左衛門寿シリーズの2007年の新作。包装や構造は他のシリーズと同じで、具が漬けダレに浸したアジになっている。中身は確かにアジだったが、風味や食感は定番のサバと同じ感じ。このシリーズに埋もれてしまうと思うが、これは沼津の「港あじ鮨」と共に、誰にもうまいと言わせる鯵寿司駅弁の代表格だと思う。価格は発売時や購入当時で1,470円、2015年時点で1,600円、2016年6月から1,800円。

※2016年7月補訂:値上げを追記
※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/

吾左衛門寿し 蟹(1,950円)2003年2月15日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Gozaemonzushi Kani

掛紙 外観 外観 外観 外観 中身

米子英弁「吾左衛門寿し」のカニ版。美しい紙箱に入った和紙風ビニール袋の中の、ラップと笹の葉で包まれた状態で、酢飯の上にカニ足を惜しみなく載せて昆布を巻いた棒寿司が入っている。そのためかなりの高価格であるが、カニをこの形で酢飯と合わせるのはあまり向いていないのかもしれない。冬期限定の土産物系駅弁。価格は購入当時で1,580円、2015年時点で通年販売の1,800円、2016年6月から1,950円。

※2016年7月補訂:値上げを追記
※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/

吾左衛門寿し 鯛(2,700円)2004年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
Gozaemonzushi Tai

掛紙 外観 外観 外観 外観 中身

米子駅弁「吾左衛門寿し」のタイ版。毎日無予約で現地販売される駅弁としては一時期、日本一高価であったと思われる。美しい紙箱に入った和紙風ビニール袋の中の、ラップと竹皮で包まれた状態で、酢飯の上に鯛の身を惜しみなく載せた棒寿司が入っている。旅の道中のお弁当というより土産物だろう。内容量は450グラムとたっぷり。価格は購入当時で2,572円、2014年4月の消費税率改訂により2,650円、2016年6月から冬春限定の2,700円。

※2016年7月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 米子(よなご)駅 1902(明治35)年11月1日開業 鳥取県米子市弥生町
調製元
株式会社 米吾 鳥取県米子市奈喜良248−4 0859(26)1511 http://www.komego.co.jp/