banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 三島(みしま)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Mishima Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号で1時間弱。三島市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約11万人の三嶋大社の門前町かつ東海道の宿場町で、富士の湧水を活かした工業都市でもある。駅弁は隣の沼津駅で明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1934(昭和9)年12月1日開業、静岡県三島市一番町。

JR東海 沼津(ぬまづ)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Numazu Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号と普通列車を乗り継いで約1時間。沼津市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約19万人の港町かつ東海道の宿場町で、駿河湾の水産物と水産加工業と観光で賑わう。新幹線の開業前は鉄道の要衝でもあった。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1889(明治22)年2月1日開業、静岡県沼津市大手町1丁目。

港あじ鮨(960円)2006年7月30日に三島駅駅弁売店で購入
Minato Aji Zushi

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身

2003(平成15)年4月22日の登場。沼津駅や三島駅で、一番人気の駅弁。青い立体紙箱に長方形の小さな紙箱を収める。中身は酢締めの鯵の握りをワサビの葉で包んだ「にぎわい鮨」とシソの葉で巻いた「ぬまづ鯵鮨」が3個ずつと、鯵の切身を太巻とした「鯵わい太巻き」2個が入るもの。おろし金付きの天城山生ワサビに2個の醤油が付いており、本格的なわさび醤油でいただけるもの。3〜4月は「春限定」として、シソ巻きが桜の葉巻きに変わる。

「沼津あじ寿司」を沼津のブランド商品にと普及活動を進めるために2002年11月に官民合同で設立された「沼津あじ寿司のれん会」の公認商品第1号ということで、味の保証はもちろん、宣伝活動にも力が入る。三島駅と沼津駅の駅弁売店の他に、新宿と箱根や沼津を結ぶ小田急ロマンスカー車内でも購入可能。価格は購入当時で850円、2015年時点で910円、2017年時点で960円。

※2017年4月補訂:値上げを追記
※2015年10月補訂:値上げを追記
※2014年5月補訂:春限定版の存在を追記
※2006年11月補訂:写真の更新
※2004年11月補訂:パッケージの掲載と写真の更新
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【掛紙】港あじ鮨(850円)2004年10月9日に沼津駅改札脇駅弁売店で購入
Minato Aji Zushi

掛紙

2004(平成16)年10月9日の調製と思われる、沼津駅弁のパッケージ。上の2年後のものと同じ構造と大きさを持つが、駅弁マークがなく、その代わりに「平成十五年度燦々ぬまづ大賞 最高賞受賞」のマークが付いている。

販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154

沼津香まだい寿司(1,050円)2012年12月21日に三島駅南口駅前の仮設駅弁売店で購入
Numazu Kaori Madai Zushi

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年3月1日の発売。ただし6〜9月は販売休止。容器は沼津駅弁のヒット商品「港あじ鮨」と同じような構造で、あちらの青に対してこちらは赤。ワサビ入りの酢飯を、マダイの昆布と炙りで覆い、ガリのパックと本わさびのカットを添える。白身魚の無味無臭と、その柔らかすぎず固すぎない食感がとても上品。価格は購入当時で1,020円、2014年4月の消費税率改定により1,050円。

三島駅の表側である南口の駅舎は、1934(昭和9)年に丹那トンネルの開通により現在地へ事実上移転(旧・三島駅を下土狩駅へ改称)した際に、富士山と三嶋大社をイメージして建てられた。以後約80年、戦争を経ても、新幹線ができても、旅の駅から通勤通学の駅に変わっても、鉄道省が国鉄を経てJRに変わり、JR東海のカラーに塗り替えられても、そのままの構造を保ってきた。

しかし耐震化を理由に2011年から2012年にかけて解体、2013年8月に新築された。まだ昭和の建物であるためか、解体を惜しむ声は聞かれなかった。また、新しい駅舎も平屋建てで規模がほぼ同じであること、屋根の形状などで旧駅舎を模したうえ平面レイアウトがほぼ変わらないこと、すでに駅サイン類などがJR東海カラーで厚化粧されていたこと、駅前に道路や樹木が多く駅舎の全景を意識できないことなどから、まるで建て替えに気が付かないくらい、変わった感じがない。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

桜えびめし(1,000円)2006年7月30日に三島駅駅弁売店で購入
Sakuraebi Meshi

掛紙 外観 外観 中身 中身

絵柄は地味な青く広い長方形の専用紙箱に黒いトレーを入れる。中身は桜えびの炊込御飯に桜えびをふりかけ、桜えびのかき揚げや海老唐揚や鶏唐揚、煮物に焼き魚に玉子焼やよもぎ麩など。桜えびを取り入れて地域色満点な幕の内駅弁という感じで、著名駅弁の名脇役としていつまでも存続してほしいもの。2015年時点でも、同じ姿と価格で販売されている。

※2015年10月補訂:現況を追記
※2006年11月補訂:写真の掲載と解説文の全面改定
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】二色(にしき)まぐろ重(980円)2008年1月19日に京王百貨店駅弁大会で購入
Nishiki Maguro Ju (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身

京王百貨店駅弁大会での実演販売に向けた、2008(平成20)年1月の登場。長方形の小さく浅い発泡材容器に、海鮮系駅弁でも具山盛りタイプでもないのになぜか透明な上げぶたをして、これを葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」の中で最も有名な1枚「神奈川沖浪裏」から波だけ転記したボール紙の枠にはめる。中身は酢飯を浅く敷いて、その上にマグロの漬けを揚げたものと、それをさらにタレにくぐらせたものを載せる。

実演販売での購入なので、現地の味とは違うかもしれないが、マグロのここまでの油っぽさと味の濃さはどうかと思う。また、東京の人に「まぐろ重」と言えば、刺身か漬けを期待されそうな気もする。会場では千葉駅の「勝浦鰹のたたき漬け炙り盛り」と競っていたが、賑わう牛肉対決の脇でどちらも駅弁山積みの客待ち状態だったような。翌年の京王百貨店駅弁大会でも販売され、そこで終売か。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】奥駿河の磯ちらし(700円)2002年3月9日に三島駅駅舎内駅弁売店で購入
Okusuruga no Isochirashi (end of sales)

掛紙 外観 中身

発泡材の枠にプラスティックのトレーを蒸着した廃棄物減量容器を使用、ボール紙製パッケージも容器を押さえる分だけの幅しかない。中身は酢飯の上にカニ・エビ・タコ・鯖・刻み椎茸・錦糸卵・きゅうり・刻み海苔・とびっこなどを無秩序かつきらびやかに敷き詰めたちらしずし。味もなかなか。価格は購入当時で580円、2015年時点で700円。定番の商品であったが、2015年で終売か。同年に「ふじのくに浜ちらし」という駅弁が誕生している。

※2017年4月補訂:終売を追記
※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/