banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


中部の駅弁静岡県 > 三島駅 > 沼津駅 > うなぎの駅弁 (2種類収蔵)

←前は[三島沼津港の駅弁] | 次は[三島沼津鶏の駅弁]→

JR東海 東海道新幹線・東海道本線 三島(みしま)駅 2015年9月5日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線こだま号で1時間弱。三島市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約11万人の三嶋大社の門前町かつ東海道の宿場町で、富士の湧水を活かした工業都市でもある。駅弁は隣の沼津駅で明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1934(昭和9)年12月1日開業、静岡県三島市一番町。

JR東海 東海道本線・御殿場線 沼津(ぬまづ)駅 2015年9月5日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 東京駅から新幹線こだま号と普通列車を乗り継いで約1時間。沼津市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約19万人の港町かつ東海道の宿場町で、駿河湾の水産物と水産加工業と観光で賑わう。新幹線の開業前は鉄道の要衝でもあった。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1889(明治22)年2月1日開業、静岡県沼津市大手町1丁目。

清流うなぎ(1,880円) 2006年5月20日に沼津駅改札脇駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 2006年の登場か。重箱状に組み上げた黒いボール紙製容器に同色同素材のフタをして、商品名その他の文句を書いた掛紙をかけて、割り箸を載せて紙ひもでしばる。中身はつまり鰻重。駅弁屋が三島名物をうたう清流うなぎの蒲焼きが、白御飯の上に載る。

 いつもの習慣で、駅弁売店で未購入駅弁をあるだけ買い込み、あとで価格を見たら1,500円と書いてあり、当時の感覚では高くてびっくり。しかしうなぎの風味や食感がとてもあっさりしていて、清楚で優しい感じがした。購入時の価格のハードルさえ越えられれば、購入者から評価を得られるかもしれない。2015年時点での価格は1880円で、他の駅のウナギ駅弁と比べてむしろ安め。

※2015年10月補訂:値上げを追記

【東海道本線三島(みしま)駅】1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
【東海道本線沼津(ぬまづ)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
【株式会社桃中軒】静岡県沼津市千本港町24番地 TEL:055(963)0154
 http://www.tochuken.co.jp/
【終売】東海道宿場丼(600円) 2002年3月9日に三島駅駅舎内駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身

 東海道五十三次の400年を記念して2001年に登場。ファストフード牛丼屋の牛丼弁当のような断熱容器を、最近の駅弁らしくイラストやデザインの美しいボール紙製パッケージに入れる。中身は汁気たっぷりのこわめしの上に、非常に甘くやはり水気たっぷりの炒り卵を敷き詰め、少量の刻んだ鰻蒲焼を載せて、その香りをすっかり消す付け合わせを添えている。

 中身のコンセプトは記されていないが、レストランでできたてを食べるならともかく、少なくとも冷めた状態で食べられる弁当にするものではなさそうだ。購入後ほどなく終売となった模様。

【東海道本線三島(みしま)駅】1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
【東海道本線沼津(ぬまづ)駅】1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
【株式会社桃中軒】静岡県沼津市千本港町24番地 TEL:055(963)0154
 http://www.tochuken.co.jp/
←前は[三島沼津港の駅弁] | 次は[三島沼津鶏の駅弁]→

2001年6月17日開設 2009年4月18日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.