banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 三島(みしま)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Mishima Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号で1時間弱。三島市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約11万人の三嶋大社の門前町かつ東海道の宿場町で、富士の湧水を活かした工業都市でもある。駅弁は隣の沼津駅で明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1934(昭和9)年12月1日開業、静岡県三島市一番町。

JR東海 沼津(ぬまづ)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Numazu Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号と普通列車を乗り継いで約1時間。沼津市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約19万人の港町かつ東海道の宿場町で、駿河湾の水産物と水産加工業と観光で賑わう。新幹線の開業前は鉄道の要衝でもあった。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1889(明治22)年2月1日開業、静岡県沼津市大手町1丁目。

清流うなぎ(1,880円)2006年5月20日に沼津駅改札脇駅弁売店で購入
Seiryu Unagi

掛紙 外観 外観 中身 中身

2006(平成18)年の登場か。ただし、沼津駅には以前にも、ウナギ駅弁があったはず。重箱状に組み上げた黒いボール紙製容器に同色同素材のフタをして、商品名その他の文句を書いた掛紙をかけて、割り箸を載せて紙ひもでしばる。中身はつまり鰻重。駅弁屋が三島名物をうたう清流うなぎの蒲焼きが、白御飯の上に載る。

いつもの習慣で、駅弁売店で未購入の駅弁をあるだけ買い込み、あとで価格を見たら1,500円と書いてあり、当時の感覚では高くてびっくり。しかしうなぎの風味や食感がとてもあっさりしていて、清楚で優しい感じがした。2015年時点での価格は1,880円で、他の駅のウナギ駅弁と比べてむしろ安め。ところが2016年時点で2,800円へ暴騰し、全国最高額のウナギ駅弁になった模様。

※2017年4月補訂:値上げを追記
※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】東海道宿場丼(600円)2002年3月9日に三島駅駅舎内駅弁売店で購入
Tokaido Syukuba Don (end of sales)

掛紙 外観 中身

東海道五十三次の400年を記念して、2001(平成13)年に登場。ファストフード牛丼屋の牛丼弁当のような断熱容器を、最近の駅弁らしくイラストやデザインの美しいボール紙製パッケージに入れる。中身は汁気たっぷりのこわめしの上に、非常に甘くやはり水気たっぷりの炒り卵を敷き詰め、少量の刻んだ鰻蒲焼を載せて、その香りをすっかり消す付け合わせを添えている。

中身のコンセプトは記されていないが、レストランでできたてを食べるならともかく、少なくとも冷めた状態で食べられる弁当にするものではなさそうだ。購入後ほどなく、終売となった模様。

販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/