banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 三島(みしま)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Mishima Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号で1時間弱。三島市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約11万人の三嶋大社の門前町かつ東海道の宿場町で、富士の湧水を活かした工業都市でもある。駅弁は隣の沼津駅で明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1934(昭和9)年12月1日開業、静岡県三島市一番町。

JR東海 沼津(ぬまづ)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Numazu Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号と普通列車を乗り継いで約1時間。沼津市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約19万人の港町かつ東海道の宿場町で、駿河湾の水産物と水産加工業と観光で賑わう。新幹線の開業前は鉄道の要衝でもあった。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1889(明治22)年2月1日開業、静岡県沼津市大手町1丁目。

ぶたのみそ仕込み弁当(830円)2017年4月1日に沼津駅の改札脇の駅弁売店で購入
Buta no Miso Jikomi Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2012(平成24)年7月15日の発売。2014(平成26)年9月1日のリニューアルというが、変化はほぼなかった模様。長方形の容器に白御飯を詰め、伊豆みそを原料とした特製のタレに漬けてから焼いた、三島育ちの「恵比寿豚」の肉で覆い、漬物などを添える。食べれば味噌味な普通の豚丼駅弁。静岡ないし伊豆の名産とされるワサビを、練りワサビとワサビ漬で、容器も袋も使わずに入れており、東京駅で買える駅弁とは違うことをアピールしたような感じ。価格は発売やリニューアルの当時で780円、2017年の購入時点で830円。

販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

富嶽あしたか牛すき弁当(960円)2011年1月8日に沼津駅改札脇駅弁売店で購入
Fugaku Ashitaka Gyusuki Bento

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

下記「長泉旬便り 冬うらら」に続く、静岡県駿東郡長泉町の特産品を使用した駅弁の第2弾として、2009年9月4日に登場。これもJAなんすんこと南駿農業協同組合と長泉町の協力と書かれている。

薄い木に紙を貼り合わせた長方形の容器に透明なふたをして、駅弁の名前と宣伝文を描いた白いボール紙で巻く。中身は白御飯の上に「あしたか牛」の牛すき煮と牛そぼろ煮を載せ、しらたき、煮玉子、ブロッコリー、ニンジンを添えるもの。駅弁の名前どおりのすきやき弁当。甘辛で程良い赤身と固さがある牛肉に食が進む。価格は購入当時で930円、2014年4月の消費税率改定により960円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

桃中軒とり重(720円)2008年8月9日に三島駅前の弁当売店で購入
Tochuken Toriju

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年に下記「地鶏どん」をリニューアル。中身の構成は同じだが、丸い容器が四角くなり、ボール紙枠の大きさは倍くらい、鶏照焼の分量は3倍くらいになり、価格は20円の値上げ。名前負けしているけれど、味はおいしいので、庶民的に良質な鶏飯駅弁として、もうちょっと名が広まってもよいと思う。価格は購入当時で700円、2014年4月の消費税率改定により720円。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】赤ワイン漬け特撰とんかつ弁当(1,180円)2008年8月9日に三島駅前の弁当売店で購入
Aka Wine Zuke Tokusen Tonkatsu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2008(平成20)年1月までに登場か。正方形の黒い専用ボール紙箱に白ゴマ振り白御飯、静岡県富士宮市を中心に飼育されているという朝霧ヨーグル豚(トン)を使用した白身魚フライのような形状をしたトンカツ1本、コールスローと柴漬け、八丁味噌やゴマなどを入れた自家製ソースを詰める、シンプルな内容。

どろソースのような添付のソースはうまいし肉にも合う。しかし昔のトンカツのような脂肪塊の多さと、そこも加えた肉の柔らかさ、つまり脂が豊かすぎる風味には賛否がありそうな印象。それ以前にこの価格のトンカツ弁当に売店で手が伸びるかどうか。発売1年くらいで終売か。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】地鶏どん(680円)2006年5月20日に沼津駅改札脇駅弁売店で購入
Jidori Don (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2005(平成17)年末頃のリニューアル発売か。楕円形発泡材容器に透明なフタをして、三日月型の窓が開くボール紙の枠にはめる。中身は鶏炊込飯の上に鶏そぼろ、鶏照焼、炒り卵を載せて、海苔を振りかけて紅生姜と野沢菜を添える鶏丼。

駅弁として見れば、地域色は感じないし、見栄えや容器こそ素っ気ない。しかし鶏照焼スライスと鶏そぼろに締まりがあり、飯もうまく、炒り卵も手作り感いっぱい。高崎・大館・折尾などの駅弁とは別の意味での素晴らしさを感じる鶏駅弁。2008年に上記「とり重」へリニューアル。

※2009年3月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/