banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 三島(みしま)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Mishima Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号で1時間弱。三島市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約11万人の三嶋大社の門前町かつ東海道の宿場町で、富士の湧水を活かした工業都市でもある。駅弁は隣の沼津駅で明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1934(昭和9)年12月1日開業、静岡県三島市一番町。

JR東海 沼津(ぬまづ)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Numazu Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号と普通列車を乗り継いで約1時間。沼津市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約19万人の港町かつ東海道の宿場町で、駿河湾の水産物と水産加工業と観光で賑わう。新幹線の開業前は鉄道の要衝でもあった。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1889(明治22)年2月1日開業、静岡県沼津市大手町1丁目。

鯛めし(760円)2016年10月8日に沼津駅改札脇駅弁売店で予約購入
Tai Meshi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

明治の末期に沼津駅で誕生した、歴史のある駅弁。味付飯に甘い鯛そぼろを敷き、タイ西京焼、はんぺん磯部揚、チキンボール、柴漬け、抹茶わらび餅、わさび漬の袋、醤油を添える。20世紀を通して、鉄道の要衝であった沼津駅の、そして新幹線の駅ができた三島駅の名物駅弁であった。今も飾らない姿で、安価にて売られている。

販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】鯛めし(650円)2003年6月8日に沼津駅ホーム上そば屋で購入
Tai Meshi (end of sales)

掛紙 外観 中身

沼津駅と三島駅の名物駅弁「鯛めし」の、2003(平成15)年時点の姿。静岡駅や小田原駅の同種の駅弁と違い、ここの鯛飯は鯛そぼろで御飯を覆うのではなく、ミニカップに別添えとしていた。おかずは鶏唐揚・肉団子・ミニトマト。価格は購入当時で650円、2015年時点で700円。

※2016年10月補訂:新版の収蔵により解説文を全面改訂
※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【掛紙】鯛めし(650円)2000年8月26日におそらく沼津駅で購入
Tai Meshi

掛紙

2000(平成12)年8月26日の調製と思われる、昔の沼津駅弁の紙蓋。3年後のものとデザインは同じであるが、よく比較すると、法令の相次ぐ強化が駅弁掛紙に与えた影響がよく分かる。

販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154

【掛紙】鯛めし(35銭)調製年月日不詳
Tai Meshi

掛紙

戦前の調製と思われる、昔の沼津駅の駅弁掛紙。大海を背景に波の上で跳ねる鯛を描いているが、目と口の位置関係やヒレの位置形状に人間っぽさが感じられるユーモラスな絵柄だと思う。

販売駅
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
桃中軒 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

鯛のおにぎり(320円)2015年9月5日に沼津駅の改札脇の駅弁売店で購入
Tai no Onigiri

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年4月10日の発売。スーパーで使われるような発泡材のトレーに、鯛飯のおにぎりをふたつはめて、香の物を添えて、ラップをあてて、竹皮で包み、赤い掛紙を巻く。タイは飯に混ぜているようだが、どうも少量すぎて、味も香りも感じられないのは価格相応か。中身はスーパーの惣菜という感じで、外観の見栄えは楽しい軽食駅弁。

販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】桃中軒のサンドウィッチ(480円)2006年7月30日に三島駅改札外駅弁売店で購入
Tochuken no Sandwich (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

従前の「桃中軒のミックスサンドイッチ」を、2005(平成17)年の秋頃にリニューアルしたものか。ぐっとレトロになった紙箱の中身は、ハムサンド2切れ、チーズサンド1切れ、ツナサンド1切れに、あしたか牛コンビーフサンド1切れ。価格を70円も上げたが、駅弁サンドイッチとしては改善感がある。野菜がないのは相変わらずだが、これも駅弁サンドイッチらしい姿。2009年頃までの販売か。

あしたか牛とは、静岡県東部1市2町を管轄する南駿農業協同組合が1997年から手掛けるブランド黒毛和牛。しかし生産農家はわずか9戸で販売頭数も年間約200頭弱、人気の前に知名度さえ薄い状態で、駅弁での使用もコンビーフになってしまっているが、農協では地道な努力を続けている。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】桃中軒のミックスサンドイッチ(410円)2003年8月29日に三島駅新幹線ホーム上売店で購入
Tochuken no Mix Sandwich (end of sales)

掛紙 外観 中身

新幹線三島駅ホームで購入した、駅弁屋さんのサンドイッチ。紙箱の中にツナサンド・ハムサンド・チーズサンドが2切れずつ入る。外観は現代的だが中身は野菜のない昔ながらの内容。汽車に長時間揺られて移動した世代の旅行者は、道中の野菜不足を考えて葉緑素を持参していたとか。

販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/