banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東海 三島(みしま)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Mishima Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号で1時間弱。三島市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約11万人の三嶋大社の門前町かつ東海道の宿場町で、富士の湧水を活かした工業都市でもある。駅弁は隣の沼津駅で明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1934(昭和9)年12月1日開業、静岡県三島市一番町。

JR東海 沼津(ぬまづ)駅2015年9月5日訪問Googleマップ
JR-Tokai Numazu Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線こだま号と普通列車を乗り継いで約1時間。沼津市は静岡県の東部で伊豆半島の付け根に位置する、人口約19万人の港町かつ東海道の宿場町で、駿河湾の水産物と水産加工業と観光で賑わう。新幹線の開業前は鉄道の要衝でもあった。駅弁は明治時代からの駅弁屋が、駅の内外の専用売店で10種類前後を揃える。1889(明治22)年2月1日開業、静岡県沼津市大手町1丁目。

御弁当(780円)2004年10月9日に沼津駅在来線ホーム上そば屋で購入
Obento

掛紙 外観 外観 中身

昭和の昔の駅弁を再現したという幕の内弁当。御殿場線開業70周年の記念駅弁だろうか。総経木製の長方形容器に経木のふたをして、富士と松と逆さ富士をシンプルに描いた掛紙をかけて紙ひもでしばる。中身は日の丸俵飯に鯖照焼と蒲鉾と玉子焼の幕の内駅弁三種の神器、ホキフライに鶏唐揚に牛肉やタケノコと、沼津を主張する桜えびが少々。おかずが少々胃に重たいかもしれないが値段の割にいろいろ詰めている。価格は購入当時で710円、2015年時点で770円または780円。

沼津駅は、新幹線がなく蒸気機関車が走っていた時代から基本的な構造は変わらないようで、JR東海の財力をもって昔を再現すれば飯田線や佐久間レールパークをはるかに凌ぐ鉄道名所になるはず。しかし沼津の政官財界は昔から鉄道の高架化を望んでおり、市長選はこれを争点に街を二分する激戦となる。

※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

助六寿司(540円)2017年4月1日に沼津駅の改札脇の駅弁売店で購入
Sukeroku Zushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

三島駅と沼津駅で売られる、助六寿司の駅弁。昔ながらの寿司屋で使われそうな折詰向け紙容器を、絵柄も注意書きも古めかしいデザインの掛紙で包む。中身は太巻き1個、玉子巻の太巻き1個、細巻き2個、おいなりさん3個の、その名のとおりの助六寿司。特徴がないことが特長であり、安価で安心して腹を満たせる、普通寿司駅弁の生き残り。

販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】寿司(510円)2004年10月9日に沼津駅在来線ホーム上そば屋で購入
Sushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

三島駅と沼津駅の助六寿司駅弁の、2004(平成16)年時点での姿。当時の中身は、いなりずしが二個と控えめな分、細巻きが四種十個も入り、その具をすべて合わせた太巻が一個入っていた。外観や中身がどうであれ、この駅弁の機能と役割と、古風につくられていることに、変わりはない。

※2017年4月補訂:新版の収蔵で解説文を整理
※2015年10月補訂:値上げを追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【終売】柿田川いなり(530円)2008年8月9日に三島駅駅舎内キヨスクで購入
Kakitagawa Inari (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

三島駅のコンビニ型キヨスクで見つけたおいなりさん。プラ製惣菜容器に細身の稲荷寿司を5個詰めて、中身写真とたくさんの宣伝文句を刷った掛紙で包む。中身と同数の5個が添付されるわさび漬は個人的に苦手なので試せなかったが、調製元は昔からの駅弁屋ではなく地元のわさび漬屋ということで、駅弁と違う惣菜のジューシーさがあった。2007年から一日10個が販売されているそうな。2012年頃までの販売か。

柿田川は、三島駅の南方約2kmに位置する柿田川公園内の湧水を源に、南へ流れて狩野川へ合流する、全長わずか1.2kmの一級河川。環境省「名水百選」その他のタイトルを持ち、清流にしか棲めない希少な動植物を観察でき、富士山の澄んだ湧き水が森の中から一日100万トンも湧き出す美しい風景は、年に何度もテレビ中継で流れている。

しかし、そんな風景は河川の約100m幅に限定されたものであり、周辺は工場や住宅やロードサイド型商業施設に駐車場や畑地や空き地が広がる、起伏や草木に乏しく砂っぽい郊外風景。1970年代に地元で自然保護運動が盛り上がったおかげで、流域の土地の約95%が役所と財団法人に買い取られ、市街化から守られている。

※2017年4月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
調製元
柿田川いなり本店(カメヤ柿田川店)静岡県駿東郡清水町伏見86 055(973)9511

【終売】お好み弁当(680円)2002年3月9日に三島駅駅舎内駅弁売店で購入
Okonomi Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

沼津駅と三島駅の幕の内弁当。梅干しを載せた俵型御飯に、エビフライ・鶏唐揚・玉子焼・蒲鉾・焼鯖と、煮物に煮豆に付け合わせ。ミニカップに入ったわさび漬けが静岡県を主張しているが、三島や沼津を連想させるものはない。三島発着の新幹線利用者や、青春18きっぷで東海道線を乗り続ける旅行者の腹を満たす。今は「御弁当」に一本化か。

※2015年10月補訂:終売を追記
販売駅
東海道本線 三島(みしま)駅 1934(昭和9)年12月1日開業 静岡県三島市一番町
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 静岡県沼津市千本港町24番地 0559(63)0154 http://www.tochuken.co.jp/

【掛紙】お寿し(100円)1965年8月29日調製
Osushi

掛紙

1965(昭和40)年8月29日16時の調製と思われる、昔の沼津駅弁の掛紙。新幹線の時代になってもまだまだ古風な感じ。なお、東海道新幹線の三島駅は、新幹線の開通当時には設置されず、その5年後の1969(昭和44)年に開業している。

販売駅
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 所在地の記載なし 153番

【掛紙】御古の三辨當(100円)1956年1月16日調製
Okonomi Bento

掛紙

1956(昭和31)年1月16日11時の調製と思われる、昔の沼津駅弁の掛紙。駅弁名は「おこのみべんとう」と読ませるそうな。たぶん幕の内の普通弁当だろうと思い、ここに収蔵。富士山を除く絵柄も、よく分からない。

販売駅
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
株式会社 桃中軒 所在地の記載なし 154番

【掛紙】御辨當(30銭)調製年月日不詳
Obento

掛紙

戦前の調製と思われる、昔の沼津駅の駅弁掛紙。花柄に紅白の垂れ幕が、おめでたく美しい図柄で、何らかの記念掛紙だろうか。調製印もそれを押す位置もない。

販売駅
東海道本線 沼津(ぬまづ)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県沼津市大手町1丁目
調製元
桃中軒 所在地の記載なし 連絡先の記載なし