banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

鱒の姿ずし(1,260円)2011年11月18日に調製元で予約購入
Masu no Sugatazushi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

近年に御殿場駅弁と紹介され始めた地元の名物で、駅コンビニでも売られる土産物系食品。経木枠の長方形容器に枠付きのふたをして、調製元チラシと割箸をのせて、宣伝が賑やかな包装紙で包む。中身は富士の湧水で養殖されたマスの姿寿司が、昆布をまとい、まるごとひとつ。

その割にやや高価な商品だし、購入品は昆布が乱れて見栄えがよくないが、酢飯の型をマスとぴったり合わせるこまやかさ、飯とマスの輝き、その柔らかでもしっかりした風味には、名物となる実力がありそう。包装紙によると吉田茂や西園寺公も賞賛したとか。小田急ロマンスカーの車内販売でも買え、宅急便での取り寄せも可。

※2012年6月補訂:写真の更新
販売駅
御殿場線 御殿場(ごてんば)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県御殿場市新橋
調製元
妙見本店 静岡県御殿場市新橋1983 0550(82)0142 http://www.myoken.info/

【掛紙】鱒の姿ずし(1,100円)2006年7月30日に御殿場駅コンビニで購入
Masu no Sugatazushi

掛紙

2006(平成18)年7月30日調製の御殿場駅弁の掛紙。内容や風味は2011年時点と変わらないが、掛紙の色調が異なるほか、価格も異なる。

販売駅
御殿場線 御殿場(ごてんば)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県御殿場市新橋
調製元
妙見本店 静岡県御殿場市新橋1983 0550(82)0142

鮎の姿ずし(1,650円)2006年7月30日に御殿場駅コンビニで購入
Ayu no Sugatazushi

掛紙 外観 外観 中身 中身

近年に御殿場駅弁と紹介され始めた地元の名物で、駅コンビニでも売られる土産物系食品。経木枠の長方形容器に枠付きのふたをして、調製元チラシと割箸をのせてクラフト調の包装紙で包み、中身絵柄付きの商品名シールを貼る。中身は軽く昆布がかかるアユの姿寿司が、まるごとひとつだけ。

その割にずいぶん高価な商品だが、酢飯の型をアユとぴったり合わせるこまやかさ、飯と鮎の輝き、その柔らかでもしっかりした風味には、名物となる実力がありそう。富士登山の帰りで御殿場駅から汽車に乗る際に、駅前で土産として買い求められる名物として、50年以上の歴史を刻むそうな。6〜9月の発売。宅急便での取り寄せも可。価格は2006年の購入当時で1,500円、2017年時点で1,650円。

※2017年9月補訂:値上げを追記
販売駅
御殿場線 御殿場(ごてんば)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県御殿場市新橋
調製元
妙見本店 静岡県御殿場市新橋1983 0550(82)0142 http://www.myoken.info/

限定のりいなり(650円)2006年7月30日に御殿場駅コンビニで購入
Gentei Nori Inari

掛紙 外観 外観 中身 中身

近年に御殿場駅弁と紹介され始めた、駅コンビニ取り扱いの土産物系食品。経木枠の長方形容器に枠付きのふたをして、調製元チラシと割箸をのせて調製元の包装紙で包み、商品名を貼る。中身はいなりずし3個と細巻き4個。見栄えも風味も、おしとやか。調製元は駅徒歩1分の有名寿司屋。

御殿場駅では沼津駅弁の桃中軒が橋上駅舎の下でうどんそば屋を営み、そこで沼津駅弁のごく一部が売られるため、時刻表に駅弁販売駅の記号が付いている。実態としては改札外コンコースの大きなコンビニが土産物屋の機能を持ち、そこで食事も調達される感じ。御殿場や御殿場ベースの観光は、自動車がないと何もできないが、渋滞を避けてここで送迎車や知人の車や観光バスに乗り継ぐゴルフ客や登山客などは、そこそこいる。

販売駅
御殿場線 御殿場(ごてんば)駅 1889(明治22)年2月1日開業 静岡県御殿場市新橋
調製元
妙見本店 静岡県御殿場市新橋1983 0550(82)0142 http://www.myoken.info/