banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 浜田(はまだ)駅2013年9月15日訪問Googleマップ
JR-West Hamada Station

駅名標 駅舎 駅構内

松江駅から特急列車で約100分。浜田市は島根県の南西部で日本海に面した人口約6万人の城下町で、山陰地方では有数の漁港と水産関連の工業を抱える。駅弁は国鉄時代になくなったが、2009年築の新駅舎の1階にある、浜田市観光協会特産品販売所で売られるサバ寿司などを、駅弁とみなす人がいる。1921(大正10)年9月1日開業、島根県浜田市浅井町。

浜田の鯖寿司(680円)2013年9月15日に浜田市観光協会特産品販売所で購入
Hamada no Saba Zushi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

浜田駅の「市民サロン」なる、観光案内所兼特産品販売所兼待合室兼市役所窓口で売られていた商品のひとつ。訪問時には「柿酢のどぐろ鮨」「さくら鯛笹寿し」「小鯵寿し」「のどぐろ寿し」「浜田の鯖寿司」が、駅弁のような姿をして、売店正面の台に並んでいた。

尾ヒレが付いた、焼かないタイプのサバの棒寿司が1本、ラップを巻いてカットされ、発泡材の板に載せて竹皮で包まれ、商品名などを書いた掛紙を巻かれる。駅弁のサバ棒寿司としては手作り感のあるお惣菜で、石見の国で名物とされるサバ1本を使ったサバ寿司の片鱗が見える気がする。調製元は浜田市内の弁当屋さん。

販売駅
山陰本線 浜田(はまだ)駅 1921(大正10)年9月1日開業 島根県浜田市浅井町
調製元
株式会社 コーヒン商会 島根県浜田市下府町388−45 0855(28)3000 http://ko-hin.jp/

さくら鯛笹寿し(650円)2013年9月15日に浜田市観光協会特産品販売所で購入
Sakuradai Sasazushi

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

浜田駅の「市民サロン」なる、観光案内所兼特産品販売所兼待合室兼市役所窓口で売られていた商品のひとつ。酢飯に浜田産というレンコダイを合わせた、棒寿司タイプの押寿司を1本、ラップを巻いて6切れにカットして、細長い箱に詰める。ガリも醤油も付けないシンプルな内容で、味を感じないほどの淡泊さと、サクラ色のきれいな見栄えと、手作り感のある掛紙が特徴。調製元は浜田漁港の水産加工業者。

販売駅
山陰本線 浜田(はまだ)駅 1921(大正10)年9月1日開業 島根県浜田市浅井町
調製元
株式会社 マルエイ 島根県浜田市原井町3050−43 0855(22)8100

山菜おこわ(368円)2011年10月3日に安来駅駅舎脇観光売店で購入
Sansai Okowa

掛紙 外観 中身 中身

安来駅の駅舎の中にある、というより駅舎を乗っ取った観光売店で販売されていた惣菜。見てのとおり、透明なプラ製容器に山菜おこわを詰めている。食感も醤油味も柔らかく、締まっておいしい五目おこわ。

安来駅は公式な駅弁販売駅ではないが、2008年7月24日にどじょうの駅弁「安来武士」(1,200円)「どじょっ娘弁当」(1,000円)が誕生し、今回訪れた観光売店で金土日曜日、後には土休日に販売されていた。これを買いに今回訪問し、現物も案内もなかったためこれを買い事後に調べたら、2011年5月29日限りで製造も販売も終了してしまったそうな。

販売駅
山陰本線 安来(やすぎ)駅 1908(明治41年)4月5日開業 島根県安来市安来町
調製元
比田いきいき加工部会 島根県安来市広瀬町西比田1636−3 連絡先の記載なし

あんぱん(120円)2008年6月20日に西郷発七類行フェリー船内で購入
Anpan

掛紙 掛紙 外観 中身 中身

隠岐と本土を結ぶフェリーの売店で売られる、袋入り菓子パン。内容も風味もただのあんパンだが、調製元が地元隠岐のパン屋さんであることと、調製シールに記載される品名が「隠岐汽船の」であることから、船弁と勝手に認定する。袋に描かれる人の顔も、どこかの企業のマスコットキャラクターに似ている気がする。

隠岐島のうち最大の島である島後(どうご)には最近まで1町3村があったが、2004年のいわゆる平成の大合併により隠岐の島町の1島1町にまとめられている。西郷港と隠岐空港がそれぞれ海と空の玄関口となるが、どちらにも弁当の販売はなかった。

販売駅
隠岐汽船 1895(明治23)年創設 島根県隠岐郡隠岐の島町中町目貫の四 http://www.oki-kisen.co.jp/
調製元
カナリヤパン店 島根県隠岐郡隠岐の島町原田前ノ原1416−3 08512(2)1517

白あんパン(120円)2008年6月20日に西郷発七類行フェリー船内で購入
Shiro Anpan

掛紙 掛紙 外観 中身 中身

隠岐と本土を結ぶフェリーの売店で売られる、袋入り菓子パン。内容も風味もただの菓子パンだが、白あんを使うあんパンは珍しいことと、調製元が地元隠岐のパン屋さんであることと、調製シールに記載される品名が「隠岐汽船の」であることから、船弁と勝手に認定する。昭和レトロ感たっぷりな袋の絵柄のデザインは、いつから使われているのだろうか。

隠岐島のうち最大の島である島後(どうご)には最近まで1町3村があったが、2004年のいわゆる平成の大合併により隠岐の島町の1島1町にまとめられている。西郷港と隠岐空港がそれぞれ海と空の玄関口となるが、どちらにも弁当の販売はなかった。

販売駅
隠岐汽船 1895(明治23)年創設 島根県隠岐郡隠岐の島町中町目貫の四 http://www.oki-kisen.co.jp/
調製元
カナリヤパン店 島根県隠岐郡隠岐の島町原田前ノ原1416−3 08512(2)1517

デハニ弁当(1,200円)2014年5月31日に一畑電車松江駅の売店で購入
Dehani Bento

掛紙 掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年4月29日に発売された、土休日限定の駅弁。一畑電車の松江しんじ湖温泉駅と出雲大社駅で、同じものが売られる。名前のとおり、1928(昭和3)年生まれで映画に出演した一畑電車最古の現役車両「デハニ50」であり、掛紙にはそのイラストが描かれる。

ボール紙の箱に茶碗風の絵柄を持つプラ製トレーを収める、市販の惣菜弁当向け容器の9区画の中身は、白御飯、ちらし寿司、シジミ御飯、鶏唐揚、マイタケとエビの天ぷら、牛肉煮、あらめ炒め物、玉子焼とあご焼き(ちくわ)、小松菜和え。

現物にはないが、売店には中身を写真で説明する掲示があった。島根の味が詰まっているようで、しかしあご焼き以外は全国区の食材であり、テーマが拡散してしまい、この姿では駅弁が長生きできないような気がした。2014年9月以降に販売されているかどうかは分からない。

販売駅
一畑電車 松江しんじ湖温泉(まつえしんじこおんせん)駅 1928(昭和3)年4月5日開業 島根県松江市中原町
調製元
株式会社 山陰一畑クッキング 島根県出雲市小境町1700−30 0853(67)9739 http://www.san-i-c.jp/