banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 松江(まつえ)駅2004年12月30日訪問Googleマップ
JR-West Matsue Station

駅名標 駅舎 駅構内

岡山駅から特急列車で約2時間半。松江市は島根県の県庁所在地で日本海と2つの湖に面する人口約21万人の城下町で、中心市街地にも水路が残る水の都に年間約900万人の観光客が訪れる。駅弁は明治時代からの駅弁屋が島根県の料理や食材にこだわった駅弁を駅弁売店に取り揃える。1908(明治41)年11月8日開業、島根県松江市朝日町。

山陰名物かに寿し(1,100円)2003年1月14日に京王百貨店駅弁大会で購入
San-in Meibutsu Kani Zushi

掛紙 外観 外観 中身

松江駅のカニ寿司駅弁。甘酢御飯の上にカニの足が、細身ながら10本前後敷かれる。カニ寿司駅弁は、特に駅弁大会向けに遠隔地へ輸送する場合、酢漬けにされてしまうことが多いが、この駅弁は東京都内の駅弁大会で購入したにもかかわらず飯やカニの味を感じられた。価格は購入当時で950円、2008年7月22日から1,050円、2014年4月の消費税率改定により1,080円、2016年時点で1,100円。

※2016年7月補訂:値上げを追記
※2014年6月補訂:値上げを追記
※2008年8月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 松江(まつえ)駅 1908(明治41)年11月8日開業 島根県松江市朝日町
調製元
合資会社 一文字家 島根県松江市平成町182番地19 0852(22)3755 http://www.ichimonjiya.jp/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

かにみそかに寿し(1,170円)2004年12月30日に松江駅コンコース駅弁売店で予約購入
Kanimiso Kani Zushi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身

2001年冬シーズンの登場か。中身は上記「山陰名物かに寿し」と同じで、カニ味噌を入れたカップが追加されたもの。酢飯には島根産コシヒカリが使われる。10〜3月のみの販売。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。

戦前戦中の駅弁には掛紙に各種の標語が記されているものが多いが最近はまず見かけない。この駅弁には側面で目立たないが「ふれあいと 対話が築く 明るい社会」「人権を大切に」と印字される。底面には島根・広島・山口の交通地図を掲載し、一方で駅弁そのものの宣伝や情報は冬期の地方発送案内だけという不思議なもの。あるいは、公的活動という観点から調製元の地元経済界での地位の高さを示すものか。価格は購入当時で1,000円、2014年時点で1,150円、2016年時点で1,170円。

※2016年7月補訂:値上げを追記
※2014年6月補訂:値上げを追記
※2005年3月補訂:写真の更新
販売駅
山陰本線 松江(まつえ)駅 1908(明治41)年11月8日開業 島根県松江市朝日町
調製元
合資会社 一文字家 島根県松江市平成町182番地19 0852(22)3755 http://www.ichimonjiya.jp/

出雲大社おそなえ三福かにさばしじみのもぐり寿司(1,060円)2013年1月27日に阪神百貨店駅弁大会で購入
Izumo Ooyashiro Osonae Sanfuku Kani Saba Shijimi no Moguri Zushi

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

出雲大社の遷宮を記念して、2013年1月の阪神百貨店駅弁大会でデビューか。長方形の容器に酢飯を敷き、サバほぐし身、カニ酢漬けのほぐし身、シジミの時雨煮で覆い、生姜や黒豆やインゲンなどを添えるもの。駅弁として悪くない味だが、見た目の個性と見栄えのツヤがないため、満員の客で賑わう大都会の百貨店の催事場ではとても地味であり、実演販売ブースではずっと客待ちをしていた。価格は発売当時で1,050円、2016年時点で1,060円。

※2016年7月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 松江(まつえ)駅 1908(明治41)年11月8日開業 島根県松江市朝日町
調製元
合資会社 一文字家 島根県松江市平成町182番地19 0852(22)3755 http://www.ichimonjiya.jp/

蟹としじみのもぐり寿し(1,150円)2011年1月22日に京王百貨店駅弁大会で購入
Kani to Shijimi no Moguri Zushi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

赤い発泡材の長方形容器を、中身のイメージ写真や駅弁の名前などを印刷したボール紙の枠にはめる。中身は酢飯の上にベニズワイガニの脚肉とほぐし身を敷いてシジミしぐれ煮を添え、かにしんじょう、汐ふき椎茸、とんばら漬けを添えるもの。具が飯に潜るから「もぐり寿し」の名が付いているはずが、見栄えのためか輸送対応か苦情でもあったのか、カニもシジミも酢飯の表面で味を出している。価格は購入当時で1,100円、2014年4月の消費税率改定により1,140円、2016年時点で1,150円。

※2016年7月補訂:値上げを追記
※2014年6月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 松江(まつえ)駅 1908(明治41)年11月8日開業 島根県松江市朝日町
調製元
合資会社 一文字家 島根県松江市平成町182番地19 0852(22)3755 http://www.ichimonjiya.jp/

境港水揚げかにめし(1,150円)2008年1月14日に京急百貨店駅弁催事で購入
Sakaiminato Mizuage Kani Meshi

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

おそらく2007〜2008年の駅弁大会シーズンをにらんだ、2007年10月1日の登場。赤く小柄でフタがしっかり閉まる構造の発泡材容器を、やはりそれがぴったりと収まるボール紙の枠にはめる。その絵柄はカニで真っ赤っか。中身は赤貝入りの茶飯の上をカニのほぐし身と細めの脚肉で覆い隠して、やはり真っ赤っか。サツマイモ、こんにゃく、酢の物を添えてできあがり。

2008年1月の京王百貨店駅弁大会では入手困難の人気だったそうな。見た目こそカニの分量感があるものの、絶対的に小柄なカニ飯で1,100円は高価に感じる。しかし食べて飯の内外に現れる赤貝の、カニと飯とのハーモニーはクセになる。価格は購入当時で1,100円、2014年4月の消費税率改定により1,140円、2016年時点で1,150円。

※2016年7月補訂:値上げを追記
※2014年6月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 松江(まつえ)駅 1908(明治41)年11月8日開業 島根県松江市朝日町
調製元
合資会社 一文字家 島根県松江市平成町182番地19 0852(22)3755 http://www.ichimonjiya.jp/
2004年度JR西日本「駅弁の達人」

ご婦人お好み幕の内 出雲美人(1,240円)2004年11月14日にユニーイセザキ店駅弁大会で購入
Gofujin Okonomi Makunouchi Izumo Bijin

掛紙 外観 外観 外観 中身

JR西日本の駅弁キャンペーンに伴い、2004(平成16)年5月1日に登場。江戸時代の長持ちをイメージしたという、けばけばしさの中に落ち着きもある柄の発泡材容器に、同じ柄の掛紙をかけてゴムでしばる。中身は、島根ワイナリーの赤ワインで薄紫色に染めた酢飯を敷き、木次のチーズ、八束の朝鮮ニンジン天などが入るちらしずし。

飯とチーズを中心に独特の風味を感じるなど、内容も中身もだいぶ個性的。調製元が「美容と健康」「地産地消」をテーマに三年間の構想期間を経て商品化したそうで、駅弁名のとおり中高年の女性によく売れているという。2004年度JR西日本「駅弁の達人」対象駅弁。価格は購入当時で1,100円、2008年7月25日から1,200円、2014年4月の消費税率改定により1,240円。

※2014年6月補訂:値上げを追記
※2008年8月補訂:値上げを追記
販売駅
山陰本線 松江(まつえ)駅 1908(明治41)年11月8日開業 島根県松江市朝日町
調製元
合資会社 一文字家 島根県松江市平成町182番地19 0852(22)3755 http://www.ichimonjiya.jp/