banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR西日本 下関(しものせき)駅2014年11月3日訪問Googleマップ
JR-West Shimonoseki Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多駅から新幹線と在来線を乗り継いで約40分。下関市は本州西端で関門海峡に面する人口約27万人の産業都市で、昔から陸海の交通結節点として重要な地位を占める。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋が2010年7月までに新山口駅の駅弁屋に吸収され事実上廃業し、さらに2014年5月に新山口駅の駅弁屋も廃業したため、現存しないと思われる。1901(明治34)年5月27日開業、山口県下関市竹崎町4丁目。

JR西日本 新下関(しんしものせき)駅2017年2月5日訪問Googleマップ
JR-West Shin-Shimonoseki Station

駅名標 駅舎 駅構内

博多駅から新幹線で約26分。新幹線の開業時に、長門一ノ宮駅を改称し乗換駅とした。下関の鉄道の玄関口のひとつであり、駅周辺は新幹線の開業で建物が増えたが、新幹線は朝晩を除き各駅停車の「こだま」が毎時1本来るだけで、大きな駅は閑散としている。駅弁は下関駅と同じく、過去にあり、現在はない。1901(明治34)年5月27日開業、山口県下関市秋根南町。

【終売】ロマン紀行壇ノ浦(850円)2001年12月31日に下関駅コンコース駅弁売店で購入
Roman Kiko Dannoura (end of sales)

掛紙 外観 中身

現地では特選幕の内弁当として売られた駅弁。中身も梅干しを載せた俵型白御飯に、鶏唐揚・コロッケ・ウインナーに煮物類などと、デザートにオレンジが入った、普通の幕の内弁当。半透明のトレーを正方形のボール紙製容器に入れる。観光客はふくの駅弁に手が出るはずで、地元の方向けの駅弁か。なお、掛紙もパッケージもない駅弁らしくない弁当として、380円と500円の幕の内弁当もあった。調製元の事実上の廃業により、2010年7月までに失われた。

※2010年10月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 下関(しものせき)駅 1901(明治34)年5月27日開業 山口県下関市竹崎町4丁目
調製元
下関駅弁当 株式会社 山口県下関市竹崎町4丁目4−3 0832(22)0626

【終売】うなぎ弁当(900円)2005年8月1日に下関駅下りホーム上売店で購入
Unagi Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身

下関駅の、おそらく夏季限定のウナギ駅弁。鰻重とタレと沢庵を詰めた惣菜プラ容器に、透明なふたをして掛紙を巻いてビニールひもでしばる。駅弁であること以外に特徴はない鰻重だが、鰻蒲焼を敷き詰めず折り重ねているため、ボリューム感の演出に成功している。調製元の事実上の廃業により、2010年7月までに失われた。

下関駅のホーム上売店は、朝の夜行列車到着時のみ開店する。国鉄時代は幹線筋の多くの駅で、夜行列車の乗客を対象にした深夜や早朝の駅弁販売や売店営業が見られたが、JRになっていずれも衰退してしまったため、そんな光景はおそらくここだけに残る。列車の機関車の付け替えの停車時間に、乗客がホームに出て気分転換をする光景も、あとは下関と門司と鳥栖くらいか。

※2010年10月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 下関(しものせき)駅 1901(明治34)年5月27日開業 山口県下関市竹崎町4丁目
調製元
下関駅弁当 株式会社 山口県下関市竹崎町4丁目4−3 0832(22)0626

【終売】みすゞ潮彩弁当(950円)2009年9月27日に下関駅コンコース駅弁売り場で購入
Misuzu Shiosai Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

下関駅弁としては2008年2月に登場、その前年から観光列車「みすゞ潮彩号」の車内弁当として存在していた模様。長方形の経木折を、「みすゞ潮彩号」の路線図や車両写真、金子みすゞのイラストと誌などを印刷した掛紙で包み、割りばしを置いてひもで十字にしばる。

中身は五目酢飯にクジラの竜田揚、フグの唐揚、いわし天、焼きサバ、玉子焼、カマボコ、ミニトマト、有頭海老、サトイモ、揚げ豆腐など。いろいろ入って食べ応えのある駅弁。調製元の事実上の廃業により、2010年7月に新山口駅弁の小郡駅弁当が引き継ぎ、土休日のみの販売に変わった。さらに2014年5月に小郡駅弁当も廃業したため、現存しないと思われる。

雑誌への投稿を始めた1923(大正12)年頃から自殺する1930(昭和5)年までの短い間だけ創作活動を行った金子みすゞは、今や長門市や山口県西部になくてはならない観光資源である。1982(昭和57)年に児童文学作家が遺稿を発見し紹介したことで、その名が知られるようになったという。

2000年9月に駅事務室跡を資料室にしていた仙崎駅へ訪問した時には、まだその知名度は長門市街と詩人の間に留まっていたのではないかと思う。その後のITバブル崩壊の世情に合致したのか、2001年にTBSがテレビドラマ化、生誕百周年の2003年には生家跡に記念館ができ、2007年には上記の観光列車が走り始め、今ではどこの書店でも著作が読めるようになっている。

※2015年8月補訂:終売を追記
※2013年5月補訂:販売現況を追記
販売駅
山陽本線 下関(しものせき)駅 1901(明治34)年5月27日開業 山口県下関市竹崎町4丁目
調製元
下関駅弁当 株式会社 山口県下関市竹崎町4丁目4−3 0832(22)0626

【終売】(幕の内弁当)(1,260円)2002年12月1日におそらく下関駅で購入
(Makunouchi Bento) (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

掛紙には「海都歩記」とあるが「5高杉晋作」などとも書かれるため、駅弁名ではなく幕の内弁当の掛紙シリーズのようだ。発泡材二段重ねの正方形容器に経木のふたをかけて、掛紙をかけてビニール紐でしばる。

中身は下段に御飯が半分で唐揚や白身魚フライやデザートのみかんで半分、上段はすべておかずで、玉子焼や蒲鉾、各種の煮物に海老に昆布にと、仕切りやカップだらけで見栄えは悪いが何でも入っている。主力のふく駅弁より高価なのだから、お品書きさえ入っていればなお良かった。調製元の事実上の廃業により、2010年7月までに失われた。

※2010年10月補訂:終売を追記
販売駅
山陽本線 下関(しものせき)駅 1901(明治34)年5月27日開業 山口県下関市竹崎町4丁目
調製元
下関駅弁当 株式会社 山口県下関市竹崎町4丁目4−3 0832(22)0626

【終売】長州ファイブ(1,300円)2007年1月21日に京王百貨店駅弁大会で購入
Choshu Five (end of sales)

掛紙 掛紙 外観 外観 中身 中身

2006年10月1日の登場。円形の加熱機能付き容器を収納するボール紙箱には、幕末に長州藩からロンドンへ留学した5名と中身の写真が載る。中身は御飯の上にシロサバフグ煮、クジラ竜田揚、アンコウ唐揚、焼明太子、帆立ウニ焼など、海産物を主にした豊富なおかずが載る。前記の具のそれぞれは、遠藤謹助、井上馨、井上勝、伊藤博文、山尾庸三の5名にあやかっているという。

容器や中身の見栄えにいつもの下関駅弁らしさがなく、どこかの誰かがプロデュースしてるのではないかと思うが、具のそれぞれが加熱機能付き容器の駅弁にしては大きくしっかりしたものを入れており、食後に満足感がある。同名の映画が同時期に制作されたこともあり、この駅弁はすでに新聞等でもよく紹介されており、知名度を上げている。調製元の事実上の廃業により、2010年7月に新山口駅弁の小郡駅弁当が引き継いだが、現在は売られていない模様。

幕末の1863(文久3)年に国禁を犯して英国へ密航した留学生5名は、造幣、造船、鉄道などの技術と政治や外交のセンスを持ち帰り、明治時代にこれを生かすこととなる。

※2013年5月補訂:終売を追記
※2010年10月補訂:終売可能性を追記
販売駅
山陽本線 下関(しものせき)駅 1901(明治34)年5月27日開業 山口県下関市竹崎町4丁目
調製元
下関駅弁当 株式会社 山口県下関市竹崎町4丁目4−3 0832(22)0626

【掛紙】特製寿し(400円)1977年頃調製
Tokusei Sushi

掛紙

入手状況から1977(昭和52)年の調製と思われる、昔の下関駅弁の掛紙。そのデザインや記述内容に特段のものはない。

販売駅
山陽本線 下関(しものせき)駅 1901(明治34)年5月27日開業 山口県下関市竹崎町4丁目
調製元
下関駅弁当 株式会社 山口県下関市竹崎町4丁目4−3 (22)0626

【掛紙】特製御弁当(800円)1977年頃調製
Tokusei Obento

掛紙

入手状況から1977(昭和52)年の調製と思われる、昔の下関駅弁の掛紙。そのデザインや記述内容に格別のものはない。約三十年前の駅弁にしては価格が高く、その中身は本当に特製な内容だったのだろう。

販売駅
山陽本線 下関(しものせき)駅 1901(明治34)年5月27日開業 山口県下関市竹崎町4丁目
調製元
下関駅弁当 株式会社 山口県下関市竹崎町4丁目4−3 (22)0626