banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

催事駅弁

帆立めし(840円)2003年1月12日に京王百貨店駅弁大会で購入
Hotate Meshi

掛紙 外観 中身

名寄本線渚滑駅で1935(昭和10)年から1978(昭和53)年まで販売されていた駅弁を、2003(平成15)年1月の京王百貨店新宿店の駅弁大会で2週間だけ復刻販売したもの。2000(平成12)年の同店の駅弁大会でも復刻があり、再登場となった。

現代のホタテ駅弁は例外なく帆立やその貝柱をまるごと御飯の上に載せるが、この駅弁は干しホタテ貝柱をほぐして炊き込んだ御飯だけを容器内に敷き詰めるため、見た目に帆立はひとつもない。飾りは数個のグリーンピースのみ。口の中だけで味わう駅弁だ。

渚滑駅は名寄本線で紋別駅から2駅名寄寄りの駅で、北見滝ノ上への渚滑線を分岐し、急行列車も止まる主要駅であったが、両線とも国鉄の特定地方交通線、つまり廃止対象線に指定され、渚滑線は1985年3月31日限り、名寄本線は1989年4月30日限りで廃止された。廃止後も残っていた駅舎は1997年に解体され、跡地には紋別市渚滑高齢者ふれあいセンターが建っている。

販売駅
名寄本線 渚滑(しょこつ)駅 1921(大正10)年3月25日開業 1989(平成元)年4月30日廃止 北海道紋別市渚滑町3丁目
調製元
村上待合所 015823-2922

【掛紙】御寿し(150円)調製年月日不明
Osushi

掛紙

1970年代頃の調製と思われる、昔の斜里駅弁の掛紙。斜里岳、原生花園、ウトロ港と、21世紀と変わらない地元の観光名所が描かれる。現在の知床斜里駅、1998(平成10)年3月までの斜里駅はかつて、このように公式な駅弁販売駅であった。

販売駅
釧網本線 知床斜里(しれとこしゃり)駅 1925(大正14)年11月10日開業 北海道斜里郡斜里町港町
調製元
斜里駅構内立売商会 北海道斜里郡斜里町駅前 (3)2030

JR北海道 新得(しんとく)駅2015年9月14日訪問Googleマップ
JR-Hokkaido Shintoku Station

駅名標 駅舎 駅構内

札幌駅から特急列車で約2時間。新得町は北海道の中央部で石狩産地と十勝平野にまたがる、人口約6000人の畜産と蕎麦の町。かつては根室本線が峠越えに挑む鉄道の町でもあった。駅弁はなくなったが、駅そばの味に定評がある。1907(明治40)年9月8日開業、北海道上川郡新得町本通北1丁目。

かけそば(320円)2010年9月25日に新得駅改札外駅舎内立ちそば屋で消費
Kakesoba

中身 中身

これは駅弁ではないが、名物として名高い新得駅の駅そば。地元・新得のそばの実を丸ごと挽いたそば粉を使う手打ち麺に、日高昆布と鰹節をベースにしたつゆを注いで、刻みネギを添える。他に「山菜そば」「かしわそば」「月見そば」「天ぷらそば」(各370円)があり、いずれも地元の食材を使用する。列車内などへテイクアウトできる持帰容器(30円)や、麺のみの単品販売もある。

新得駅はかつて公式な駅弁販売駅であり、ホーム上の駅そばも旅客に親しまれていた。特急の時代となり駅での停車時間が少なくなったことで、1970(昭和45)年頃に駅そば屋が一度閉店したが、1981(昭和56)年の石勝線の開通に合わせて復活を果たした。営業時間は10〜17時と短めだが、今でもこれを食べることができる。

販売駅
根室本線 新得(しんとく)駅 1907(明治40)年9月8日開業 北海道上川郡新得町本通北1丁目
調製元
駅そば せきぐち 北海道上川郡新得町本通北1丁目53新得駅構内 01566(4)5450