banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 水戸(みと)駅2006年10月9日訪問Googleマップ
JR-East Mito Station

駅名標 駅舎 駅構内

上野駅から特急で1時間ちょっと。JR常磐線がJR水郡線と鹿島臨海鉄道を分ける駅。水戸市は関東北東部で那珂川に面した人口約26万人の城下町で、県庁所在地で商業都市で江戸時代の水戸徳川家の拠点。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋3社が2010年1月までにすべて撤退、2011年4月頃から市内の居酒屋チェーンが後継に入り、駅のコンビニに弁当を卸す。1889(明治22)年1月16日開業、茨城県水戸市宮町一丁目。

いばらきいいものとりあい弁当(1,100円)2016年10月8日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Ibaraki Iimono Toriai Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

JR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2016」へのエントリーに向けて、2016(平成28)年10月に発売か。とはいえ、同年1〜3月販売の下記駅弁と、名前も価格も容器も中身も調製元も、まったく同じである。写真を使う横長の掛紙が、イラストを使う縦長に変わった。味については、中央に据わる鶏照焼の味付けが、まるでタレから塩になったくらいに軽くなった気がした。

販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
しまだフーズ 有限会社 茨城県水戸市千波町2884−3 029(231)0501 http://www.kitanoshimada.com/

【終売】いばらきいいものとりあい弁当(1,100円)2016年3月19日に上野駅の駅弁売店「駅弁屋 匠」で購入
Ibaraki Iimono Toriai Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

茨城県とJR東日本水戸支社の観光キャンペーン「気になるイバラキ」の開催期間に合わせて、2016(平成28)年1月1日から3月31日まで販売。掛紙にもキャンペーンと販売期間の情報が載り、中身の写真を茨城県形にくり抜いて掲載する。

中身は、白御飯の上をとりそぼろと錦糸卵で覆い、鶏照焼、玉子焼、花れんこん、梅干し、シイタケ、クリ、きんぴらごぼうを散らすもの。茨城県が日本一だという栗やレンコンや鶏卵などを詰めたというが、おおざっぱに言うと鶏丼。上記のとおり、水戸駅弁に牛丼と豚丼があっても鶏丼はないので、このまんま売り続けてもよいのではと思った。

販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
しまだフーズ 有限会社 茨城県水戸市千波町2884−3 029(231)0501 http://www.kitanoshimada.com/

牛べん(1,050円)2011年8月19日に勝田駅ホーム上車販準備室で購入
Gyu Ben

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年4月までに、水戸駅で登場か。赤黒いプラ製トレーを接着した長方形の発泡材容器に透明なふたをして、駅弁の名前を大きく描いた白いボール紙の枠にはめる。中身は御飯の上を牛肉で覆い、高野豆腐のゆば巻きと煮玉子などを添えるもの。内容こそ全国でありふれた牛肉駅弁であるものの、常陸牛の焼肉が飯の上で厚めに踊り、筋の固い赤身に分量豊かで溶ける脂身がぐにゃぐにゃにまとわりつく、消えた水戸駅弁「いかっぺ」に匹敵するB級グルメ感が強烈。価格は購入当時で1,000円、2014年時点で1,050円。

水戸駅には国鉄時代から2002年まで駅弁屋が3社も入っており、過去には日替わりで構内営業を交代したり、後には共同売店に次から次へと弁当が入荷する、賑やかな光景が見られた。しかし2010年までにすべての駅弁屋が消え、ここも大宮駅や甲府駅や長野駅やいわき駅などと同じく、NREが東京と同じ駅弁を売る状況になってしまった。

そこで、かどうか、表向きはJR東日本水戸支社とNREが共同で弁当を開発し、実際はおそらく地元で弁当屋を探してきて、「常陸之國(ひたちのくに)美味紀行」(1,000円)「牛べん」(1,000円)「豚べん」(950円)「昔おにぎり」(500円)で4種の駅弁を、水戸駅と常磐線特急の車内販売で売り始めることとなった。調製元は水戸市内の居酒屋チェーン。単に売店営業や車内販売のNREに弁当を卸すだけなら得る必要のない駅弁マークまで入っており、この秋以降の展開が楽しみ。

水戸駅では改札脇の弁当売店で販売されている模様。勝田駅ではなんと車内販売の営業所で販売しており、商品はピックアップの棚から、釣り銭は事務所スペースの金庫から出していた。こんな販売方法は初めて見た。

※2014年8月補訂:値上げを追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
しまだフーズ 有限会社 茨城県水戸市千波町2884−3 029(231)0501 http://www.kitanoshimada.com/

豚べん(950円)2012年10月19日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入
Buta Ben

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

上記「牛べん」と同じく、2011(平成23)年4月までに水戸駅で登場か。見た目はその「牛べん」とそっくりで、ボール紙パッケージのインクが深い青色から茶色に変わり、商品名と御飯を覆う肉が牛から豚に変わるくらいしか差がない。風味も「牛べん」と同じく、肉がぐにゃぐにゃとパワフルであり、他の駅弁にない個性を持ちながら、豚の臭みがなくスッキリしていた。

宣伝はされていないがパッケージに書いてある「ローズポーク」とは、全都道府県で五指に入る養豚県である茨城県で1970年代後半頃から生産される、全国農業協同組合連合会が商標を持ち、その茨城県支部ないし茨城県銘柄豚振興会が豚と飼料と農家と販売店を管理あるいは支配する銘柄豚。

販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
しまだフーズ 有限会社 茨城県水戸市千波町2884−3 029(231)0501 http://www.kitanoshimada.com/

豚さん弁当(1,050円)2014年9月21日に水戸駅のコンビニで購入
Butasan Bento

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2013(平成25)年8月の発売。「豚べん」と名前が似ているが、見栄えも内容もまったくの別物である。コンパクトに感じる正方形容器の半分が白御飯、半分が茨城豚ローズポークのうめカツ、チーズカツ、ヒレカツが計5切れと、梅と煮物。これはつまりトンカツ弁当で、よく見れば掛紙の中央に小さな文字でそう書いてある。トンカツ弁当らしい中身で、しかし外観も中身も駅弁らしく、ボリューム満点。水戸を感じられなくても、良い車内食。

販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
しまだフーズ 有限会社 茨城県水戸市千波町2884−3 029(231)0501 http://www.kitanoshimada.com/

【終売】デミカツ丼(525円) 
Demikatsu Don (end of sales)

2002(平成14)年初頭頃の登場。丸い容器に御飯を敷いて、楕円形のトンカツに特製デミグラスソースをかけて千切りキャベツなどと共に載せるもの。ボリュームがあり腹の足しにはもってこいだ。

本物の駅弁屋さんが駅構内で販売する紛れもない公式な駅弁だが、薄手の樹脂製容器に透明蓋で掛紙がないためコンビニ弁当と区別が付かず、旅心はまるでない。しかし出来立ての牛丼が280円で食べられるような時代には、従来の体裁に凝った高価な弁当に加え、普段の駅の利用者にも買ってもらえるこの手の弁当も求められているようだ。

なお、この駅弁は2008年5月頃の調製元の休業により売られなくなり、2010年1月に駅弁売店そのものが閉店したため、今後は入手できないのではと思う。

※2010年3月補訂:終売可能性を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
有限会社 芝田屋弁当部 茨城県水戸市宮町2−2−12 029(221)4359

【終売】水戸名物立田揚げ辨當(680円)2008年9月5日に水戸駅改札内コンコース駅弁売店で購入
Mito Meibutsu Tatsuta-age Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

2007(平成19)年夏の登場か。竹皮タイプのボール紙容器に商品名を書いた掛紙を巻く。中身は黄門米コシヒカリの白御飯の上におかかと海苔を敷いて鶏竜田揚を転がし、ミョウガとシシトウとタクアンを散らすもの。鶏の衣の味付けはとても濃く、痛みやくどさを覚えるもの。そんなB級グルメは良いか悪いかは別にして印象に残るものだろう。なお、この駅弁は2010年1月の調製元の撤退(倒産?)により失われた。

※2010年3月補訂:終売を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
株式会社 鈴木屋 茨城県水戸市宮町1−4−4 029(221)2386

【終売】とんかつ弁当(735円)2004年4月3日に水戸駅駅弁売店で購入
Tonkatsu Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身

水戸駅のトンカツ駅弁。トレーを入れたボール紙の木目調長方形容器に蓋をして、オレンジ地に駅弁名とシンプルこの上ない掛紙をかけて紙ひもでしばる。中身はやはりシンプルに日の丸御飯とヒレカツふたつ、そして紫蘇巻かつという薄切豚肉としその葉を巻いて揚げたカツが2個入るもの。カツはすっかり冷めてもジューシーで美味く、地味な駅弁として放置しておくにはもったいない感じ。

なお、この駅弁は2008年5月頃の調製元の休業により売られなくなり、2010年1月に駅弁売店そのものが閉店したため、今後は入手できないのではと思う。

※2010年3月補訂:終売可能性を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
有限会社 芝田屋弁当部 茨城県水戸市宮町2−2−12 029(221)4359

【終売】牛そぼろ弁当(735円)2001年8月12日に水戸駅駅弁売店で購入
Gyu Soboro Bento (end of sales)

掛紙 外観 中身

鶏そぼろの駅弁は多いが、牛そぼろの駅弁はあまり見かけない。駅弁らしい掛け紙をかけた長方形の容器の中身は、白御飯の上に牛そぼろ肉と牛スライス肉が載る。タレの味が感じられない一方、肉は非常に油っぽく、胃がもたれそう。若者向けの味付け。なお、水戸駅弁の一部は勝田駅でも購入できる。この駅弁は2008年5月頃の調製元の休業により売られなくなり、2010年1月に駅弁売店そのものが閉店したため、今後は入手できないのではと思う。

※2010年3月補訂:終売可能性を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
有限会社 芝田屋弁当部 茨城県水戸市宮町2−2−12 029(221)4359

【終売】鳥めし(735円)2004年4月3日に水戸駅駅弁売店で購入
Tori Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

細身深底の長方形発泡材容器に掛紙を兼ねたボール紙のふたをしてマジックカットで留める。中身は白御飯の上にタレ香る分厚くコシのある鶏肉きじ焼が5切れも載るもの。青のりと錦糸卵に鶏飯駅弁に入るのは珍しい梅干しで残りを彩る。水戸の鶏飯駅弁は無名だが実力はある。なお、この駅弁は2010年1月の調製元の撤退(倒産?)により失われた。

※2010年3月補訂:終売を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
株式会社 鈴木屋 茨城県水戸市宮町1−4−4 029(221)2386

【終売】軍鶏めし(1,050円)2009年1月17日に京王百貨店駅弁大会で購入
Gunkei Meshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2008(平成20)年秋の登場か。上記「鳥めし」と同じ意匠の容器を使用、中身は白御飯の上に鶏肉のぶつ切りとマイタケ、錦糸卵やパブリカを少々置いて、シイタケときんぴらとたくあんを添えるもの。「鳥めし」のリニューアルとしたら、値段が4割も上がったのに鶏肉の分量が寂しくなったので、軍鶏の使用とか舞茸入りとか黒酢蜂蜜ダレとか、パッケージに記されるグレードアップがあるにせよ、個人的には鳥をたくさん喰えた以前のタイプが好み。

なお、この駅弁は2010年1月の調製元の撤退(倒産?)により失われた。

※2010年3月補訂:終売を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
株式会社 鈴木屋 茨城県水戸市宮町1−4−4 029(221)2386