banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


関東の駅弁茨城県 > 水戸駅 > 魚介類の駅弁 (6種類収蔵)

←前は[水戸駅肉の駅弁] | 次は[水戸駅幕の内の駅弁]→

JR東日本 常磐線・水郡線 水戸(みと)駅 2006年10月9日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 上野から特急で一時間強の、JR常磐線がJR水郡線と鹿島臨海鉄道を分ける駅。水戸市は関東北東部で那珂川に面した人口約26万人の城下町で、県庁所在地で商業都市で江戸時代の水戸徳川家の拠点。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋3社が2010年1月までにすべて撤退、2011年4月頃から市内の居酒屋チェーンが後継に入り、NREに弁当を卸す。1889(明治22)年1月16日開業、茨城県水戸市宮町一丁目。

磯べん(1,050円) 2013年4月19日に水戸駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 2011年4月までに水戸駅で登場か。パッケージに「限定販売」とあるが、水戸駅ではいつでも買える。赤黒いプラ製トレーを接着した長方形の発泡材容器に透明なふたをして、駅弁の名前を大きく描いた白いボール紙の枠にはめる。中身はタコの炊込飯にアンコウの天ぷらとアサリの佃煮などを添えるもの。淡く甘く柔らかく、シンプルで一気に食べられる味。同時に登場の「牛べん」と見た目は似るが、方向性はまるで異なる。価格は購入当時で1,000円、2014年時点で1,050円。

【常磐線水戸(みと)駅】1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
【しまだフーズ有限会社】茨城県水戸市千波町2884−3 TEL:029(305)6650
 http://www.kitanoshimada.com/
常陸國またべえ焼き鯖すし(1,050円) 2015年10月4日に東京駅駅弁売店「駅弁屋 祭」で購入

掛紙 外観
外観 外観 外観
中身 中身 中身

 2010年3月11日の茨城空港の開港とともに、事実上の空弁としてデビュー、2012年までに「またべえ」の名を付けて、事実上の水戸駅の駅弁にもなった焼きサバ寿司。竹皮柄のボール紙箱に、細身で小柄な焼きサバ寿司が1本、発泡材の板とともにラップでぐるぐる巻きにされて収まる。商品の宣伝文は、掛紙で英語でのみ記される。密封パックでないため、消費期限は4日間で、傾け続けると脂がしみ出る。

 米に対してサバの分量が厚く、その間にたっぷり挟むショウガと大葉が、焼サバ寿司の味に深みを持たせる、もっとも、焼サバ寿司はひたちなかや常陸国の名物ではなく、調製元の主力商品かと。英文でも食品表示でもノルウェー産のサバの使用が明記され、若桜の鯖街道に関する記述も見られる。JR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣」では、勝田駅の駅弁と紹介する。

【常磐線水戸(みと)駅】1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
【株式会社大水DN】茨城県ひたちなか市馬渡3839−1 連絡先の記載なし
 http://mata-bay.com/
【終売】いかっぺ(750円) 2007年7月22日に水戸駅改札内コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 2007年の新作か。木目調の長方形発泡材容器に、商品名とイカを簡易に描いたカラーコピーの掛紙をかけて、ひもで十字にしばる。中身は黄門米コシヒカリの白御飯の上にイカフライが一ハイ分載り、紅生姜や枝豆、玉子焼と浅漬けが添えられるもの。

 カロリーがかなり高そうに感じる、しかしタレに漬けたことで冷めた揚げ物なのに風味は揚げたてとそう変わらない、そして他駅のものを思い出せないイカ揚げ丼。駅弁の女王こと小林しのぶ氏が高く評価しており、メディアへの露出により徐々に知名度を上げている。駅弁名の微妙な田舎っぽさが、東北寄り関東地方である茨城や水戸の印象的地位を表している、と書くと怒られるだろうか。

 この駅弁はB級グルメ駅弁として若手の鉄道ファンや駅弁ファンに意外な人気を博していたが、2010年1月の調製元の撤退(倒産?)により失われた。

※2010年3月補訂:終売を追記

【常磐線水戸(みと)駅】1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
【株式会社鈴木屋】茨城県水戸市宮町1−4−4 TEL:029(221)2386

【終売】わっぱ鮭茶めし(800円) 2001年8月12日に水戸駅改札内コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身

 木製のわっぱをイメージしたプラスティック製の円形容器の中身は、茶飯の上にサイコロ上の鮭・こんにゃく・椎茸・イクラ・栗が乗る。具の大きさが小粒で、東北・北海道方面の鮭弁当と比較すると鮭が小さくイクラが少ないが、鮭・イクラ・茶飯やその他の具はしっかりした味を出していて、おいしくいただける。ただ、容器の底は球形でかなりの上げ底になっているのはいただけない。なお、2002年にこの業者が駅弁販売から撤退したため、現在は入手できない模様。

【常磐線水戸(みと)駅】1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
【太平館弁当有限会社】茨城県水戸市宮町1−1−22 TEL:029(224)2219

【終売】みなとの焼き魚弁当(850円) 2008年9月5日に水戸駅改札内コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 JR東日本発足20周年記念駅弁の水戸駅鈴木屋版として2007年夏に登場。小柄な長方形の木目柄発泡材容器を2段に重ね、商品名を書いた青い掛紙をかけて、ひもで十字にしばる。中身は下段が黄門米コシヒカリを使用した海苔弁タイプのおかかごはん、上段がしまほっけの焼魚に玉子焼、鶏照焼、カマボコ、レンコンとこんにゃくの煮物、煮豆にタクアンなど。焼き魚をメインとした駅弁は珍しく、しかもしまほっけの風味と分量が素晴らしい印象

 なお、この駅弁は2010年1月の調製元の撤退(倒産?)により失われた。

※2010年3月補訂:終売を追記

【常磐線水戸(みと)駅】1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
【株式会社鈴木屋】茨城県水戸市宮町1−4−4 TEL:029(221)2386

【終売】うなぎ(1,155円) 2002年8月15日に水戸駅改札内コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 中身 中身

 駅弁容器としてよく見られる、紐を引くと水と生石灰の反応で暖まる容器を使用。中身は御飯の上に鰻蒲焼を2切れ載せただけ。中身を見ただけでは絶対に駅弁販売駅を当てることができない、個性なきウナギ弁当。もっとも、最近はウナギ駅弁自体が特産地を除き全国的に衰退気味であるため、こんな駅弁が残っていること自体に水戸駅弁の多様さがうかがえる。味は良かった。

 なお、この駅弁は2008年5月頃の調製元の休業により売られなくなり、2010年1月に駅弁売店そのものが閉店したため、今後は入手できないのではと思う。

※2010年3月補訂:終売可能性を追記

【常磐線水戸(みと)駅】1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
【有限会社芝田屋弁当部】茨城県水戸市宮町2−2−12 TEL:029(221)4359

←前は[水戸駅幕の内の駅弁] | 次は[大洗駅の駅弁]→

2001年6月17日開設 2015年11月1日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.