banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

JR東日本 水戸(みと)駅2006年10月9日訪問Googleマップ
JR-East Mito Station

駅名標 駅舎 駅構内

上野駅から特急で1時間ちょっと。JR常磐線がJR水郡線と鹿島臨海鉄道を分ける駅。水戸市は関東北東部で那珂川に面した人口約26万人の城下町で、県庁所在地で商業都市で江戸時代の水戸徳川家の拠点。駅弁は国鉄時代からの駅弁屋3社が2010年1月までにすべて撤退、2011年4月頃から市内の居酒屋チェーンが後継に入り、駅のコンビニに弁当を卸す。1889(明治22)年1月16日開業、茨城県水戸市宮町一丁目。

常陸之國美味紀行(1,100円)2013年4月19日に水戸駅コンコース駅弁売店で購入
Hitachi no Kuni Bimi Kiko

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2011(平成23)年4月までに、水戸駅で登場か。掛紙に「限定販売」とあるが、水戸駅ではいつでも買える。商品名をかっちり書いた白い掛紙を巻く容器の中身は、日の丸御飯、焼鮭と玉子焼、ワカサギ甘露煮、海老天、キス天、ウナギ蒲焼、レンコンはさみ揚げ、レンコンやニンジンなどの煮物、梅しゅうまい、サツマイモのデザートなど。常陸之國というか茨城県あるいは水戸ではなく霞ヶ浦あたりの、現在や過去の名物がきれいに詰まる、幕の内タイプの駅弁ながらデパ地下に負けない上質な折詰。価格は購入当時で1,000円、2014年時点で1,100円。

販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
しまだフーズ 有限会社 茨城県水戸市千波町2884−3 029(231)0501 http://www.kitanoshimada.com/

【終売】偕楽弁当(740円)2008年9月5日に水戸駅改札内コンコース駅弁売店で購入
Kairaku Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

水戸駅の並等幕の内駅弁の、鈴木屋版という位置付けか。梅花と徳川斉昭が偕楽園内に建てた休憩所「好文亭」を描いた専用のボール紙箱を使用、黒いトレーに収まる中身は、日の丸御飯にマス塩焼・カマボコ・玉子焼、ハンバーグ、白身魚フライ、千切りキャベツ、ニンジンやゴボウなどの煮物、煮豆に柴漬けなど。偕楽園とのつながりはないだろうが、この値段の割には分量と内容でお買い得だと思う。

なお、この駅弁は2010年1月の調製元の撤退(倒産?)により失われた。

※2010年3月補訂:終売を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
株式会社 鈴木屋 茨城県水戸市宮町1−4−4 029(221)2386

【終売】水戸一番弁当天狗(840円)2008年9月5日に水戸駅改札内コンコース駅弁売店で購入
Mito Ichiban Bento Tengu (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

水戸駅の中等幕の内駅弁の、鈴木屋版という位置付けか。人間くさい顔をした天狗をたくさん描く専用のボール紙箱を使用、黒いトレーに収まる中身は、黄門米コシヒカリの日の丸御飯にカマボコ・玉子焼、豚生姜焼に鶏唐揚に肉団子にエビフライ、ごぼうなどの煮物に煮豆やオレンジなど。確かに並等の「偕楽弁当」より単価とカロリーが高そうなおかずが入っており、こちらもお買い得と感じるべきか。

水戸と天狗とのつながりは、幕末の水戸藩における尊王攘夷派のうち過激派「天狗党」からか。1860年代初頭に江戸で桜田門外の変や坂下門外の変を主導して幕府と対立、1864年筑波山で挙兵して幕府軍と戦い(天狗党の乱)、戦況が不利になると朝廷に直訴しようと京都を目指し、今の栃木・群馬・長野・岐阜の各県を経由し2か月をかけて福井県敦賀付近まで移動したところで幕府軍に包囲されて降伏、処刑された。この駅弁とのつながりは、たぶんない。

なお、この駅弁は2010年1月の調製元の撤退(倒産?)により失われた。

※2010年3月補訂:終売を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
株式会社 鈴木屋 茨城県水戸市宮町1−4−4 029(221)2386

【終売】鈴木屋自慢(1,050円)2002年8月15日に水戸駅改札内コンコース駅弁売店で購入
Suzukiya Jiman (end of sales)

掛紙 外観 中身

水戸駅弁の鈴木屋が一世紀の歴史で培われた実力を注ぎ込んだ渾身の幕の内駅弁。黒塗りの正方形ボール紙製容器の中に、容器内側の朱塗りがよく見える透明のトレーを入れる。コシヒカリの御飯に、海老フライ・鶏唐揚・クリームコロッケ・鮭塩焼・玉子焼・ハンバーグ・煮物類その他おかずの数々を詰め込む。それでも結局は幕の内駅弁なのだが、東京駅で買う1,100円の幕の内弁当は何なのかというくらい、品質の高いものに仕上がっている。ボリュームもたっぷり。

なお、この駅弁は2010年1月の調製元の撤退(倒産?)により失われた。

※2010年3月補訂:終売を追記
販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
株式会社 鈴木屋 茨城県水戸市宮町1−4−4 029(221)2386

【掛紙】お弁當(100円)調製年月日不詳
Obento

掛紙

昭和30年代頃の調製と思われる、昔の水戸駅弁の掛紙。偕楽園の絵柄の裏側に描かれる滝や温泉マークは、県は同じでも当時は水戸から2時間はかかったであろう、袋田の滝と温泉だそうな。

販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
鈴木屋 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

【掛紙】御弁当(100円)調製年月日不詳
Obento

掛紙

昭和30年代頃の調製と思われる、昔の水戸駅弁の掛紙。こちらは水戸名物の梅に偕楽園という分かりやすい絵柄。弁当のトウの字も新字体になっている。

販売駅
常磐線 水戸(みと)駅 1889(明治22)年1月16日開業 茨城県水戸市宮町一丁目
調製元
鈴木屋 所在地の記載なし 連絡先の記載なし