banner  旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

鹿島臨海鉄道 大洗(おおあらい)駅2017年4月8日訪問Googleマップ
Kashima Rinkai Tetsudo Oarai Station

駅名標 駅舎 駅構内

水戸から普通列車で3駅14分の、鹿島臨海鉄道の会社と運行の拠点駅。大洗町は茨城県中央部で太平洋に面した人口約2万人の港町で、漁港や貨物港に加え原子力施設や水族館やアウトレットモールも抱える産業の街。駅弁は駅舎内売店で万年屋の商品が取り扱われ、駅や街の規模と比して大きな注目度と知名度と販売個数を誇る。1985年3月14日開業、茨城県東茨城郡大洗町桜道。

ダイダラボウのはまぐりめし(880円)2017年4月8日に大洗駅の売店で予約購入
Daidarabo no Hamaguri Meshi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身 中身

2000(平成12)年の春に大洗の弁当屋が発売し、翌年頃から大洗駅の駅弁として紹介されるお弁当。海水浴場と原子力施設で有名な、茨城県東茨城郡大洗町の事業所向け弁当業者が、観光客などにアピールできる弁当をと、常陸国風土記に登場する茨城県の民話上の巨人「ダイダラボウ」をテーマに開発したもの。

竹皮編みの容器にシートを敷き、白御飯を詰め、はまぐり(あさじ貝)、シイタケ、レンコン、がんもどき、ニンジン、インゲン、柴漬けで覆う。手作り感と食べた感じで、柔らかな印象。ハマグリをテーマとする駅弁は、今では珍しいと思う。

ダイダラボウはここでは、天秤棒に富士山と筑波山を吊って来た、巨大な足跡は池となり足を滑らせた跡は巨大な斜面になったなどと紹介されている。海辺で食べた大ハマグリの捨てた貝殻が丘になったものが、大洗駅北西約2ロにある大串貝塚とされ、これが駅弁の中身に取り入れられた。

販売駅
鹿島臨海鉄道 大洗(おおあらい)駅 1985(昭和60)年3月14日開業 茨城県東茨城郡大洗町桜道
調製元
有限会社 こうじや(お弁当の万年屋) 茨城県東茨城郡大洗町磯浜3666−2 029(267)5104 http://www.o-bento.co.jp/

【終売】ダイダラボウのはまぐりめし(800円)2004年1月17日に新宿高島屋茨城物産展で購入
Daidarabo no Hamaguri Meshi

掛紙 外観 外観 外観 中身

上記の駅弁「ダイダラボウのはまぐりめし」の、2004(平成16)年時点での姿で、東京都内のデパートにて購入。私鉄の駅弁は雑誌やテレビに出にくく、知名度がどうしても広まらないが、この頃にはどうも大洗駅で駅弁が買えるようだと、知られ始めていたのではないかと思う。テレビ出演を宣伝するチラシと歌詞カードが添えられていた。中身は変わらないが、2017年時点のものより具が多かったり大きかったように見える。

※2017年4月補訂:新版の収蔵で解説文を手直し
販売駅
鹿島臨海鉄道 大洗(おおあらい)駅 1985(昭和60)年3月14日開業 茨城県東茨城郡大洗町桜道
調製元
有限会社 こうじや(お弁当の万年屋) 茨城県東茨城郡大洗町磯浜3666−2 029(267)5104 http://www.o-bento.co.jp/

日の丸弁当(540円)2015年7月18日に水戸駅改札内コンコースNEWDAYSで購入
Hinomaru Bento

掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2014(平成26)年11月1日に大洗駅で発売。翌12月から水戸駅での販売も始まり、こうやって水戸駅で駅弁を売るコンビニでも買える。写真のとおり、小柄な紙容器にすりきり一杯、白御飯のど真ん中に梅干しを据える、日の丸弁当である。

飯は茨城県の旧七会村地区で穫れる七会(ななかい)の里コシヒカリ、梅干は茨城県かすみがうら市の「加賀地蔵」を同県大洗の梅専門店で加工した「常陸乃梅」。飯の中層には千葉県の業者が茨城県で生産する「つくば鶏」のそぼろが、レンコンとゴボウと共に濃い味付けでたっぷり挟まるため、おかずがなくても大丈夫。駅では主に、水戸駅で販売。

日の丸弁当とは、白飯の中央に梅干を据え、その姿が日本国旗のように見える弁当に対する名称。第二次大戦中の日本で、愛国と倹約を目的にその名が広められたと伝わる。飽食の現代ではマンガのネタでたまに見るくらいで、もし食べるとしても弁当でなく梅干しおにぎりで充分。そんなネタを大真面目に取り組み、発売を茨城県庁での記者会見でアピールした作品は、まだ知名度を得られていないものの、名物あるいは珍しい駅弁として広まらないかと思う。

販売駅
鹿島臨海鉄道 大洗(おおあらい)駅 1985(昭和60)年3月14日開業 茨城県東茨城郡大洗町桜道
調製元
有限会社 こうじや(お弁当の万年屋) 茨城県東茨城郡大洗町磯浜3666−2 029(267)5104 http://www.o-bento.co.jp/

日の丸弁当(760円)2017年4月8日に水戸駅改札内コンコースNEWDAYSで購入
Hinomaru Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年5月までに発売か。商品名は「スペシャル日の丸弁当」で、先に出た上記の日の丸弁当の豪華版。見た目は引き続き、白御飯の中央に梅干しを据える日の丸弁当であるが、四角い容器が丸くなり、梅干しが大きくなり、飯の中層にはつくば鶏そぼろと牛肉しぐれ煮を半分ずつ敷き、横一文字の卵焼きで仕切る。それらの肉がなかなか固いため、食べればこちらのほうがB級グルメ感が強い。駅では主に、水戸駅で販売。

販売駅
鹿島臨海鉄道 大洗(おおあらい)駅 1985(昭和60)年3月14日開業 茨城県東茨城郡大洗町桜道
調製元
有限会社 こうじや(お弁当の万年屋) 茨城県東茨城郡大洗町磯浜3666−2 029(267)5104 http://www.o-bento.co.jp/

三浜(さんぴん)たこめし(880円)2017年4月8日に大洗駅の売店で購入
Sanpin Takomeshi

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2001(平成13)年の春に登場した、大洗駅弁の「茨城の民俗シリーズ」第2弾。タコと餅米を混ぜた炊込飯に、タコ足のスライス並べ、錦糸卵で彩り、菜の花を置き、煮物と甘酢生姜添える。御飯やタコの味は、2004年の時はとても柔らかく、2011年の時はカチカチで、今回2017年は適度な締まり。これらのどれが正しい姿かは分からない。タコの駅弁は、実は全国を探してもあまり存在しない。

「三浜」とは、現在の茨城県中部の太平洋岸に位置する、平磯、湊(那珂湊)、磯(磯浜、現在の大洗)の各港をまとめる呼び名。それぞれかつて、漁港として栄えた。今は大洗がカーフェリーのターミナルとして貨客船とトラックや乗客で賑わい、那珂湊が漁港と市場で観光客を集め、平磯は静かな町となっている。

販売駅
鹿島臨海鉄道 大洗(おおあらい)駅 1985(昭和60)年3月14日開業 茨城県東茨城郡大洗町桜道
調製元
有限会社 こうじや(お弁当の万年屋) 茨城県東茨城郡大洗町磯浜3666−2 029(267)5104 http://www.o-bento.co.jp/

【終売】三浜(さんぴん)たこめし(750円)2011年1月21日に大洗駅改札外駅舎内売店で予約購入
Sanpin Takomeshi (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身

大洗駅の駅弁「三浜たこめし」の、2011(平成23)年時点での姿。掛紙と内容は変わらないが、容器がペラペラの正方形で、駅弁というより惣菜弁当という印象が強かった。

※2017年4月補訂:新版の収蔵で解説文を手直し
販売駅
鹿島臨海鉄道 大洗(おおあらい)駅 1985(昭和60)年3月14日開業 茨城県東茨城郡大洗町桜道
調製元
有限会社 こうじや(お弁当の万年屋) 茨城県東茨城郡大洗町磯浜3666−2 029(267)5104 http://www.o-bento.co.jp/

【掛紙】三浜(さんぴん)たこめし(680円)2004年1月17日に新宿高島屋茨城物産展で購入
Sanpin Takomeshi

掛紙

2004(平成16)年1月17日に購入した、大洗駅弁の掛紙。百貨店の催事での輸送販売で購入。内容は発売当時から2017年時点まで変わらない。当時の品物には、2003(平成15)年放送のTBSテレビドラマ「元カレ」に登場したことが、添付のチラシで強調されていた。そんな風化が早いうたい文句がなくても、この駅弁は生きていけている。

販売駅
鹿島臨海鉄道 大洗(おおあらい)駅 1985(昭和60)年3月14日開業 茨城県東茨城郡大洗町桜道
調製元
有限会社 こうじや(お弁当の万年屋) 茨城県東茨城郡大洗町磯浜3666−2 029(267)5104

印籠弁当(1,080円)2011年1月13日に京王百貨店駅弁大会で購入
Inrou Bento

掛紙 掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

大洗駅では2010(平成22)年中に登場か。テレビドラマ「水戸黄門」でおなじみのアイテムであり、本来は江戸時代まで使われた携帯用の薬入れ「印籠」を模した黒いプラ製の容器を、水戸徳川家の家紋などを印刷したボール紙の枠にはめる。中身は下段で炊込飯の上に錦糸卵、エビ、貝、青梅の甘露煮などを載せ、上段で梅肉入り豚しゃぶ、玉子焼、シイタケ、ニンジン、がんもどきを詰めるもの。

これはもともと水戸駅の駅弁であった。しかしその調製元が倒産し、2010(平成22)年1月13日限りですべての駅弁が消えた。その際にこの「印籠弁当」だけは、何らかの動きにより大洗駅の駅弁屋に引き継がれている。これを解説する紙片が、今回購入の弁当に挟まれていた。

===
 この度は印籠弁当をお買いあげいただきまして誠にありがと
うございます。
 印籠弁当につきましては、創業120年水戸の老舗として有名
な鈴木屋様が販売しておりましたが、昨年1月13日を持って、そ
の長い歴史に幕を閉じる事となりました。
 しかし、鈴木屋様から「水戸の駅弁印籠弁当の伝統を途絶え
させたくないので、引き継いで欲しい」とのお話しを頂き、当社
としても同じ思いから、お引き受けした次第です。
残念ながら、水戸駅での販売はかないませんが、梅祭り期間
中には、偕楽園でも販売いたします。また、ご予約頂ければ大
洗駅にてもお取り置きいたします。
 今後とも、当社お弁当をご愛願頂けますようお願い申し上げ
ます。
                    お弁当の万年屋
===

というころで、名前と容器と紙枠がそのまま大洗へ来た。ただし中身は一新され、価格が100〜200円下がったほか、容器と紙枠の組合せが黒と茶であり水戸駅当時と異なる。現地での販売も実見しているが、イベントと予約注文でしか売らないとする記事もある。価格は購入当時で1,000円、2016年時点で1,080円。

※2017年1月補訂:値上げを追記
販売駅
鹿島臨海鉄道 大洗(おおあらい)駅 1985(昭和60)年3月14日開業 茨城県東茨城郡大洗町桜道
調製元
有限会社 こうじや(お弁当の万年屋) 茨城県東茨城郡大洗町磯浜3666−2 029(267)5104 http://www.o-bento.co.jp/

【終売】漁師徳爺のめんぱ(750円)2006年10月9日訪問
Ryoshi Tokuji no Menpa (end of sales)

外観

2006(平成18)年9月16日に登場した、大洗駅弁約3年ぶりの新作。正八角形の発泡材容器に透明なふたをかけ、割箸を載せてチラシとしおりを添えて、商品名と爺さまを描いたボール紙で留める。「めんぱ」とは船に持って行く弁当という大洗漁師の方言、徳爺とは大洗に実在し駅弁登場前年に海で亡くなった漁師にちなむという。

中身は御飯の上にアオサ海苔を塗ってシラウオを載せ、ハマグリ、ホタテ、鮭、にんじん、さつまいも等も載せる磯丼。すべてが茨城県産や大洗漁港での水揚げだという中身は、潮の香りが漂ってくるとともに、食感も味付けも、全体的な風味も雰囲気も、とても軟らかい感じ。そんなところが大洗の駅弁らしいし、旧国鉄駅の駅弁にない風味と個性を感じられる。

大洗駅には地元や遠方の駅利用者に限らない駅弁需要があるのだろうか、好天の三連休の昼間の訪問とはいえ、新幹線も特急も来ない、線内主要駅ではあるが乗換駅でもない、観光の拠点として使われている雰囲気もない駅で、コンビニ向け冷蔵ケースにあり得ないくらい多量に駅弁が詰められていた。アクアワールド大洗(水族館)でも販売される。2010年前後に終売か。

※2015年8月補訂:終売を追記
販売駅
鹿島臨海鉄道 大洗(おおあらい)駅 1985(昭和60)年3月14日開業 茨城県東茨城郡大洗町桜道
調製元
有限会社 こうじや(お弁当の万年屋) 茨城県東茨城郡大洗町磯浜3666−2 029(267)5104 http://www.o-bento.co.jp/

【終売】磯節(1,000円)2004年1月17日に新宿高島屋茨城物産展で購入
Isobushi (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身

2002(平成14)年の春に登場した、茨城の民俗シリーズ第3弾。すだれの容器に割箸とチラシを置き海の写真を載せた掛紙をかけて輪ゴムでしばる。コピーながらお品書き付き。中身は岩海苔の炊込御飯にサザエの壺焼、釜揚げシラス、穴子煮にタコ煮に有頭海老そして松葉のアクセントという具合で、見た目も味も香りも磯いっぱいで柔らかい、日本三大民謡「磯節」をイメージしたという。海老の身がむいてあったり、サザエの身に楊枝が的確に刺さっていたり、そんな心遣いまで感じられる。2011(平成23)年頃に終売か。

鹿島臨海鉄道はその名のとおり、1970年に鹿島工業地帯の臨海貨物鉄道で開業、しかし1978年の成田空港ジェット燃料輸送開始の見返りとして、ささやなかながら旅客営業を開始し、1983年に終了。そのうち北鹿島・水戸間で建設されていた国鉄ローカル線の運営者になることとなり、1985年に鹿島神宮・水戸間「大洗鹿島線」で再び旅客営業を開始したもの。同線は1980年の国鉄ローカル線一斉建設中止の際に、開業後の利用者が見込めることで建設続行とされたわずか2路線のうちひとつであるが、結局は廃止対象線や他の建設中止線と同じく、第3セクター鉄道会社での開業となった。

販売駅
鹿島臨海鉄道 大洗(おおあらい)駅 1985(昭和60)年3月14日開業 茨城県東茨城郡大洗町桜道
調製元
有限会社 こうじや(お弁当の万年屋) 茨城県東茨城郡大洗町磯浜3666−2 029(267)5104 http://www.o-bento.co.jp/