banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

【終売】日光御成道鳩ヶ谷宿夏の陣弁当(900円)2015年7月5日に鳩ヶ谷駅特設売店で購入
Nikko Onarimichi Hatogaya Shuku Natsunojin Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 外観 中身 中身 中身

2015(平成27)年7月4・5日の埼玉県川口市でのイベント「日光御成道鳩ヶ谷宿夏の陣」の開催に合わせて、両日に鳩ヶ谷駅で販売された、埼玉高速鉄道史上初の駅弁。調製元はNREで、同社製の駅弁ポスターが駅構内にいくつも貼られていた。

日光街道の脇街道として中山道の本郷と日光街道の幸手を結んだ日光御成道(にっこうおなりみち)のルートマップに鳩ヶ谷の名所写真をちりばめた掛紙を使用。木目調の発泡材容器の中身は、日の丸御飯にポテトコロッケ、チキンカツ、鶏唐揚、とんかつ、海老フライ、ホタテ入り魚肉揚と揚げ物だらけのおかずを入れ、キャベツとコーンのサラダ、りんごシロップ漬、柴漬けを添える。こんな内容なので当然に胃には重たい。容器内のとんかつソースと手渡しの中濃ソースで2種類のソースを添付し、これがおそらくブルドックソース鳩ヶ谷工場の製品であり、それで鳩ヶ谷を表現したのだと見える。

埼玉高速鉄道は、東京都北区の赤羽岩淵駅と埼玉県さいたま市の浦和美園駅との間、14.6kmを結ぶ鉄道路線と、その運営会社。ほぼ全線がトンネルで、国の定義では地下鉄とされる。当時の帝都高速度交通営団(営団地下鉄)、現在の東京メトロ南北線の延伸であり、実際に相互直通運転を実施するが、東京都外の路線となるため、営団ではなく埼玉県の第3セクター会社が整備した。2587億円の建設費の過半を占める借金を返済するために運賃が高くなり、沿線住民のJR京浜東北線からの利用の転移が見込みどおりには進まず、乗客が予測の一日あたり14万人に対して2001(平成13)年度の開業初年度で4.7万人に留まってしまい、幾度の支援も実らず2014(平成26)年度には事業再生ADRという形で実質的に破綻した。訪問時の鳩ヶ谷でも、電車より多い本数の国際興業バスが、せっせとJR川口駅へ乗客を運んでいた。

電車は変わらず動いており、乗客は沿線の開発で年々増加して同年度には一日あたり9.5万人まで増えているため、今後は有利子負債の減少と減資による累積欠損の解消で再建に努める。また、同じ時期に同じようなやり方で開業した千葉県の北総鉄道や東葉高速鉄道も、同じように借金と高い運賃に苦しんだため、国土交通省は地下鉄補助制度の対象拡大や都市鉄道利便増進事業の創設で、同じ轍を踏まないようにしている。

販売駅
埼玉高速鉄道 鳩ヶ谷(はとがや)駅 2001(平成13)年3月28日開業 埼玉県川口市大字里
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 連絡先の記載なし http://www.nre.co.jp/

【掛紙】御壽司(20銭)1922頃調製
Osushi

掛紙

1922(大正11)年頃の調製と思われる、昔の熊谷駅弁の掛紙。同年に上野公園で開催された平和記念東京博覧会で英国の皇太子殿下が来日されたことを記念して、全国各地の駅弁屋が同じデザインの記念掛紙を使用したもの。周囲に日本と英国の国旗を配し、右に駅弁名、左下に調製元、下部に日英の歓迎文、上部の2枠は広告枠。

全国最古の駅弁販売駅という説もあり、国鉄時代まで2社の駅弁屋が競っていた熊谷駅だが、両社の撤退により現在は駅弁のない駅となっている。週末には群馬県から横川駅弁「峠の釜めし」の輸送販売があるそうな。

販売駅
高崎線 熊谷(くまがや)駅 1883(明治16)年7月28日開業  埼玉県熊谷市筑波二丁目
調製元
秋山亭 所在地の記載なし 連絡先の記載なし

JR東日本 本庄早稲田(ほんじょうわせだ)駅2011年6月12日訪問Googleマップ
JR-East Honjo-waseda Station

駅名標 駅舎 駅構内

東京駅から新幹線で50分。埼玉県本庄市は人口約8万人の宿場町。その町外れを通過していた上越新幹線に、埼玉県と本庄市の負担金と早稲田大学や周辺の企業などの寄付金により、115億円かけて追加した駅が本庄早稲田駅である。駅弁は町おこしの目的で2009年8月1日に登場したが、現在の発売状況は不詳。2004(平成16)年3月13日開業、埼玉県本庄市北堀字山ノ根。

【終売】古代豚弁当(900円)2009年10月16日に上野駅「駅弁屋旨囲門」で購入
Kodaibuta Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

2009(平成21)年8月1日に登場した本庄早稲田駅初の駅弁。ただし東京駅や上野駅のNRE駅弁売店でも普通に買える。黒い長方形の発泡材容器に透明なふたをして、新幹線の先頭形状にも見える豚の顔や二階建新幹線などを描いた掛紙を巻く。中身は埼玉県産「彩のかがやき」の白御飯の上をタレがたっぷりかかった「古代豚」の旨煮で覆い、柴漬けとブルーベリー水まんじゅうで覆うもの。タレに難儀するものの、常温でも見栄えがしておいしい豚丼弁当。

本庄早稲田駅は上越新幹線の熊谷〜高崎間に追加された新幹線単独駅。駅の建設費123億円(異説あり)はすべて地元負担で、埼玉県が41億円、本庄市が41億円、美里・児玉・神川・神泉・上里・岡部の各町村が合計20.5億円、その他の近隣市町村と民間寄付で20.5億円を分担した。民間寄付のうち7億円を早稲田大学が拠出しており、そのためかどうか駅名に「早稲田」の文字が入り、開業時に全国初の大学名入り新幹線駅と紹介された。これとは別に141.5億円をかけて2006年から駅周辺で土地区画整理事業を実施中である。

販売駅
上越新幹線 本庄早稲田(ほんじょうわせだ)駅 2004(平成16)年3月13日開業 埼玉県本庄市北堀字山ノ根
調製元
株式会社 NRE大増 第2工場 東京都北区昭和町3−1−10 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/

【終売】古代豚弁当(900円)2010年7月16日に東京駅の駅弁売店「駅弁屋旨囲門」で購入
Kodaibuta Bento (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身 中身 中身

上記駅弁の第2弾で、2010(平成22)年5月までに切り替わったか。従前は御飯を覆い尽くしていた豚旨煮が2切れだけに減り、代わりにひじき混じりの豚そぼろ煮と炒り卵で御飯を覆う。味や価格や容器や掛紙に、ほぼ変わりはない。2011年かその前に終売の模様。

※2016年9月補訂:終売を追記
販売駅
上越新幹線 本庄早稲田(ほんじょうわせだ)駅 2004(平成16)年3月13日開業 埼玉県本庄市北堀字山ノ根
調製元
株式会社 NRE大増 第2工場 東京都北区昭和町3−1−10 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/