banner 旅の友「駅弁」。館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車
ロビー(TOP)】  【ご利用案内】  【館長(管理人)】  【駅弁リンク集】  【お問い合わせ

ロビー(TOP)

駅弁展示室

北海道の駅弁
東北の駅弁
関東の駅弁
東京の駅弁
神奈川の駅弁
北陸の駅弁
中部の駅弁
関西の駅弁
山陽山陰の駅弁
四国の駅弁
九州の駅弁
海外の駅弁

談話室(掲示板)

情報展示室

駅弁入門
駅弁Q&A
駅弁ニュース
駅弁立売情報
駅弁関連書籍
館長の駅弁三傑
駅弁資料集


姉妹サイト

時刻表博士
まっこうくじらの
ウェブサイト


関連サイト

ウェブサイト「空弁資料館」
ウェブサイト
「空弁資料館」


東京の駅弁東京都 > 新宿駅 > 記念の駅弁 (4種類収蔵)

←前は[新宿駅鳥めしの駅弁] | 次は[新宿駅その他念の駅弁]→

JR東日本 新宿(しんじゅく)駅 2010年7月24日訪問  Googleマップ

駅名標 駅舎 駅構内

 JR、小田急、京王、東京メトロ、都営地下鉄の各社が乗り入れる、利用者が世界一多い駅。駅弁は明治時代からの駅弁屋が1991年にJRの子会社となって以来、東京や上野と同じ駅弁が売られるが、昭和の名物駅弁「鳥めし」が2001年に復刻され、特急ホーム上売店で販売されている。1885(明治18)年3月1日開業、東京都新宿区新宿3丁目。

【終売】湘南新宿ライン運転開始10周年新宿弁當(1,000円) 2012年12月4日に東京駅「東北新幹線全線開業1周年記念駅弁大会」で購入

掛紙 外観 外観 中身
中身 中身 中身

 名前のとおり湘南新宿ライン運転開始10周年を記念して、2011年12月1日よりおそらく月末まで販売された記念駅弁。容器や中身や価格は通常版の「新宿弁當」と同じで、掛紙に湘南新宿ラインを走った4種類の電車の写真やその帯色を印刷し、添付のおしながきにその停車駅を載せた。

 湘南新宿ラインとは、東北本線や高崎線と東海道本線や横須賀線との間を、新宿駅経由で結ぶ電車の運転系統に付けられた、JR東日本の旅客案内上の路線愛称。1929(昭和4)年までに貨物列車のために構成されていた、赤羽と池袋を結ぶ短絡線、山手線の貨物線、大崎と西大井を結ぶ短絡線を使い、2001年12月1日のJR東日本ダイヤ改正で一日25往復だけ登場した。

 従前の東北本線や高崎線は上野駅に発着し、東海道本線や横須賀線は東京駅に発着し、山手線や京浜東北線で二度の乗り換えが必要であったものを、1本の列車で結んだ。また、渋谷、新宿、池袋という世界有数のメガターミナルとこれらの路線を直接結んだり、この区間での山手線と埼京線の混雑緩和という側面もある。

 これに慌てたのが、半世紀以上に渡り独占利益を享受してきた東急電鉄と小田急電鉄。東急では東横線に停車駅の少ない特急列車を新設し優等列車の本数を倍増させ、小田急では江ノ島線に停車駅の少ない「湘南急行」を新設し優等列車の輸送力を倍増させた。その結果、これらの路線では従前は朝から晩まで満員電車にしか乗れなかったものが、日中やラッシュ逆方向であれば座席に座れるようになるなど、混雑が緩和され所要時間も短くなり利便性が向上した。都市鉄道では今ではなかなか見られない、ライバルの有無によるサービスの変化を示す実験結果を、分かりやすく提供してくれたと思う。

【中央本線新宿(しんじゅく)駅】1885(明治18)年3月1日開業 東京都新宿区新宿3丁目
【株式会社NRE大増】東京都荒川区西尾久7−48−1 TEL:03(3810)7551
 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/
【終売】201系中央線卒業記念弁当(1,000円) 2010年8月15日に新宿駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観
中身 中身 中身

 JR中央線の201系通勤電車の引退にちなみ、2010年5月1日から8月31日まで毎月3,000個が販売された記念駅弁。どこで探してきたのか電車と同じ色に塗られた発泡材容器を使用、電車の写真や路線図風に駅名を列記した月替わりの掛紙を巻く。中身は玉子そぼろ御飯、こんにゃくやニンジンなどの煮物、ホタテ煮、マイタケ天、マス味噌焼、カマボコ、玉子焼、野沢菜漬など。お品書きでは中身と電車や中央線沿線をこじつけているが、見た目で電車のあかときいろで固められた色彩重視の記念駅弁。味も悪くなし。

 201系は1979(昭和54)年に東京の中央快速線で登場した鋼製の通勤電車。二度のオイルショックに見舞われた時代背景の中で、国鉄としては初めての技術を導入した省エネ電車としてデビューし、後に総武・中央緩行線と関西の東海道・山陽本線各駅停車に向けても製造された。しかし製造価格の高さが当時の赤字国鉄には重く、1,018両を製造した後は安価な205系電車に先を譲っている。

 中央快速線では実に30年以上もこの電車が主役であったが、老朽化のため2006年末から4年間ですべての車両をステンレス製のE233系通勤電車へと置き換えた。駅弁では卒業と書いたが、実際は一部が一時的に京葉線で使われたほかはスクラップとなっている。また、関西の201系はまだまだ現役で、活躍の場を関西本線や大阪環状線へと広げている。

【中央本線新宿(しんじゅく)駅】1885(明治18)年3月1日開業 東京都新宿区新宿3丁目
【株式会社NRE大増】東京都荒川区西尾久7−48−1 TEL:03(3810)7551
 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/
【終売】日光・鬼怒川直通運転開始記念弁当(1,000円) 2006年3月19日に新宿駅コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観
外観 中身 中身

 2006年3月18日の新宿〜東武日光・鬼怒川温泉間直通特急の運転開始を記念して、その当日と翌日だけ新宿駅や列車内などで販売された記念弁当。写真は3月19日版で、3月18日版は掛紙の色調が茶色で、御飯が紅白の俵飯だった模様。

 黒いトレーを入れた木目調の長方形発泡材容器に同色のふたをかけ、特急の運行ルートと電車イラストを描いた掛紙で包み、セロテープでしばる。中身はクルミが載る茶飯と鶏親子そぼろが載る白飯、煮豆や煮物、鶏唐揚に焼サバに玉子焼、里芋などの煮物と、「祝」文字入りようかん。記念駅弁としての価格や中身は悪くない。

 首都圏からの日光輸送は、昭和30年代に国鉄と東武鉄道が激戦を繰り広げた末に国鉄が敗北したのだが、平成に入ると日光・鬼怒川地区の魅力の低下や東武鉄道の都心アクセスの悪さで、東武特急の利用者の減少が止まらなくなった。

 そこでJRと東武の線路が横に並ぶ栗橋駅に注目し、ここに連絡線を整備して直通運転を実施して、都心側で便利なJR駅に乗り入れ、日光側では宇都宮での乗り換えや折り返しを避けて、鉄道と観光地の振興を図ろうとしたもの。運転開始後約3か月を経て、大人気とも大不振とも聞かないので、目論見通りの利用が付いているのだろう。

【中央本線新宿(しんじゅく)駅】1885(明治18)年3月1日開業 東京都新宿区新宿3丁目
【株式会社NRE大増】東京都荒川区西尾久7−48−1 TEL:03(3810)7551
 http://www.nre.co.jp/
【終売】新宿驛125周年記念弁当(1,250円) 2010年3月11日に新宿駅南口改札内コンコース駅弁売店で購入

掛紙 外観 外観 外観
中身 中身 中身

 駅弁名のとおり新宿駅の開業125周年を記念して、2010年3月6日から12日まで一日125個限定で発売された記念駅弁。価格も125周年にこだわった。大きな長方形の黒塗りな発泡材容器を、中央本線の特急列車で使われるE351系電車とE257系電車の顔と、1905(明治38)年頃の新宿駅舎の写真を印刷した掛紙で巻く。

 新宿駅から発車している電車の停車駅にちなんだ食材を盛り込んだという中身は、白御飯を鶏そぼろと玉子そぼろと鶏照焼で覆い、鮭塩焼、有頭海老、サトイモやニンジンなどの煮物、きのこのピーナッツ和え、山うどの醤油漬、野沢菜漬、マイタケ天、チョコレートマフィン、りんごのシロップ漬など。

 お品書きに記される地名は新宿、立川、千葉、小田原、長野、世田谷。そう言われると新宿駅には中央本線以外の路線も乗り入れているが、駅弁が食べられそうな電車はJR中央本線の特急列車と小田急のロマンスカーに限られそう。駅弁ファンとしては御飯が鶏飯であることに新宿を感じるが、鳥めしはどれくらい、新宿や中央線で親しまれているのだろうか、

【中央本線新宿(しんじゅく)駅】1885(明治18)年3月1日開業 東京都新宿区新宿3丁目
【株式会社NRE大増】東京都荒川区西尾久7−48−1 TEL:03(3810)7551
 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/

←前は[新宿駅鳥めしの駅弁] | 次は[新宿駅その他念の駅弁]→

2001年6月17日開設 2012年6月16日更新
URL : http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/
Copyright (C) 2001-2015 まっこうくじら All Rights Reserved.