banner  旅の友「駅弁」。
 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。
汽車客車客車客車客車客車客車客車客車客車客車

【終売】復刻立川駅多摩辨(850円)2002年4月30日に立川駅ホーム上駅弁売店で購入
Fukkoku Tachikawaeki Tamaben (end of sales)

掛紙 外観 外観 中身

立川駅開設百年と立川市制五十周年を記念して1988(昭和63)年に登場し、1999(平成11)年9月まで立川駅で販売されていた「多摩辨」が、ファンの要望により2002(平成14)年3月1日に「復刻立川駅多摩辨」として蘇ったもの。製造はNREだが、販売はかつての駅弁業者である中村亭が行う。

発泡材の八角形容器に、明治36年頃の立川駅前の茶屋を描いた同じ形のボール紙製のふたをして、紫色の輪ゴムで止める。中身は白御飯と赤飯の紅白おにぎり、玉子焼・蒲鉾・焼魚の幕の内駅弁「三種の神器」に、コンニャクや里芋などの煮物が入る。

東京駅では850円でうまくない幕の内弁当を売るNREが、ここでは850円でこんなにおいしい駅弁を作れるのが不思議。NRE製弁当を扱う駅構内各所の駅弁売店で購入できるが、中央線下りホーム上の売店が入手しやすい。

なお、2011年2月現在で、立川駅での弁当販売は終了している模様。この駅弁もすでに販売が終了したものと思われる。

※2011年2月補訂:終売可能性を追記
販売駅
中央本線 立川(たちかわ)駅 1889(明治22)年4月11日開業 東京都立川市曙町2丁目
調製元
株式会社 日本レストランエンタプライズ 東京都港区高輪2−19−13 03(5798)8075 http://www.nre.co.jp/
NRE中村亭 所在地の記載なし 0425(24)2010

【終売】多摩の玉手箱(1,000円)2005年3月27日に新宿駅コンコース駅弁売店で購入
Tama no Tamatebako

掛紙 外観 外観 外観 中身

さわやか新撰組弁当」に続くJR東日本八王子支社駅弁の第二弾として、2005(平成17)年2月25日に登場。ダークな木目調の蓋付き発泡材容器を二段重ねにして、掛紙を巻いてゴムひもでしばる。中身は下段が梅付き白御飯、上段が焼鮭や玉子焼や菜の花に煮物や山菜の各種にゆずわらびもちなど、多摩地方にちなんだりこじつけた食材が入る。和のテイストがあるうえに容器に漆塗り重箱の質感がよく出ていて、千円分の風味が十分に味わえる。

多摩地方には立川駅と八王子・高尾駅に昔からの駅弁業者がいたが、前者はNREに吸収され後者は撤退した。そのため消えたオリジナル駅弁を、JRが音頭を取って開発するようになったもの。業者の力不足か土地柄か、千葉や横浜に存在する郊外都市の駅弁は、埼玉や多摩の方面には存在しない。

なお、2011年2月現在で、立川駅での弁当販売は終了している模様。この駅弁もすでに販売が終了したものと思われる。

※2011年2月補訂:終売を追記
販売駅
中央本線 立川(たちかわ)駅 1889(明治22)年4月11日開業 東京都立川市曙町2丁目
調製元
株式会社 NRE大増 東京都荒川区西尾久7−48−1 03(3810)7551 http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/